KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示


  桜井日奈子エロ小説

01: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/27(土) 11:03 [PC]


女優(岡山の奇跡)の桜井日奈子のエロ小説。

02: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/27(土) 15:10 [PC]

黒のデジタル腕時計を見ると、十二と表示されていた。

壮大な仕事のため空腹感すら忘れていたがもうランチタイムだ。

俺の仕事は銀行の清掃。今年で二十六歳になる清掃員だ。

しかし訳あって俺は、黒猫の宅配員に扮している。

扮装しているが決して制服を強奪したわけではない。

本物の黒猫の宅配員を襲い、身ぐるみを剥いだだけだ。

そして俺が居るのは銀行ではなく或る女優の自宅。

インターホンのボタンを押すと、ピンポーンとチャイム音が鳴り響く。

「こんにちは。宅配便です。桜井日奈子様宛てにお届け物です」

そう。俺は岡山の奇跡、女優の桜井日奈子の自宅にやって来たのだ。

03: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/27(土) 16:22 [PC]
>>2

「……こんにちは。ありがとうございます」

ドアが開き、寝惚け眼を擦りながら、桜井が現れた。

寝癖がついている。恐らく起床したばかりなのだろう。

それに、ジェラートピケの、パジャマを着用している。

寝起きで間違いないだろう。

「……桜井様? 大丈夫ですか? お荷物お運びしましょうか?」

「ふあァ……。えっ? は、はい! 大丈夫ですよぉ」

「……失礼します。お部屋に上がらせて頂きますね」

俺はダンボールを抱え、寝惚けたままの桜井に会釈し、

部屋へと入って行った。難関だと思ったが容易に突破出来た。

04: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/27(土) 21:07 [PC]

>>3

桜井の部屋に入ると、横長のソファが鎮座していた。

クリーム色の見た目通りリラックス出来そうだ。

テーブルには、食べかけのとろろ納豆がある。

「あ、お食事の最中でしたか。申し訳ございません」

「もう食べ終わるので気にしないで下さい」

俺に気を遣ったのか桜井は残りのとろろ納豆を食べた。

「せっかくのランチタイムをすみませんでした」

「ふぅー。ごちそうさま。いえいえ謝らないで下さい」

笑顔の桜井をよく見てみると、なんとノーメイク、

スッピンだ。田舎娘だけあって素朴な印象だ。

05: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/28(日) 06:55 [PC]
>>4

テーブルには、他に、桜井のスマホも置いてある。

覗いてみると桜井自身のInstagramの画面だった。

「インスタライブを配信しようかと思いまして……」

「も、申し訳ございません! 勝手に見てしまい……」

俺は、ダンボールをソファの隣に置くと、

桜井に深々と頭を下げ謝罪した。

「ウフフ。さっきから謝ってばかりですね」

「た、確かに! そうですね……。ごめんなさ」

「アハハ♪ また謝った! 謝るの禁止ですよ?」

俺は頭を掻きながら頬を赤らめ照れ笑いした。

06: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/28(日) 07:37 [PC]
>>5

「桜井様。ではここにサインをして頂けませんか?」

俺は桜井にボールペンを渡し、受取書に、サインを要求した。

「はーい。ありがとうございまーす! サインサイン♪」

桜井は色紙とマジックを持ってくるとご機嫌にサインを書いた。

「さ、桜井様……。恐縮ですが色紙ではなく受取書に」

「荷物を運んでくれたお礼ですよ♪ はい、どうぞ!」

桜井は笑顔で、サイン色紙を俺に渡すと、

受取書にサインしながら深々と頭を下げた。

「うぅ……。ありがとうございます!? 桜井様!

お礼に立派な廃人にしてやりますからね?」

07: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/28(日) 16:56 [PC]

>>6

「ハイジン? 私は俳句が苦手です。立派な俳人になれ」

「ますよ? 人間さえ卒業すれば誰だって廃人に」

苦笑しながら桜井が、受取書を俺に渡すと、

笑顔で破り紙吹雪にし投げてやった。

「……えっ! せっかく書いたのにいいんですか?」

「えぇ、もちろん! だってこのダンボールの物は……」

桜井宛ての荷物を、俺は遠慮することなく開けた。

荒縄、アイマスク、耳栓、ボールギャグ等。

中から数多のアダルトグッズがようやく登場したのだ。

「俺が桜井様を廃人にするために送り付けたんですから」

08: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/28(日) 20:47 [PC]
>>7

田舎育ちの桜井も、流石にアダルトグッズに恐れをなしたのか、

テーブルのスマホを手にしゆっくりと後退りを始める。

「宅配員……さん? あなたは一体何者なんですか!」

「俺は銀行の清掃員。黒猫の宅配員なんかじゃありませんよ」

桜井が逃亡を図ろうとすれば、俺はドアの鍵を掛け、

密室にしわざと正体を明かしてやった。

「……!? せ、清掃員さん? 嘘で」

本物の黒猫の宅配員です、と俺は自分のスマホを見せた。

画面には緊縛された全裸の女が写っている。

「チビな俺じゃ男用の制服は着れませんからね」

09: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/29(月) 15:30 [PC]
>>9

「……!? け、警察に通報しなきゃ!」

俺のスマホ画面を見た瞬間、桜井はスマホで、

急いで警察に通報しようとしたのだ。

「お、っと。楽しみはこれからだ。邪魔しないで下さい」

透かさず俺は強引に、桜井のスマホを、奪い取った。

「ちょ、ちょっと! 何するんですか? 返して下さい!」

桜井は俺からスマホを取り返そうと迫ってくる。

「桜井様が俺の命令に従えば危害も加えないし返しますよ」

俺は桜井を従わせようと、奪ったスマホを、床に叩き付けようとした。

「やめて下さい!? ……分かりました。話し合いましょう」

10: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/29(月) 16:44 [PC]

>>9

「桜井様。早速ですが全裸になって頂けませんか?」

次の瞬間、俺はビンタされた、桜井に。思い切り。

俺はその衝撃で奪ったスマホを落としてしまった。

「ふざけないで下さい!? 気持ち悪いですよ!」

桜井はスマホを取り返し、再び警察に通報しようとする。

「……チッ。あ''ぁ''ー。もうやめだ。演技すんのめんどくせ」

俺は桜井から再びスマホを強奪すると床に叩き付けてやった。

「ひ、酷い……。ちょっと何するの!? ちゃんと弁償してよ!」

「桜井日奈子。てめェを廃人にする! 猫を被んのは終わりだ」

気付けば俺は、宅配員から清掃員の俺に、戻っていた。

11: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/30(火) 14:27 [PC]
>>10

ドアに鍵を掛け、スマホを破壊し、

完全に逃げ場と助けを呼ぶ手段を断ってやった。

「さっさと全裸になれ。俺が命令してるうちにな」

「ホントにキモイ……。いい加減にしてよ!?」

日奈子は最悪な状況でも、俺に反抗し、再びビンタしてきた。

「2度も喰らうかよ? いい加減にすんのはてめェだ」

俺は日奈子の攻撃を片手で受け止め両手首に手錠を掛けた。

「て、手錠!? 外してよ! 私は犯罪者じゃない!」

「全裸になって俺に一生忠誠を誓い土下座したらな」

死んでもヤダ、と桜井は吐き捨て、俺は不敵な笑みを浮かべる。

12: 名前:欲望の影投稿日:2020/06/30(火) 19:00 [PC]

…下手で駄作だな。

「官能小説」とは何たるかを学んでくるしかない。
この物語はここで終わりだ。修行してくる。

13: 名前:名無しさん投稿日:2020/06/30(火) 23:33 [PC]
そっすね

14: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/06(月) 15:14 [PC]

灼熱の太陽が雨雲を吹っ飛ばし、晴れ渡った空が、青に覆われる。

熱風が吹き火照った身体と汗ばむ肌が夏の訪れを告げた。

しかし真夏なのに、蝉のやかましい鳴き声は聞こえず、梅雨は終わらず。

昼間は暑く夜間は涼しく熱帯夜に悩まされることはしばらくはないだろう。

「ふあぁァ……。もうお昼かぁー。寝過ぎたな」

寝惚け眼を擦りながら欠伸をするのは、''岡山の奇跡''こと、女優の桜井日奈子。

寝癖を弄るのは起床したばかりでセット出来ずにいるからなのだ。

鎮座された横長のソファに腰を下ろし、とろろ納豆を、テーブルへ置く。

ソファはクリーム色の見た目通り落ち着いてリラックス出来そうだ。

日奈子が着用しているのは、クリーム色の、ジェラートピケのパジャマ。

ノーメイク。スッピンの日奈子はのんびりとほのぼのした可憐で純粋な田舎娘みたいだ。

「朝、ごはん? 昼ごはんか……。まっいっか! いただきまーす」

スマホのデジタル時計は十二と表示され、気付けば、もうランチタイム。

とろろ納豆を口に運ぼうとすれば、チャイム音が、突然部屋中に鳴り響く。

15: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/06(月) 20:22 [PC]
>>14

「……もぉー! お腹減ってるのにぃー! はーい。どちら様です」

「黙れ。喉を掻っ切られたくなけりゃな」

愛想笑いを浮かべ、ドアを開けると、不意に包丁の凶刃が日奈子の喉を狙う。

訪問者は若い男。不良。チャラ男。極悪人。第一印象は最低だ。

きっと、殺人以外の悪事は、全て働いてきたのだろう。

何故か台車があり謎の機械と黒のボストンバッグが置いてある。

「鍵掛けとけ。バラしてバッグにぶちこむぞ」

突然、見知らぬ男に包丁で脅迫される、悲劇のヒロイン。

ドラマやマンガでしか経験することが出来ない非現実。

しかし、当然ながら実際に現実で起こると、恐怖に支配され萎縮してしまう。

日奈子も喉に包丁を向けられれば恐怖からか身体を震わせ嫌々ながらも従いドアに鍵を掛ける。

男は我が物顔で台車を引きながら、勝手に部屋へと侵入していく。

この時の日奈子はまだ知る由もなかった。男によって芸能界から引退させられることを。

いや、引退ではなく卒業だ、桜井日奈子を女を人間を。

16: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/08(水) 12:51 [PC]
>>15

男が部屋に足を踏み入れれば、透かさず、スマホで警察に通報しようとする日奈子。

命令に従ったのは確実に逮捕してもらうため。計算されていたのだ。

「君は私を包丁で脅した。脅迫は犯罪だよ? ちゃんと罪を償っ」

「うぜェ。萎えんだろ」

突然、日奈子の腹に痛みが走り、思わずスマホを離し床に落としてしまう。

男が拳で殴ったのだ。落下したスマホを踏み潰し容赦なく破壊する。

「ぐはぁ''!? ひ、酷い……。なんで壊すの? 弁償してよ!」

「余計なことすっからだ。これで邪魔はされねェ」

悪逆非道な男の横暴に、嫌悪感を抱き、日奈子は睨む。

「へェ。クソ田舎女も睨むんだな」

「君、女を殴るなんて男として最低だよ……。スマホも壊してさ。

ホント最悪。私はクズ人間には屈しない! 絶対に許さないから!?」

''桜井日奈子''の本名は''二宮佳奈子''。そしてあだ名はキン肉マン。

兄と弟の兄弟に挟まれた日奈子は、気が強く我も強くて、負けず嫌い。

力強く握り締めた拳。日奈子は固く誓ったのだ。必ず男に屈さず逮捕することを。

17: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/09(木) 01:44 [PC]
>>16

吸盤の淵はシリコンゴムが採用された、硬化プラスチック製吸引ポンプ。

ピストン型のハンドル付きで安定した吸引力を発揮するニップレッシャー。

バッグから、ニップルポンプと結束バンドを、取り出す男。

「……!? 何それ? 何する気! 近寄らないで!?」

「フン。すぐに分かる」

女の本能で身の危険を感じ後退りする日奈子に男は迫る。

男は日奈子の両手首を結束バンドで拘束し、強引に、パジャマのファスナーを開く。

「やめて!? これ以上やったらマジでぶっ飛ば」

無視しそのままパジャマを引っ剥がすと露になるソフトなBカップ乳房。

乳房が露になれば日奈子からよりアロマが漂い充満し部屋中を淫乱な空気が覆う。

「キ、キッモ!? 最低最悪……。バッカじゃないの? アンタ!」

「黙れ人間搾乳機」

家で完全にプライベートのため、リラックスしすぎて、ノーブラだった日奈子。

男は構うことなく吸引口を両乳首に装着しニップルポンプをセット。

それでも男勝りな日奈子は、赤面しながらも、強気な態度を崩さず抵抗する。

18: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/09(木) 12:19 [PC]
>>17

「アンタのチンコなんか蹴り潰してやるんだから! 絶対に許さないからね!?」

「はん! やれるモンならやってみろ。ペチャパイ」

上半身裸で拘束されている日奈子が、男の股間めがけ、強烈な蹴りを喰らわそうとした瞬間。

男はハンドルを握り日奈子の乳首が吸引され搾乳が開始される。

「あ……ん。フフッ。くすぐったいよぉー。コチョコチョしたいだけなの?」

「フン。粋ってられんのも最初だけだ。遊んでやんよ」

吸引口は、手柔らかにゆっくりと確実に、乳首を吸って刺激していく。

ストローで飲み物を吸うかのような吸引に思わず鼻で笑う日奈子。

「……つまんな。もう飽きてきちゃったなぁー。ねぇー? もう満足し」

「お遊戯は終わりだ。田舎牛女。お仕事の始まりだ」

19: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/09(木) 16:52 [PC]
>>18

力を込めてハンドルを握ると、吸引ポンプは、乳首を吸い上げ責めていく。

「あ、ふぅー。これが搾乳なの? まだまだ余裕! あふっ」

「チッ。まな板が。しょんねェな」

貧乳のためか?それとも鈍感なだけか?余裕な態度を崩さない日奈子。

男が更に力を加えれば、吸引ポンプが、タコの吸盤が如く乳首に吸着し締める。

「いっ''……痛ぁ! ちょ、ちょっと! 痛いよ。優しくし」

「ねェよ。てめェに休憩時間はねェ。死ぬほど働けや」

間髪入れずにハンドルを握り続けるとついに乳汁が少量出た。

「はぁ、はぁ……はぁ。や、やばい! ミルク出……あうぅ」

日奈子の意志とは関係なく、身体が、小刻みに跳ねてしまう。

気付けば乳首は勃起しており無意識に興奮していたのだ。

「お、牛乳。 よし。搾り尽くしてやる」

「はぁはぁ……しぃ、搾り尽くすぅ''ー? ちょっと待って! 死んじゃ」

20: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/10(金) 19:22 [PC]
>>19

最大限の力を振り絞り、ハンドルを握り締めると、乳腺さえも刺激して。

''吸引力の変わらない、ただひとつの''ニップルポンプは乳首を強力に搾乳していく。

「ちぃ''……乳首取れぢゃう''!? ミ''、ミルク出る''! 出る''出る''出る''ーっ''!!」

乳首が取れてしまうほど吸引され、乳汁が絶えず噴出されると、ポンプからも溢れ出て痴態を晒す。

自身の卑猥な姿に内心官能を催し秘部が限界を超え最高潮に達する日奈子。

「フッ。搾乳が気持ちよくて興奮してんのか? してねェよな」

「あ''、当たり前でしょ? バカ! 気持ちよくないし興奮もしてな''イ''イ''ィィー!?」

男の挑発に必死で反論するも、乳汁の過剰な噴出により、ニップルポンプが不意に外れた。

「フン。興奮してんじゃねェか。まだ搾乳は終わってねェぞ」

「しでな……あふゥン!? ダメッ! やめてぇ! 敏感になってアウっ!」

貧しい乳房を男に両手で鷲掴みされただけで日奈子は乳汁を噴出してしまう。

「つまんね。もう飽きてきたぜ」

日奈子の乳首を抓ったり、摘んだり、引っ張ったりし弄ぶ男。

「う
<省略されました> [全文を見る]

21: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/11(土) 00:17 [PC]
>>20

(う、嘘でしょ? 気持ちいい……! 興奮するゥ!? もうイ)

快楽は心体を蝕み汚染し、確実に、日奈子をムラムラさせ昂らせていく。

枯渇しそうな乳腺も決壊しそうな秘部も絶頂の波に飲み込まれようとしていた。

「仕事は終わりだ」

''人間搾乳機''と叫べば、男は乳房を両手で鷲掴みし、きつく締め上げながらひと揉み。

「も……ぉ''、や''らぁ!? ダメッ! ら''めぇー! ミルク搾乳ざれ''ずぎで死に''ゅ''ぅ''ゥ''!!」

散々と搾乳され尽くした乳腺から惨めに最後の一滴が噴出。日奈子の体力も底を尽き。

「フッ。粗悪品が」

ショートパンツ越しに、男は鼻で笑いながら、秘部を人指し指で弄ぶ。

「そ、そこら……あ''ひ''ぃ''ぃ''ぃ''ぃ''ぃ''ィ''ィ''ィ''ィ''ィ''♪ ぃくッ!!!」

下半身が快感を表現するように痙攣すれば秘部から淫汁をひと吹きしパンツを汚す。

絶頂のピークに到達した日奈子は紅潮しつつも性的快感と性的興奮に囚われてしまう。

日奈子の円らな瞳は、みっともなく中央に寄って、寄り目を晒している。

乳首の快感と絶頂の余韻のせいで起床し
<省略されました> [全文を見る]

22: 名前:欲望の影投稿日:2020/07/11(土) 10:26 [PC]
>>21

「きったね」

日奈子の寄り目、パンツとカーペットの淫汁と乳汁に、男は冷淡に吐き捨て。

何故か結束バンドを外してやり日奈子を解放させてしまったのだ。

「ハ''ァ''ハ''ァ''ハァ''ハァ''、ハ''ァ''ハァ''はぁ……ハぁ''はぁ……はぁーっ!? ……はぁー?」

荒い息を整え、快感と興奮を冷ましながら、怪訝な表情を男に向ける日奈子。

「フン。勘違いすんな」

''遊んでやるだけだ''とバッグからドリルバイブ等を取り出す。

「ひィ!? な、何なのそれぇ? アンタともう遊びたくないし!」

禍々しいドリルバイブに、本能的に身震いし、後退りしてしまう。

「ゲームだ」

続けてボールギャグと耳栓を取り出し不敵に笑う男。

「ゲームゥ?」

「フッ。クリアすれば俺の負け。警察に自首してやる」

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.