KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

913: 名前:JM投稿日:2017/12/09(土) 00:33 [PC]
昨日、『饒舌な眼差し』を買いました。
梨加ちゃんの可愛さを堪能してました。
ちなみに俺は理佐推しです。


運転席に乗り込むと、後部座席のスライドドアを開けた。
何も言わずに、さも当然のように助手席に座る理佐と、ボックスシートにひらがな同士で仲良く固まる三人。

「プライベートで一緒に出掛けるの、久し振りだね」
「そうだな。余所行きの理佐がこんなに可愛かったなんてな」
「あんまりそういうこと言わないで。照れるから…」

理佐は少し頬を赤らめ、はにかみながら言った。
まるでカップルの会話だ。
しかし、理佐とは歳が離れ過ぎている。
恋人というよりは、せいぜい歳下の愛人辺りだろうか。

車が交差点で止まると、理佐の手がゆっくりと俺のズボンに伸びてきた。
俺が制止する間もなく、股間を捉えられた。
後ろにいる三人への配慮なのか、理佐は何も言わず、ただ微笑みながら股間の膨らみをなぞった。
俺は驚いていた。
あのクールな理佐が、こんな大胆な事をするとは。
気持ちとは裏腹に、ペニスが理佐の指遣いに反応して、ズボンの中で硬直を始めた。
理佐の密かな愛撫を受けながら、運転を続ける。

がなちゃん(ひらがなけやきメンバーの俗称)三人組は、まだ前席の秘め事に気が付いていないようだった。
バックミラーで様子を窺うと、芽依と時折目が合った。
その都度、芽依の目はいつもと違う妖しい光を湛えた。
彼女と過ごした夜に見せた、あの目と同じだった。
その目つきに思わずドキリとする。
そんなことも知らぬ理佐の右手は、ズボンの上から屹立を撫で回していた。
もう片方の空いた手は、理佐自身の股間にあった。
車の振動で、耳を澄まさないと聞こえにくかったが、少し開いた口から吐息を漏らしていた。
理佐が興奮している。
その事実に心が躍った俺は、わざと股間から手を払い除けた。
「あっ」と小さく声を漏らしたかと思うと、すぐさま再び掴んでくる。
硬直して敏感になりつつあるペニスを強く握られ、声を出しそうになるのを必死に堪えた。

「ねえ、あとどのくらい?」

理佐は微笑を浮かべながら言った。
平静を装っているが、口元が興奮を隠し切れていない。

「もうすぐだ。ほら」

俺はフロントガラスの向こう側を指差した。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.