KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

865: 名前:JM投稿日:2017/10/12(木) 23:33
これでこの話は終わりになります。
長くなってしまって申し訳ありませんでした。
次の話から、漢字欅メンバーも出していきます。

史帆の中に精を放ったものの、戦闘の前に飲んでおいたサプリメントのおかげで、回復は早かった。
しかし、さすがに次で最後にしたかった。
俺自身、年齢的にまだ若いが、さすがに一夜に何人もの女と相手をするのは大変なのだ。

「待たせたな」

生殺しにしていたねるのもとへ行く。
花園は、水害による深刻な被害を受けていたが、それは逆に、進入が極めて容易である現れだった。
結合の体勢を取る時、ねるは何も言わなかった。
彼女の目が行動を促していたからだ。
ねるの中に押し入るのは、まるで底無し沼に踏み入れるような感覚だった。
いつもの時と違い、今日のねるの中は熱く、溶かした水飴のようなドロドロとしたものを大量に分泌していた。
スムーズな抽送になり過ぎて、むしろ速すぎるほどだった。
しかし、それはねるの欲望を満たすにはちょうど良かったのだ。

「ああっ!ああっ!すごくいいよぉっ!!ずっと待ってたデカちんぽぉぉっ!!」

理性などとうの昔に吹き飛んでしまっているねるは、露骨すぎる言葉で悦楽を表現した。
全身で悦びを表すばかりか、内部も強く圧縮してくる。
お互いに通常より敏感になっている上、体力も少ない。
このままだと10分もしないうちに決着がつくだろう。
奥まで貫き、子宮を叩く。
これを繰り返すと、ねるは涙と涎をだらしなく垂らしながら叫んだ。

「お兄ちゃぁん!ねるイキすぎておかしくなっちゃうよぉぉっ!!お兄ちゃんの精液、ねるの中に出してぇっ!!」

ねるは絶叫と共に、凄まじい力で抱きついてきた。
最後の戦いは、ねるの熱の中でフィニッシュを迎えた。

「あぅ…あぁ…」

ねるは力なく掠れた声を漏らし、目尻から涙をこぼしながら震えていた。
弓なりに反った体が元に戻った時、使い過ぎで真っ赤にふやけたペニスを抜いた。
後始末を済ませ、裸のまま大の字になる。
ドッと疲れが押し寄せてきた。
(こういうことは、あまりするもんじゃないな)と思う反面、彼女らの欲望を満たすためならば仕方ない、と諦めに似たようなものを抱いた。
それに、自分も少し楽しんでいた部分もあった。

「ねるね…お兄ちゃんのこと…大好き…」

ねるは泣きながら微笑んだ。
汗と涙と涎でぐしゃぐしゃの顔だったが、それでも愛の言葉を掛けてくれるねるが、愛おしくてたまらなくなった。

「私もだよ」
「私も!」

史帆と紗理菜も、笑いながら言った。
三人の少女に終戦のキスをし、そのまま眠りに落ちた。
疲れのせいでぐっすりと眠ることができた。
部屋のドアが少しだけ開けられていたことに、誰も気がつくことはなかった。

ねるねるねるね 終

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.