KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

815: 名前:作者投稿日:2017/08/24(木) 01:11
今度の紗理菜に、ぎこちなさはほぼ消えていた。
幾つもビデオを見て覚えたのだろう、俺が仕掛けたディープキスも、二度目はしっかりと応じてくれた。
乳房に触れると、ピクッと体が反応した。
キスをしながら、紗理菜の乳房を揉みしだく。
大福のようなモチモチした感触が癖になりそうだ。
先端の乳首を指で転がすと、紗理菜は声を洩らした。

「あっ…はぁ…はぁ…んっ…んぁっ…」

紗理菜の乳首は、みるみるうちに硬くしこっていった。
唇を離れ、もう片方の乳首に吸い付く。
口に含んで、舌で転がしながら吸ってやる。

「あぁんっ…やあっ…だめえっ…感じちゃう…」

紗理菜は弱々しく言った。
顔は胸元に置いたまま、右手を股間に持っていく。
陰毛はビロードのようになめらかだった。
先ほどまで平常通りだったが、指で軽く触れてみると、花弁は潤みを湛えていた。
よく見ようと視線を向けると、やはり花弁が興奮でめくれ上がり、薄ピンクの内部が覗いていた。

「濡れてるね」

「やだぁ…恥ずかしい…」

「おっぱい舐めただけで、こんなになるの?」

俺は紗理菜の花弁を撫でた。
ぬかるみの中には、まだ入らない。

「あんっ!だってぇ…気持ちよすぎて…自分でするより…全然よかったからぁっ…」

「こっちもそうだろう?」

「うんっ…全然違うぅ…指大きくてぇ…すっごい気持ちいいれすぅっ…」

紗理菜はだんだん涙目になり、呂律が回らなくなってきていた。
少しくらいなら大丈夫か、とぬかるみに指を入れる。
くちゅくちゅ、と淫靡な音が鳴る。
紗理菜は、自分から発せられる水音が恥ずかしいらしく、赤面した顔を手で覆った。
敏感な肉芽が、秘奥から少し顔を覗かせていた。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスストーリー2 All Rights Reserved.