KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

800: 名前:作者投稿日:2017/08/09(水) 20:52
>>796
楽しみにしていてください。

そこには、既に全裸になった京子が横たわっていた。
昼間はあまり観察できる時間が無かったが、19歳の京子の体は、少し幼く映った。

「お願い…早く入れてぇ…!」

京子は瞳を潤ませて懇願した。
脚をM字に開き、蜜で光る花弁を大胆に見せつけてきた。
俺に抱きついてきた時から興奮状態だった京子は、既に愛液を分泌させていたが、この量ではまだ足りないと判断した。
手早く裸になった俺は、京子の上に覆い被さり、キスを始めた。
驚いたことに、向こうから舌を絡ませてきた。
まだまだぎこちないものだったが、たった数時間で、もうディープキスを覚えてしまったようだ。
キスをしたまま、左の乳房を揉みしだく。
唇を離すと、右の乳首を口に含んで吸った。

「あっ」

京子が短く声を上げる。
口の中で、京子の乳首が硬くしこってくる。
左の乳首は、指で弄って立ち上がらせる。

「あっ…んっ…いいっ…」

京子は身を捩らせながら喘いだ。
胸の愛撫だけで、かなり感じているようだった。
終始、声が止まることはなかった。
側で見守っている史帆に声を掛けた。
俺は体をずらし、京子の双の脚を持って、M字に開いた姿勢を保たせた。
陰毛の濃い茂みの下に女の園があった。
そこに顔を沈め、既に潤みを広げている花弁に舌を躍らせた。

「んっ…あっ、やっ、ああんっ、だめぇ…」

京子は艶かしい声を上げながら、体を震わせた。
そっと史帆が京子の背中に回り、双の乳首を捏ね始めた。

「あぁっ、両方はだめぇっ、感じちゃうっ」

「一回イかせちゃう?」

史帆がニヤニヤ笑いながら言った。

「そうだな」

「あっ、あっ、だめっ、史帆ぉっ、変になるよぉっ」

「いいよ。力を抜いて」

史帆が囁く。
俺の舌は、鞘に納まった肉芽を舌の先端でこそいだ。

「あっ、ああっ、もうだめぇっ…!!」

京子の声が上ずり、体が跳ねた。
口を押さえながら、何度も体を小さく震わせる姿が、初心な少女という感じがして可愛らしかった。
己が物を屹立させ、いよいよ京子の中に埋没させていく。

「あっ、あぁぁ…」

京子の声が掠れ、震えていく。
達して間もない京子は、挿入時の摩擦でも敏感に反応した。
ペニスの先端が、薄い壁にぶつかる。
そこで一旦腰を止めると、京子の手を握ってやった。
これで少しは落ち着いてくれればいい、と思った。

「大丈夫…来て」

京子は静かに言った。
俺は頷き、腰を進めた。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスストーリー2 All Rights Reserved.