KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

765: 名前:作者投稿日:2017/08/01(火) 02:31
日が沈み、空が漆黒に色を変えた。
もう今の時間は、全ての寮生が入浴を終え、各々就寝の準備に入っているはずだ。
今夜はこの部屋を空け、ねるの部屋で一夜を過ごすつもりだ。
ねるには既に話を付けてある。
二人きりで一夜を過ごせないことに少々不満げだったが、それでも部屋を使うことを許してくれた。
部屋に行くと、部屋主がベッドの上にぺたんと座って、俺を待っていた。
それと三名のゲスト。
落ち着き払って微笑を浮かべる史帆。
戸惑いと不安を隠しきれていない紗理菜。
飢えた獣のような目つきで俺を見つめる京子。

「あ、やっと来たぁ。みんな待ってたんだよ?」

ねるは両手を伸ばしながら言った。
紗理菜以外のここにいる少女達は、集められた目的を理解しているようだった。

「そうそう。京子なんか、部屋に来た時からずっとモジモジしたり、時計をチラチラ見たりしてて…」

史帆は含み笑いをしながら言った。
昼間にお預けを喰らわせたままの京子は、頬が少し赤く、目も微かに潤んでいた。
普段の落ち着いた様子とは、明らかに違う。

「だって…!」

京子は、いきなりタックルの要領で飛びついてくると、ベッドに押し倒された。
口で荒い息をしながら、俺の股間を服の上から弄った。
ペニスの感触をはっきりと感じたいがためか、ぐりぐりと手でこねられる。

「あっ!抜け駆けするなー!」

ねるの鋭い叫び声が飛んだ。
しかし、そんな声には耳も貸さず、京子はとろけた目つきで俺を見つめた。

「昼間に散々私をいじめておいて、夜までお預けだなんて…今日一日ずっと我慢してたんだよ」

「もう欲しいのか?」

「欲しい…今すぐ…お願い…」

京子の低い声が、昼間より一層艶やかに聞こえた。
京子の願いを叶えてやろうとしたその時、くいっと腕を引っ張られた。

「ねえ。昼間の、良すぎたぁ…私もまた欲しくなっちゃった」

史帆が甘えるように腕を揺すりながら、上目遣いでねだってきた。
両手に花状態の俺に、ねるはふて腐れた。

「モテモテだね、お兄ちゃん」

「だって、すごかったんだもん、セックス。もうお兄ちゃんしか愛せない」

史帆がうっとりとした顔で言った。
ねるの目つきが変わる。

「え?お兄ちゃん、史帆ちゃんとセックスしたの?」

「史帆だけじゃない。私にも。挿入まではしてくれなかったけど…」

「何それ!!」

史帆と京子の話を聞いたねるは、怒りを爆発させた。
ねるの剣幕を見るのは初めてではないが、毎回寿命が縮む思いだ。何度も見るようなものではない。

「ずるい!私に隠れて何こそこそエッチしてんの!?」

「まあまあ。色々言いたいことはあるだろうけど、とりあえずまずは『開通式』、やらない?」

史帆がニヤリと笑いながら、ベッドに視線を向けた。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.