KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

481: 名前:&投稿日:2017/04/20(木) 20:47 [PC]
これからあかねんがどう調教されるか楽しみです!

482: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/20(木) 23:51 [PC]
まだか続き

483: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/21(金) 15:25 [PC]
作者さん適当にやってよ

484: 名前:作者投稿日:2017/04/22(土) 01:05 [PC]
「まずはこれからだね」
俺の背後から、ローションの大瓶を持った詩織が現れた。
それを茜の体に垂らしていく。
冷たい粘着質な液体を素肌にかけられて、茜は体を震わせた。
「大丈夫だよ…リラックスして…」
詩織はそう言いながら、ローションをゆっくりと体に伸ばしていく。
乳房をこねるようにしながら揉んでいく。
乳首をくりくりと指で転がす。
「あひっ…そ、そこはっ…あんっ…」
何の道具も使わずに胸を触られる感覚とは違う。
ローションによって、いつもより感度が高まっていた。
茜の乳首は二つともピン、と硬く勃起し、存在を主張していた。
「やばっ、もうビンビンだよ」
「うわぁ、感じちゃってるんだぁ」
俺の隣で理佐と愛佳が笑った。
「いっ…いやぁっ…見ないでぇ…っ」
手足を動かすことの出来ない茜は、弱々しくそう言う他無かった。
その最中にも、詩織による全身ローションマッサージは続き、ついにその手が性器に伸びた。
「ダメぇっ!そこはぁっ!!」
茜の叫びも空しく、詩織は淫裂に沿って指を動かした。
そこに触れた瞬間、詩織はニヤリと口元に笑みを浮かべた。
「あれぇ?これ
<省略されました> [全文を見る]

485: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/22(土) 08:12 [PC]
めっちゃいい。

486: 名前:&投稿日:2017/04/22(土) 18:54 [PC]
素晴らしいです! 続きが楽しみです!

487: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/24(月) 13:45 [PC]
どなたか欅坂のスカトロ小説お願いします

488: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/24(月) 19:18 [PC]
作者さんガンガンいこうぜ!

489: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/24(月) 20:31 [PC]
バックナンバーよろ

490: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/24(月) 21:38 [PC]
いい加減にしてほしい

491: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/24(月) 21:53 [PC]
いいねぇ作者さんもっと攻めちゃおうぜ

492: 名前:作者投稿日:2017/04/25(火) 03:14 [PC]
「もっと別の刺激も必要だな」
俺が言うと、後ろでスタンバイしていた愛佳と理佐が立ち上がった。
二人の両手には小型のピンクローター。
「まなかぁ…っ、りさっ…、これ外してぇ…お願い…」
「っるせぇんだよ」
愛佳は茜の顎をガッと掴んだ。
その乱暴さに、茜は愕然とした顔をした。
女子のときめく仕草として、顎クイたるものがあるらしい。
茜も愛佳にそれをやられて心を奪われていた。
しかし、今の状態はそれとは程遠かった。
「こないだの収録だって…いつもいいとこで全部持っていきやがって…今日という今日は許さないから」
愛佳のドスの効いた声に、俺も背筋がゾクッとした。
一方の理佐は、見られたら萎縮しそうなほど鋭い目つきで一瞥しただけだった。
それだけでも十分恐ろしい。
硬く立ち上がった乳首に、ローターを強く押し当てた。
「あひいいぃぃっ!!」
官能小説でしか見たことのない悲鳴が、茜の口から飛び出した。
その反応に、さらに二人は笑った。
「あはははっ!こんな声初めて聞いた」
理佐がニヤニヤしながら、さらにローターを押しつける。
「ああんっ!あんっ!あんっ!ああああ
<省略されました> [全文を見る]

493: 名前:&投稿日:2017/04/26(水) 05:44 [PC]
作者さん最高です!
>>1-500

494: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/27(木) 16:36 [PC]
2穴挿入で守屋を責めてください!

495: 名前:name投稿日:2017/04/29(土) 07:13 [PC]
comment5,

496: 名前:name投稿日:2017/04/29(土) 09:04 [PC]
comment3,

497: 名前:name投稿日:2017/04/29(土) 10:54 [PC]
comment1,

498: 名前:name投稿日:2017/04/29(土) 11:31 [PC]
comment6,

499: 名前:name投稿日:2017/04/29(土) 16:25 [PC]
comment2,

500: 名前:名無しさん投稿日:2017/04/30(日) 21:42 [PC]
はり更新おね

501: 名前:name投稿日:2017/05/01(月) 01:24 [PC]
comment10,

502: 名前:名無しさん投稿日:2017/05/02(火) 02:22 [PC]
ひらがなの斎藤京子で書いて欲しいっすいつかは

503: 名前:作者投稿日:2017/05/02(火) 18:33 [PC]
>>502
コメントありがとうございます。
次回にご期待ください。

「ふふふ、まだまだだよぉ?」
俺の後ろから現れた葵は、不敵な笑みを浮かべながら、右手に握った電マを唸らせた。
長さ20センチ余りの電マは、葵の手が小さいせいで、さらに巨大に見えた。
茜の目が、恐怖で見開かれた。
茜の太ももに電マを転がし、その振動がいかに強いものかを思い知らせる。
「ひっ…いやぁ…」
「こーゆーの、使ったことあるぅ?」
いつもは茜にイジられている葵だったが、今回は立場が逆転していた。
「上の口では散々毒吐く癖に、下の口は素直なんだねー。こんなに濡らしちゃってさぁ!」
葵は鋭く叫びながら、いきなり性器に電マを押し当てた。
「あああああっ!!いやあああああっ!!」
突然のショックに、茜は絶叫した。
その叫びを聞いて、葵はニヤニヤしながら、さらに電マをグリグリと容赦無く当て続けた。
弄る側に回った葵は、ここぞとばかりに茜に日頃の不満をぶつけているように見えた。
それが電マの扱い方に顕著に表れていた。
「ああっ、ダメえええっ!!またぁっ、またイクぅぅっ!!」
茜は搾り出
<省略されました> [全文を見る]

504: 名前:&投稿日:2017/05/03(水) 06:02 [PC]
更新ありがとうございます!
ひらがなけやきでしたら、潮紗理菜ちゃんを希望します

505: 名前:名無しさん投稿日:2017/05/03(水) 19:09 [PC]
作者さん最高

506: 名前:名無しさん投稿日:2017/05/04(木) 23:52 [PC]
もっと責めてください!!!

507: 名前:作者投稿日:2017/05/06(土) 10:39 [PC]
「あはは、またイっちゃったぁ。すごーい、床まで飛んでるー」
初めて見る生潮吹きに、葵はケラケラと笑った。
皆が責め立てる様子を傍観していた俺は、ふいに肩を叩かれた。
「ねえ…しばらくこれつけっぱにしてさぁ…ウチとセックスしない?てかしたい」
愛佳はピンクローターを手で玩びながら言った。
まさか愛佳からセックスの誘いをしてくるとは思わなかった。
俺がポカンとしていると、愛佳は続けた。
「何かさぁ…喘ぎ声聞いてたら変な気分になっちゃった…だからさぁ…ね?お願い」
愛佳は近くのベッドに腰掛けた。
「ちょっと待ってろ」
俺はびしょ濡れになっている茜の性器に、バイブをゆっくりと挿入した。
大きすぎるかと思ったが、洪水状態のそこには意外とすんなり入った。
振動はさっきより少し弱くした。
あまり強すぎると、愛佳の声が聞こえなくなりそうだと思ったからだ。
それに、じわじわと責めた方が長持ちする。
それから口を開けさせ、ゴルフボール大のボールギャグを噛ませた。
責め地獄は、まだ続く。

508: 名前:名無しさん投稿日:2017/05/06(土) 23:07 [PC]
いいよぉ作者さんもっとあかねん責めちゃおうぜ

509: 名前:名無しさん投稿日:2017/05/07(日) 02:19 [PC]
最高。

510: 名前:名無しさん投稿日:2017/05/07(日) 07:27 [PC]
>>1-600

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.