KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

354: 名前:作者投稿日:2017/02/15(水) 23:01
「はぁっ…ふぅ…ふぅっ…」
菜々香は、口元に手をやりながら荒く息をついていた。
愛液も内ももまで飛び散り、シーツにも染みを作っていた。
「菜々香って、こんなにエッチだったっけ?」
菜々香の痴態を傍観していた虹花が、ニヤニヤしながら言った。
大人しい女の子が激しさを秘めているパターンは、意外と多い。
欅坂46でいうと、ザ・クールの二人(愛佳と理佐のこと)や梨加などがそうだ。
イったばかりで火照った菜々香の体に覆いかぶさる。
潤んだ瞳で見つめてくる。
上目遣いが可愛らしくて、思わずドキリとする。
「入れてもいい?」
俺が聞くと、コクリ、と頷く。
ペニスを性器に当てがうと、菜々香は俺の手を握ってきた。
さっきの虹花と同じだ。
まだ怖いのだろうか。
ゆっくりと挿入していく。
「あ…あっ…」
異物が入ってくる感覚に、菜々香は小さく声を洩らした。
やはり菜々香の中は狭く、それでも濡れているから割とスムーズに進んだ。
律動を始めると、構造による強い刺激が俺を襲った。
既に一戦終えた後なので、俺はいつもより敏感になっていた。
「あんっ、あんっ、すごいっ、大きいぃっ」
菜々香は目をきつく閉じながら喘ぐ。
俺の体にしがみつき、さらに言った。
「ずっと、ずっと大好きぃっ!こんな私でも…見捨てたりしないで…!」
俺は腰を動かしながら、菜々香にキスをした。
それが答えだった。
やがて最後の瞬間が訪れた。
「あっ!あっ!もうイキそうっ!イクうぅぅ…っ!!」
菜々香は叫びながら、友梨奈がよくやるようなホールドを決めてきた。
俺も同時に達し、虹花の時よりも量は減ったものの、中に射精した。
セックスを終えて、三人で川の字になってベッドに並ぶ。
左隣にいる菜々香は、俺の腕を掴んで離さなかった。
「菜々香がこんなに甘えん坊だったなんて知らなかった」
反対側にいる虹花が言うと、菜々香は顔を赤くしてさらに体を密着させてきた。
「そういや…まだ風呂どころか、飯も食ってないな」
俺は天井を見つめながら呟いた。
「あ、確かに!」
虹花は声を上げて笑った。
「じゃあ、軽くシャワー浴びよ。お兄ちゃんの部屋のお風呂使わせて。もうすぐご飯の時間だし、ちょうど良くない?」
「そうしよう」
下半身に残る余熱を感じながら、俺はゆっくりと立ち上がった。
両脇に少女を従えて…。

数週間後、俺は欅坂46の仕事に同行していた。
あれから菜々香は、徐々にではあるが、俺とも積極的に関わってくれるようになった。
それでも目が合うと、セックスのことを思い出すのか、顔を赤らめてそそくさと何処かへ行ってしまうこともあったが。
これから少しずつ前向きになってくれたらいい、と思っていた。
すると、そこに葵がやってきた。
「あっ、いた!探してたんだよー!」
「よう、どうした」
「ねえ、聞いてよ。あのね…」

恋慕の加速 終

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.