KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

241: 名前:&投稿日:2017/01/13(金) 23:11 [PC]
240さん僕の名前使うのやめてください

242: 名前:&投稿日:2017/01/13(金) 23:14 [PC]
作者さん変な風にあれてしまって申し訳ありません。m(_ _)m

243: 名前:作者投稿日:2017/01/14(土) 03:03 [PC]

作者です。

おお、しばらくいない間にだいぶ荒れてますねぇ…こちらこそ申し訳ないです。

もう終わったと思っている人がいるのでしょうか?
まだまだ続きます。半分ちょいあります。
私が書きたかったメンバーの一人目が出ます。

話は変わりますが、最近乃木恋を再び始めました。楽しくて暇を見つけてはやっています。
欅坂でもそういうゲームを出してほしいですね。

今日は、全員による雑誌のグラビア撮影をした。
いつもの制服の衣装に加え、可愛らしいパジャマのような衣装(こういうものは正式名称があるのだろう。俺にはよくわからない)も着ていた。
その待ち時間でのことだった。
「うえーーん、お兄ちゃん聞いてよー!」
原田葵が、半べそをかきながら俺のもとに走ってきた。
俺はノートパソコンを閉じて、葵に向き直った。
「どうした、また理佐に何か言われたか」
「そうなの!」
その後ろから、葵の後を追ってきたらしい理佐が走ってきた。
「違うの、聞いて」
「違くないよ!」
その瞬間、葵は素早く俺の手を握った。
握るや否や、さっきの何倍もの速さで走り出したのだ。
突然のこ
<省略されました> [全文を見る]

244: 名前:投稿日:2017/01/14(土) 06:56 [PC]
>>243
無駄話してないで黙って更新してくれますか?
あとそんな暇があるのならもっと更新してください

245: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/14(土) 11:28 [PC]
なりすましされるから名無しが1番
作者さん頑張って

246: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/14(土) 17:35 [PC]
>>244
テメェ何目線で言ってんのや?

247: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/14(土) 21:42 [PC]
色々めんどくさいからコメントするな童貞ども。
コッチハハヤクシコリタインダヨ!!

248: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/14(土) 22:20 [PC]
あなたが童貞じゃないんですか?笑
その発言はそうとしか思えないんですが笑

249: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/15(日) 11:08 [PC]
>>247
ブーメラン飛ばしてて乙

250: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/15(日) 14:25 [PC]
アンチは構ってほしいだけ。

変に構ったりするから荒らしにくるんだよ。

ほっとけば構ってくれないからさみしくなってやめるさ。


みんな無視しよ。

251: 名前:作者投稿日:2017/01/15(日) 15:01 [PC]
作者です。

レス数が増えているのを見て、チェックすると大抵喧嘩かアンチ・・・
ということが最近多い気がします。

とりあえず皆さん、一旦落ち着きましょう。
ここで喧嘩しても意味無いですし、ここを立ててくれた>>1さんに失礼です。

アンチが不愉快なのはわかります。僕も正直、不愉快です。
しかし、それにいちいち反応していてもキリがありません。
他のところでもそうだと思いますが、スルーしましょう。

あと喧嘩も。
見ている人が気分を害す+角が立つような書き込みはやめましょう。

僕が言うのもおこがましいですが。

252: 名前:作者投稿日:2017/01/15(日) 15:07 [PC]
>>251の続き

皆さんでここがよい場所、小説投稿の場になるよう、心がけましょう。

お話の続きは、また後で投稿します。

253: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/15(日) 16:53 [PC]
更新よろしくお願いしやす!!

254: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/15(日) 20:00 [PC]
>>253
催促乙

255: 名前:作者投稿日:2017/01/16(月) 03:18 [PC]
「で、理佐に何を言われたんだ?」
「いつもみたいに話しかけたら、『うるさい、来るな、謝れ』って」
「まあ、いつも聞くような話だな」
「理佐ちゃんだけじゃないんだけどね。『誰も葵の話なんか聞いてない』とか『葵より私の方がお兄ちゃんに構ってくれるよ』とか言われて、もう我慢できなくて…」
「それで部屋を飛び出してきたわけか」
葵は大きく頷いた。
「葵、お前いじめられてるとかじゃないよな?」
「それは無いよ!みんな面白くていじってるんだよ、きっと」
「そうだといいがな…いじりといじめは一字違って紙一重だからな」
面白半分で茶化していても、それが行き過ぎると、相手を傷付けたりすることがある。
俺自身も過去にそういう経験がある。
最も、逆に傷付けられる側だったが。
先に述べたのは、その時に得た教訓だ。
葵はその標的にされているのでは、と危惧したのだ。
「大丈夫。慣れてるから。でもお兄ちゃんのことを言われたら、なんかイラッとしたの」
葵はそう言うと、俺をじっと見つめた。澄んだ瞳だった。
「ねえ。ちゃんと葵のことも構ってくれるよね?」
「もちろんだ」
葵の髪を撫でな
<省略されました> [全文を見る]

256: 名前:名無し&投稿日:2017/01/16(月) 10:32 [PC]
&です
作者さん更新ありがとうございます
これから自分もスルーします

257: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/16(月) 14:39 [PC]
よろしくです

258: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/16(月) 21:37 [PC]
つまんね

259: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/17(火) 01:27 [PC]
センスなさすぎて笑いが止まらねーよw
これはコメディかww

260: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/17(火) 09:03 [PC]
エロいわー何度でも抜けるわー

261: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/17(火) 14:30 [PC]
面白い
頑張れ

262: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/17(火) 15:13 [PC]
>>260
こんなんで抜けるとかwww

263: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/17(火) 18:02 [PC]
>>261
作者は頑張ってるよ
ただ絶望的にセンスがないだけで

264: 名前:作者投稿日:2017/01/17(火) 18:20 [PC]
そのまま葵の服を脱がし続け、全裸にした。
見た目は小学生に間違われるのも頷けるほど幼いが、実は意外としっかりと発達している部分もあった。
乳房は小振りで、小さめの乳輪と薄茶色の乳首がその先端にあった。
陰毛もしっかりと生え揃っていて、それに濃い茂みだった。
全裸で俺の前に立つ葵は、唇を噛みながらモジモジした。
「なんか恥ずかしい…」
葵は、赤くなった顔を手で覆った。
その手を下ろさせ、気をつけの姿勢にする。
まずは乳房にそっと触れた。ふにゅっと形を変えるその膨らみは、まるでつきたての餅のように柔らかかった。
俺に乳房を揉まれている間、葵は唇を噛みながら、体を小刻みに震わせていた。
しかし、ブルーベリー大の乳首を指で転がすと、葵は声を我慢出来なくなった。
「んっ、あっ…!」
葵の乳首は、コリコリと芯を持った硬さになった。
「葵は、一人でしたりするのかい?」
「しない…お兄ちゃんとのセックスじゃなきゃやだもん」
「じゃあ、こういうことはあまりされたことないんだ」
俺は葵の乳首を口に含み、わざと音を立てて吸った。
胸の先端から、全身に快感が駆け巡る。
その
<省略されました> [全文を見る]

265: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/17(火) 22:17 [PC]
>>1-264

266: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/18(水) 22:59 [PC]
もういいよ
つまらないよ

267: 名前:名無し&投稿日:2017/01/19(木) 02:14 [PC]
更新ありがとうございます。。

268: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/19(木) 10:34 [PC]
266死ね二度とコメントするな

269: 名前:名無しさん投稿日:2017/01/20(金) 01:08 [PC]
だって事実だもん

270: 名前:作者投稿日:2017/01/20(金) 02:20 [PC]
「こっちはどうかな?」
俺は葵の股間に手をやった。
乳首への愛撫だけで、花弁はしとどに濡れていた。
性器の割れ目を指で撫でる。
「あっ!あっ、あぁっ、ダメっ」
これだけでもこの反応だ。
中に入れたらどうなってしまうのか。
俺は久しぶりすぎて、挿入した時の葵の反応を忘れていた。
試しに指を一本入れてみる。
「ああああっ!」
葵は叫びながら、俺の体にしがみついてきた。
指一本入れただけで、この反応である。
葵の一番感じる場所、所謂Gスポットがどこにあるのか、指の腹を壁に押し当てるようにして、円を描くように探る。
感じる場所は当然女の子によって違うからだ。
その間にも、葵は切れぎれに喘いだ。
奥の方で少し指を曲げてみた時、それが小さな叫びになった。
「あああーっ!!」
ここだ。そこを執拗に責める…のではなく、そこにも当たるように指の出し入れをした。
愛液が飛沫し、俺の手首を濡らした。
「ひゃっ!あっ、あっ、ダメっ、ダメっ、イクっ、イっちゃうっ、イクぅっ!」
葵は涙声で言い、俺の肩にしがみつきながら絶頂した。
なかなか味わうことのない強い快感に、葵は体
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.