KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

220: 名前:作者投稿日:2017/01/09(月) 12:34
てきぱきと身支度を済ませ、次々と車に乗り込む欅坂の子達を見て、俺は感嘆のため息を漏らした。
「素晴らしいな。他のグループの子達も見習ってほしいね」
「私達も乗ろう?」
隣でフン、と鼻を鳴らした理佐は言った。
軽く繋いでいた手は、いつの間にかしっかりと握られていた。
「そうだな」
俺は頷き、車に乗り込むために、理佐の手を離そうとした。
ところが、理佐の手の力が緩まない。
見ると、理佐はただ涼しげに笑っていた。
「手、離して」
「ん?」
理佐は表情を変えぬまま、俺を見つめていた。
「さっき車までって言っただろう」
「車の中まで、でしょ?」
「どうせ仕事で一緒になるだろ」
「うん、そうだね」
どう頑張っても、理佐は手を離す気がないらしい。
困っていると、後ろから鋭い声が掛かった。
「あーっ!!」
声に驚いて振り向くと、友梨奈が俺達二人を指差していた。
振り向いた瞬間に、パッと理佐が手を離してくれた。
が、一番見つかってはいけない人間に見られてしまった。
緊張で思わず声が上ずってしまった。
「やあ、友梨奈」
友梨奈は肩を怒らせて、ズンズンと俺の前に来た。
頬をプクーッと膨らませている。
「んーっ。お兄ちゃん、見てたぞ。理佐と手繋いでるとこ」
「気のせいだよ」
理佐は涼しげに答えるが、それで友梨奈を誤魔化せるはずがなかった。
「気のせいじゃない!お兄ちゃん、ずるい!昨日一日お兄ちゃんに会えなくてずっと我慢してたのに!」
「昨日は友梨奈は特に忙しかったからなぁ。俺も本当は友梨奈に会いたかった」
「嘘つき」
理佐がボソッと呟くのが聞こえたが、聞き流した。
友梨奈の機嫌を直すには、嘘も方便である。
「お兄ちゃんんっ…」
友梨奈を抱き締めると、すぐに大人しくなった。
困った時はこうすればいいのだ。
「この後も会えるから、昨日の分の埋め合わせしような」
「うん。お兄ちゃん、大好き」
目を潤ませて上目遣いで見つめて来られたら、それだけで俺は充分であった。
友梨奈の方も、すっかり機嫌は直ったようだ。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスストーリー2 All Rights Reserved.