KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 [最新レス]


  欅坂エロ小説

216: 名前:作者投稿日:2017/01/08(日) 14:23

&さん
いつもありがとうございます。
アンチへの対応も、大変感謝しています。
これから徐々に載せていきます。
>>129までのエピソード『素直になれなくて』の続編です。

最近、拒絶されることのない生活を送ってきていたから、久しぶりの感覚に少し動揺した。
思わず「あっ」と声を漏らしてしまった。
一呼吸の間を置いて、自分を落ち着かせる。
しかし、それは理佐も同じだったらしい。俺と同じように「あっ」と小さく声を上げ、
「ごめん。つい、癖で…」
と、消え入りそうな声で謝ってきた。俺はなんとか微笑む。
「他の子にはしちゃってるんだ?もしかして、葵に?」
理佐は項垂れた。
それをイエス、と受け取った。
「まずは、そこからだな。本当はお前も仲良くしたいんだろう。でも、今までのこともあるから急に態度を変えられない。だから、今のままキープしてしまっている。だろ?」
俺は責めるような口調にならないように、最大限注意しながら言った。
理佐は項垂れたまま動かない。
ただ、手がギュッと拳を握った。
「これは非常に難しい問題でな。こういうことは何回もあったけど、その度に俺もすごく悩んだ。今でも明確な答えはわからないが、ただ一つ言えることは、お前が変わらなくちゃいけないということだ。今すぐに変われ、とは言わない。少しずつ、ゆっくりでいいんだ。俺もお前と約束したろ」
昨夜の約束。
理佐に変わってほしいという想い。
前向きになってほしいという想い。
それが少しは理佐の心に届いているはずだ、と俺は思っている。
「…さっきみたいにしてよ」
理佐は消え入りそうな声で言った。俺は力なく笑って首を振った。
人が嫌がったことは、二度とはしたくなくなるものだ。
理佐のようなデリケートな性格の女の子には特に、だ。
すると、理佐は急に顔を上げ、自分から俺に抱きついてきた。まさかの行動に、俺はまた固まって動けなくなった。
「ごめんなさい…!お兄ちゃんにだけはしないつもりだったの…私のこと、嫌いにならないで。お願い…!」
理佐は叫ぶと、俺の胸で震えながら泣いた。
一瞬の躊躇いの後、理佐の体を抱き締め返してやった。
胸に、理佐の乳房が押し潰される柔らかい感触を覚えた。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 [最新レス]


Copyright (C) カオスストーリー2 All Rights Reserved.