KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

20: 名前:名無しさん投稿日:2016/11/02(水) 21:27
ちょっとトラブル発生。更新頻度遅くなるかもです

「今日はやけに積極的だな」
「だって…お兄ちゃんに…触ってほしかったんだもん…」
梨加の乳房を円を描くように揉みほぐした。梨加の半開きの口から吐息が漏れ出す。興奮で乳首が立ち上がるのがわかった。乳房の表面を触っただけでもビクビクと反応する梨加は、乳首も当然敏感であった。だから俺はまだ触らなかった。時折、唇を噛みながら、上目遣いでこちらを見てくるのは、きっと乳首に触れてほしいと目で懇願しているのだ、と思った。鈍感な振りをして、乳房を揉み続けた。時折、ぷっくりと膨らむ乳輪に指を掠らせると、肩がブルッと震えた。梨加は膝を擦り合わせ、もじもじと体を捩らせた。
「どうしたの?くすぐったい?」
梨加はいやいやをするように、激しく首を振った。怒りさえも讃えた目に涙をいっぱい溜めて、珍しく大きな声で言った。
「ち…乳首…触って…これ以上焦らさないで…お願い…!」
梨加は恥ずかしい台詞も、自分からだんだんと言えるようになってきていた。調教というべきか、訓練というべきか。このまま練習を重ねていけば、友梨奈達と同じくらいのレベルになっていくはずだ。
「こういう時の梨加は正直だな」
梨加の乳首は、今や興奮と期待で硬く勃起していた。指で撫でると、ビクンと大きく体が跳ねた。撫でたり、摘んだり、引っ張ったりする。指だけでなく舌でも弄んだ。両方同時に愛撫すると、梨加は初めて声を漏らした。が、唇を固く結んでいる。部屋の外に声が漏れるのが怖いのか、必死に我慢しているようだ。そんな心配は必要ないのに。
「あっ、んっ、んっ」
「我慢しなくていいよ」
「あっ…あああーっ!」
俺が言うと、梨加の中で何かのスイッチが入ったらしく、いきなり声が大きくなった。と同時に、体を何度も痙攣させた。
「乳首だけでイったんだ?」
梨加は答えずに、荒い息をついていた。背中に指を当て、一直線に撫で下ろした。絶頂に達したばかりの梨加は、それだけでもビクビクと体を震わせた。梨加は俺のズボンにしがみついた。股間を手のひらで撫で、ペニスの感触を確認すると、梨加の呼吸はさらに乱れ、興奮で笑顔になった。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.