KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

1132: 名前:名無しさん投稿日:2018/12/01(土) 00:40
「おにぃ、ちゃん…直接触ってぇ」

愛萌が鼻にかかった甘い声で悲願する。指を引っ掛けショーツを降ろすと、ねっとりとした愛液が糸を引いた。すっかり濡れそぼった花弁、その上部にある小さな赤い実を目指して指でなぞり上げた。

「んんっ!あぁっ、あっ!」

指の腹が触れた途端、愛萌の声は一際大きくなった。

「そこっ、凄いぃ!んぁ、ダメかも…お兄ちゃん、我慢出来ないよぉ!ひゃあっ!もぅイく…」
「いいよ、二人きりだから大丈夫」

優しい言葉とは裏腹に愛萌を責める指の動きをますます早める。中指を熱い泉に入れ掻き回し、親指でクリを責めるとついに限界が訪れた。

「ひゃあぁぁ!イク、イッちゃうよぉぉ!!」

大きく叫び二、三回身体を震わせると、そのまま力尽きたように俺の身体に身を預けた。初めての愛萌には少し刺激が強過ぎたのかもしれない。優しく抱きしめ、頭を撫でた。

「ごめんな、少し激し過ぎたか?」
「ううん…良いの。すっごく気持ち良くて、空を飛んでる気分だった」

愛萌にしては子どもっぽく、それでいて可愛らしい表現だった。

「2期生は愛萌が最初だな」
「え〜何その言い方、まるで他の子とするのも当然みたい」

分かり易く愛萌は頬を膨らませた。

「ははは、ごめんよ。そんなに怒るなって」
「まぁ、みんなお兄ちゃんのこと大好きみたいだししょうがないよね。」

愛萌がふと部屋の外に目を向け、表情をニヤつかせる。そこで初めて気が付いた。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.