KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

1009: 名前:JM投稿日:2018/02/22(木) 03:05
ここまでが由依視点での話になります。


寮に帰って、私はすぐに自分の部屋に籠った。
お兄ちゃんは声を掛けてくれたけど、とても話せる気分ではなかった。
誰とも話したくなかった。
一人になる時間が欲しかった。
ベッドに座り込んでしばらくして、ドアがノックされた。

「由依?入るよ」

理佐の声だ。
ドキン、と心臓が跳ねる。
私の好きな人が来てくれた。
でも、今の私には笑顔なんて作れなかった。
部屋に入ってきた理佐は、私の前でしゃがんで、顔を覗き込んできた。

「どうしたの。元気ないじゃん」
「……」
「私でよければ、相談乗るよ?」

理佐は優しく微笑みかけてくる。
胸がギュッと締め付けられた。
やめて。
そんな顔で私を見ないで。
何も言えずにいると、理佐の声のトーンが落ちた。

「私じゃ、力不足?」
「そんなこと…」
「ゆっくりでいいから、話してほしいな」

理佐の温かい言葉が、私の心に張られた氷を溶かしていった。
その溶けた水は涙となって、私の目から零れ落ち、後から溢れて止まらなくなった。
私は全てを理佐に打ち明けていた。
あのおぞましい出来事の全てを事細かに伝えていた。
話し終えた後、嗚咽を漏らし続ける私を胸に抱いたまま、理佐は静かに言った。

「ありがとう、話してくれて。辛かったよね…」
「怖かった。でも、逃げられなかった…」
「お兄ちゃんに言いな」
「でも…」
「大丈夫。お兄ちゃんなら、何とかしてくれるはずだよ」

確かに、私たちが頼れるのは一人しかいない。
でも、理佐に話すのにも気が引けたのに、お兄ちゃんに話すのはかなり勇気が要る。
それでも、話さないことには事態は進展しない。
私は大きくため息をついた。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスストーリー2 All Rights Reserved.