KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


  欅坂エロ小説

1003: 名前:JM投稿日:2018/02/18(日) 01:49
男の手はだんだんと大胆になってきた。
スカート越しに触れていた手は、その中へと潜り込み、ショーツの上から尻を掴んできた。
指先が性器やアナルに当たりそうで怖かった。
自然と脚が震える。
耳の近くに、荒い呼吸を感じて身を竦めた。
クロッチの部分が横にずらされ、性器が外気に晒された。
そこに指が触れた途端、体の芯に電撃が走った。

「やめて…っ!」
「やめてと言っている割には濡らしているじゃないか」

男は耳元で囁いた。
私は顔を背けた。
確かに私の股間は熱く火照り、ショーツを少し濡らしていた。
見知らぬ、気色悪い男に触られて感じている。
何とも認めたくない事実だった。

「可愛い子だ。芸能人かな?」
「……」
「こんな可愛い子に会えるなんてツイてるな…」
「だめぇ…お願い、やめて…っ!」

どうやらこの男は、私が欅坂46であることを知らないらしい。
ただ単に女子高生を狙っていただけなのだろうか。
いや、そんなことはどうでもいい。
早くこの場から逃げ出したい。
そんな想いに駆られたが、足が言うことを聞かなかった。

「おやおや。こんな人がいっぱいいるのに感じているのかい。いやらしい子だ」
「…!か…感じてなんか…っ」
「いいねぇ、その強がり方。嫌いじゃない」

男の声には明らかな余裕があった。
きっと常習犯なのだろう。
今や男の手は、私の性器を指で刺激していた。
クリトリスを指で押し潰されながら、グリグリとこねられる。

「あぁっ…くぅっ…」

私は必死になって声を殺していた。
しかし、溢れ出す愛液を自力で止めることなど出来ず、非力な自分が悔しくなった。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 [最新レス]


Copyright (C) カオスストーリー2 All Rights Reserved.