KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 [最新レス]


  AKB高校

14: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/29(土) 09:59 [PC]



山本「おっぱいは揉んだし、フェラもした…。次はエッチやね」

新田「う、うん…」

山本「ここじゃ流石にヤバいし隣の準備室いこっか」

新田「でも鍵掛かってなかった?」

山本「にひひ…、それってコレの事?」

山本さんの手には準備室の鍵が握られていた。
今日は影山先生もあの部屋は使ってないらしい。
山本さんは理科準備室に入るやいなや服を脱ぎ始めた。

山本「新田くん、恥ずかしかったら服脱がんでええよ」

新田「あ、うん…」

山本さんは僕の目の前で全裸になった。
それにしても山本さんはエロ過ぎるヤバいカラダだ。
見てるだけで勃起するのに僕は今からこれを…。

新田「山本さん、スタイル良いね…。みんなが憧れる筈だ…」

山本「えっ?あ〜、やめてよぅ、恥ずかしい…」

山本さんははにかみながら言った。

山本「あのさ、彩でええよ。ウチの名前呼ぶ時は…」

新田「さ、彩…?う、でも何だか落ち着かない…」

山本「うちも圭市くんって呼ぶから。
   もううちら名字で呼び合う間柄じゃないでしょ?」

今日の昼まで挨拶程度の会話しか交わしてこなかったのに
僕の目の前には裸で股を開く彩がいる。

新田「いくよ…」

山本「うん…」

僕は彩のムチムチした太ももに手を置きながら
ビンビンに勃起したチンチンの先端を彩のマンコに合わせる。
そこからグッと一気に挿入した。

山本「んん…っ!」

新田「あ…、はぁ…」

彩のマンコはグングンと僕のちんちんを飲み込んでいった。

山本「あぁ…んっ!」

新田「はぁ…、全部入った…」

僕は両手で彩の太ももを持ち、M字開脚の姿勢にさせながら
肉棒を出し挿れし始めた。

『ズプッ、ヌプッ、ズプッ、ズポッ…』

山本「んぁっ…あんっ…あっ…」

新田「うあっ!凄い…これが彩の…!」

山本「はぁ…、ええわ、圭市くんのおちんぽ…、はぁっ」

彩のマンコには口の中とはまた違う締め付けや感触があった。
やはり女性のマンコの中は男性器を射精に導くための構造になってる訳で
そこにチンチンを出し挿れすれば気持ち良い筈である。

『ズポッ!ヌチョッ、ズプッ、ズプッ…』

新田「はぁ、凄い!凄いぃ…っ!」

山本「圭市くんっ…、もっとズコズコやってええよ…んっ」

新田「えっ…?」

山本「もう圭市くんのモノやから、うちのカラダは…。好きにして…っ」

新田「わかった…!」

僕は彩の腰を掴んで激しいピストン運動を開始した。

『パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!』

山本「あっ!あん!あっ!あっ!あっ…!」

僕の下で彩が巨乳をブルンブルン揺らしながら喘ぎ声を上げている。
何ともたまらない状況だった。

新田「はぁ、はぁ!はぁ、はぁ…!」

僕は射精を我慢しながらきつく締め上げる彩のマンコを力いっぱい突きまくった。

山本「はぁっ!やっば…コレ、ヤバ…いっ!いっ!」

新田「も、もう僕出そうだよ、彩!はあ!ハァ…!!」

山本「んっ!うち圭市くんに一杯注がれるつもりで来たから…ええよ、遠慮なく中出しして…っ!」

新田「うっ!!?」

『ドピュッ!ビュルルッ!!』

山本「あんん…っ!」

僕は今日この理科準備室で同級生の山本彩さんと
生まれて初めてのSEX、そして中出しを行った。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.