KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 [最新レス]


  乃木坂46がマッサージによって

481: 名前:名無しさん投稿日:2017/07/27(木) 22:29 [PC]
山下美月でお願いします

482: 名前:ぺぺろん投稿日:2017/07/28(金) 12:19 [PC]
イッた後、俺は堀の下着をとり、全裸にした。

暑くて限界だったので早めに終わらせよう。

そう思い、俺は自らの棒をだし、

目隠しをしたままの堀の秘部に挿れた。

ぐったりしていた堀の身体に力が入る。

ゆっくりと正常位で突き始めると

「あぁっ...だめぇ!」

と、まだ挿れられている状況が信じられないようだ。

パンパンパンパンパンパン...

「はぁっ!」「んんっ...」

サウナには肉がぶつかる音と堀の喘ぎ声が響く。

1分もしないうちに堀はイキかけていたので

俺はスピードをはやめた。

すると
「あっ!あっ!イッちゃう...はあっ!!!」

イッたのと同時に暑さからか気を失ってしまった。

俺はそのあと、涼しい部屋に

堀を寝かせ、ジュースを置いて

堀が起きるのを待った。

堀が目を覚まし、店を出た。

サウナで犯すのは失敗だったから、

また堀は、どこかで犯すと決めた。

続く


483: 名前:ぺぺろん投稿日:2017/07/28(金) 12:21 [PC]
バックナンバー

白石麻衣
>>46>>47>>97>>105>>106
西野七瀬
>>52>>335>>343
生田絵梨花
>>75
衛藤美彩
>>125>>138>>315
橋本奈々未
>>224>>266>>300
堀未央奈
>>398>>482

生田絵梨花番外編ですが、
誤字がひどかったため
バックナンバーには記載しません。

484: 名前:名無しさん投稿日:2017/07/29(土) 01:51 [PC]
ぺぺろんさん更新ありがとうございます
バックナンバー堀ちゃん一つ抜けてるので足しておきますね
バックナンバー

白石麻衣
>>46>>47>>97>>105>>106
西野七瀬
>>52>>335>>343
生田絵梨花
>>75
衛藤美彩
>>125>>138>>315
橋本奈々未
>>224>>266>>300
堀未央奈
>>398>>467>>482

485: 名前:名無しさん投稿日:2017/07/29(土) 03:33 [PC]
最高すぎる

486: 名前:名無しさん投稿日:2017/07/30(日) 08:08 [PC]
桜井玲香お願い致します。

487: 名前:名無しさん投稿日:2017/07/31(月) 00:25 [PC]
大園桃子

488: 名前:名無しさん投稿日:2017/07/31(月) 05:42 [PC]
与田

489: 名前:ぺぺろん投稿日:2017/07/31(月) 09:17 [PC]
20時。

今日、俺は出張であるホテルに来ていた。

最近は夏ということで握手会や

ライブなどのイベントが多くメンバーにも

疲れの色が見えていたようで

出張マッサージの依頼を俺と仲のいい

運営の人から頼まれてしまったのだ。

仲のいい運営の人は俺がメンバーを

犯していることを知らずに頼んでいるのだろう。

そして俺はマッサージを頼まれた部屋をノックする。

「すみませーん。マッサージです。」

「あ、今、開けます!」

女の子にしては少し低めな声で返事が聞こえた。

そしてドアが開くとそこには

ホテルのパジャマを身につけた

現役JKの3期生、山下美月がいた。

(か、かわいい...
ちょっと頭は長いけどかわいい...)

俺は入り口でフリーズしていた。

「あの、大丈夫ですか?」

山下が口を開いた。

俺は慌ててすみませんといい、部屋に入った。

山下はベッドに座り、俺は椅子に座った。

沈黙の時間が30秒程続いた。

部屋にはバラエティの音しか聞こえない。

「ちょっと身体が重いんです
<省略されました> [全文を見る]

490: 名前:名無しさん投稿日:2017/07/31(月) 11:45 [PC]
美月ちゃんキタ━━ヽ(´ω`)ノ゙━━!!

491: 名前:ぺぺろん投稿日:2017/08/01(火) 00:19 [PC]
すると山下は

「え、なにしてるんですか...」

と、俺から離れ言った。当然の反応だ。

何か言い訳を考えようとしたが

なにも出てこず、黙り込んでいた。

「次、やったら出て行ってもらいますよ?」

と、山下が言った。

「私は疲れてるから
マッサージをして欲しいんですから」

こんな彼女に下心を持って

接していたことが恥ずかしくなってしまった。

それからは普通にマッサージをした。

肩、腰、脚などをマッサージして

俺が部屋に入ってから30分ほどが経った。

太もものマッサージをしたいのだが、

やはり俺も男だ。下心が出てしまい、

「太もものマッサージをしたいのですが
パジャマのズボン脱いでもらえますか?」

と、言ってしまった。

「変なことしなければいいですよ」

微笑みながら山下は言った。

山下にはズボンを脱いでもらい

うつ伏せになってもらった。

太ももに手を触れる。

その瞬間に俺の肉棒が反応してしまった。

もろ勃ってしまった。

理性をなんとか保ちながら <省略されました> [全文を見る]

492: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/01(火) 01:31 [PC]
怒涛の更新ありがとうございます!!

493: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/01(火) 05:12 [PC]
堀ちゃんを堕とす話の作成予定はありますか?

494: 名前:&投稿日:2017/08/01(火) 06:06 [PC]
>>1-900

495: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/03(木) 06:04 [PC]
あしゅ書いてほしいです!

496: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/03(木) 23:24 [PC]
奇形児はいらないよ

497: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/04(金) 02:05 [PC]
次はあしゅもいいけど、美月の続きがきになります!

498: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/04(金) 04:27 [PC]
キャプ

499: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/04(金) 05:39 [PC]
エロいね

500: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/04(金) 21:20 [PC]
俺は最強だ

501: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/07(月) 23:24 [PC]
美月ちゃん可愛い

502: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/07(月) 23:37 [PC]
チョン姉は?

503: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/12(土) 14:21 [PC]
更新遅すぎね?

504: 名前:ぺぺろん投稿日:2017/08/16(水) 20:57 [PC]
イッた後、軽く放心状態の彼女。

彼女のパジャマのボタンを一個ずつ外す。

その手を彼女は離そうとしてきたがやはり放心後で

力が全然入っていない。

いともたやすくブラジャーがあらわになった。

俺はベットに座り、山下を自分の体によっかからせた。

そして後ろから揉む。

今の彼女は逃げることができない。

山下の足は俺が自分の足で抑えているし、

後ろからは身体を弄られているので無理だろう。

イッた後とはいえ、何分間か揉み続けていると

徐々に感じはじめている。

俺はブラを切り取り、山下はパジャマの上一枚になった。

まぁ、ボタンは全開なので乳首は見えている。

俺はアイドルJKの生乳を後ろから揉む。

発育途中なのか


手にちょうど収まるくらいのちょうど良さだ。

将来期待できる。

「いいおっぱいだね」というと

こちらを振り返り、目には涙を浮かべながら

「ほんとに、最低だから!
警察に言いますからね!!」

「感じてイッちゃったら同罪じゃない?
俺悪くないよね?イッた方が悪い
<省略されました> [全文を見る]

505: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/17(木) 10:28 [PC]
更新ありがとうございます
美月ちゃん最高ですね!!

506: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/17(木) 11:00 [PC]
ひょろなが亭マヨスケで

507: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/17(木) 20:52 [PC]

紗他華「Fカップ巨乳の都丸紗他華と交わって下さい!」

そう言うと紗他華は俺の股間に手を伸ばした。

俺「わぅ!」

紗他華「あはっ!『わぅ』ってナンですか?『わぅ』って」

俺「いきなりそんな所触るから…」

紗他華「どこですか?…ここ?」

紗他華はズボンの上から俺の股間をグニュグニュと無造作に触る。
次第に中のモノが硬くなってきた。

紗他華「あ〜…、太いですね…それに長い…」

ズボンの上から俺の肉棒の形を確かめるように掴んで擦る紗他華。

俺「うっ、うぅ…」

紗他華「私がフェラしてあげます!」

俺「へっ…?」

紗他華はズボンから肉棒を引っ張り出し、身を屈める。

紗他華「リラックスして下さいね…、あむっ」

俺「あぁ…っ」

紗他華は俺の肉棒を咥えた。

紗他華「んっ、んっ…」

俺「わぁぁ…!紗他華ちゃん…!」

紗他華「んっ、んっ、んっ…」

紗他華「はぁぁ…っ」

車内での紗他華のおしゃぶりは数分間続いた。

俺「うぅ、出そう…」

紗他華「んっ、出ひて下ふぁい」


<省略されました> [全文を見る]

508: 名前:名無し投稿日:2017/08/18(金) 00:00 [PC]
急にどうした?笑笑

509: 名前:名無しさん投稿日:2017/08/18(金) 09:20 [PC]
え。507作者違うでしょ

510: 名前:名無し投稿日:2017/08/18(金) 13:27 [PC]
507下手くそ

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.