KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 [最新レス]


  戦隊ヒロインシュミレーション

384: 名前:投稿日:2018/06/14(木) 20:03 [PC]
コメントありがとうございます。久しぶりに更新します。

『あっ……貴方はゴセイナイト?何で貴方がここに?』

『何だ何だ何処の馬の骨が出てきたと思えば、その様子だと顔見知りか?しかもゴセイナイトって事は仲間か?だったらいる場所が違うぜ!』

『そうだよターゲイトの言う通り場所、間違ってるよ、でも今さら応援は無いけどね後はターゲイト一人だけ、せっかくだけどゴセイナイトの出る幕じゃないよクワガバレット!はぁー!』

二人の前に前に現れたのはゴセイジャーの仲間のゴセイナイトで二人は動揺しながらもイエローはターゲイト目掛け攻撃を仕掛ける。

『言ったはずここからは私のターンだと』

『えっゴセイナイトもクワガバレットを?私のクワガバレットが相殺された?』

『今のは明らかにゴセイナイトがターゲイトを守った?どうして?』

ターゲイトに向かって放たれたイエローのクワガバレットを同じクワガバレットでゴセイナイトが相殺した事でゴセイナイトの心変わりに二人はますます動揺する。

『私はターゲイトを守る宿命の騎士、ゴセイナイト!』

『えっ?』

『何っ?』

『違うゴセイナイトがこんな事を言うはずが無い、貴方は偽者!』

『確かにエリの言う通り偽者かも知れない、だけど本物、操られてる?これはゲーム、ゲームならこう言う展開もあり、少なくともこのゴセイナイトは私たちの敵、ターゲイトの守るなら先ずはあんたを倒す!コンプレッサーカード天装!ディフェンスストーン!』

『無駄だ!』

『ゴセイナイトも同じ攻撃を?』

イエローの仕掛けた無数の岩の攻撃にゴセイナイトも同じ岩の攻撃で二人の出した岩が空中で衝突し砕け散る。

『言ったはずここからは私のターンだと!四体消失!』

『えっ?何っ今何かされた?』

『だけど何の攻撃も感じなかった?それにゴセイナイトはそんな技は持っていない!やっぱり貴方は偽者よ私がその正体を暴いてやる!』

『だけどエリ、アイツは本物のゴセイナイトのように私たちの天装術を全て出せるんだよ』

『天装術がダメなら肉弾戦で倒す!スカイキック!』

ゴセイナイトが持っていない何の衝撃も無い攻撃を受けピンクはゴセイナイトが偽者であると核心し天装術の攻撃が効かないならと空中高く飛び上がり鷲が空中から獲物を狙うように急降下しゴセイナイト目掛け鋭い飛び蹴りを放つ

『無駄な事をそんな蹴りが私に通用するとでも』

『甘くみないでこれをただの蹴りと思ったら大怪我するわよ、スーパーゴセイジャーに成った事でパワー5倍、いいえ10倍、更に風の天装術で回転を加えて五十倍、それに落下速度が加わり100倍の蹴り名付けてスカイダイナミックタイフーンキック!』

『何っエリ、それって新技?』

ピンクは風の天装術で風を纏う事で急降下速度を早めゴセイナイト目掛け蹴りを繰り出す。

『成る程、対した威力に思える。どうやら交わすのは無理そうだ、だが私まで届けばの話だ!その足で私を蹴る事が出来るのかな?』

『この足?何をバカな事を私の足が?』

『えっ?エリの右足が消えた?』

『えっ?イヤぁあっああっ』

ゴセイナイトに向かって一直線だったピンクの蹴り、しかし突如ピンクの右足が消失しピンクは驚きのショックでバランスを崩しそのまま落下する。

『エ……エリ!エリ!』

『あっああっ私の足?私の右足の感覚が無い?あっああっ』

『ゴセイナイト!エリに何をした許さない!このランディッククローでぶん殴る!』

『成る程、お前も肉弾戦と言う訳か?果たして私まで届くかな?』

『なめないで私のスピードなら距離を縮めるのは簡単、ランディックダッシュ!貰ったわ!その化けの皮剥いでやるイエローショック!』

イエローはランディッククローを鋭いサーベルタイガーの牙のような物を装着し電光石火の如くゴセイナイトの背後を取り必殺の牙を振り下ろす。

『成る程、私がこうも簡単に後を取られるとは、しかしその牙、本当に私に届くかな?』

『何をバカな事を言ってるの?命乞いのつもり、でもエリの事を傷付けたあんたはゆ?なっ?そんな私の右手が消えた?あっああっ』

ゴセイナイトの背後を取り振り下ろされる筈だったイエローの牙、しかしイエローの右手が消失した事でその牙はゴセイナイトに振り下ろされる事なく大地に落ちイエローは無くなった右手を探し求めるように狼狽する。

『だから言ったのだここからは私のターンだと、それにお前たちの敗北などあの時すでに決まっていたすよぉフィーッシュ!』

『なっ?ゴセイナイトがざい粉に倒したと思っていたざい粉がゴセイナイトの正体?』

『確かに私たちは貴方の火花を浴びたわ、それで体が焼けるように熱く成った、それと私たちの右足、右手が無くなった事と何の関係が?』

ゴセイナイトの正体が倒した筈のスカイフィシュのざい粉と知り驚く二人、二人はざい粉の発した火花の浴び体は熱く成った、だがその事と手足が消滅した事とは結び付かず困惑する。

『確かに本来の俺の火花を浴びた者は体が火のように熱く成るだけ、しかし俺の火花には熱く成ると同時に一定の時間が立つと体が磁石化し有る物を引き付けるスよぉそしてお前らは俺の鱗を右腕に引き付けた!』

『えっ?ざい粉が今度は幽魔獣ツチノコの稀ゾに変わった?』

『確かに私たちの右腕に貴方の鱗が刺さった、それが原因で手足が消滅したの?』

次にざい粉からツチノコの稀ゾに変わり稀ゾが爆砕した時、飛んできた鱗が二人の右腕に刺さった事が原因でモネの右腕が消滅した事実を知り二人は強い衝撃を受ける。

『そして次はワタシの針を左腕に受けちゃたんだよね』

『えっイリアン?』

『そして俺の包帯が左ももに刺さったゼェ』

『嘘っ今度はゼイ腐に』

『最後に俺様の鎌が右ももに突き刺さったて訳よ!』

『お前はデレプタか?死んだんじゃないのか?』

『と言う事はざい粉からゴセイナイトまで同じ怪物の変相だったって事?』

『そっそれなら私たちがやった事っていったい?』

ゴセイナイトからスカイフィシュのザイ粉にツチノコ稀ゾ、女王蜂イリアン、ミイラのゼイ腐そいて流星のデレプタへと姿を変幻自在に変える謎の敵に二人は恐怖に怯えそしてこれまでの戦いが何だったのか困惑する。

『ふん、知れた事よ、お前らは嘘と偽りの勝利に酔っていた哀れなピエロよ』

『ピエロって何よ!』

『確かに敵を倒す度に有頂天に成り相手の策略とも知らずにまんまと嵌められた、最初から違和感は有った、あの時もう少し慎重に対処すれば違う結末も有ったかも知れないのに、そして貴方はいったい何者、こんな技はデレプタもそしてゴセイナイトも他の者の技でも無い』

デレプタから偽りの勝利に酔っていただけと言われイエローは気分を害しピンクは攻撃に違和感を持ちながらも対処しなかった自分を恥じて様々に姿を変える謎の敵の正体を追求する。

『ワテか?聞きたいのかワテの名を?』

『ワ……ワテ?』

『有るときはざい粉、そして稀ゾ、イリアン、ゼイ腐、そしてデレプタにしてゴセイナイトしかしてその実体は難波の魔術師ムカデタイガー様よ』

『ム……ムカデタイガー?』

『と言う事はこのゲームのオリジナルキャラ?それにしても何て威圧、今までの敵がゴセイナイトまで赤子に見える……』

『ム…ムカデタイガー様、貴方がムカデタイガー様ですか?これは数々の非礼をお許し下さい』

その者はざい粉からゴセイナイトまで様々に姿を変えついに自らの正体、虎さんのシンクロした鮮やかな黄色の獣の体に異形な黒い無数のムカデが絡まる事で黄色の体に黒い縞模様が入りるムカデタイガーに変わり二人はその圧倒的な威圧に震えターゲイトは数々の非礼を詫びる。

『カマヘンカマヘンあの時はワテがターゲイトの家来やったんやから謝らんかてえぇがな』

『それはそうですが、しかしムカデタイガー様も人がいや獣が虫が悪い教えてくれれば私もそれなりの対応が出来た物を』

『作戦中物は準備が肝心やからな良く言うやろ敵を騙すには先ずは味方からやとお陰で安生上手く言ったわ』

そう仲間をも欺くムカデタイガーの策略に嵌まり二人は手足をもがれ悪が圧倒的な勝利を納める。

『さぁそうこうしている内に残りの手足も消え始めてるでぇ』

『あぁ私の左足が両腕がぁあっああっ』

『左腕が両足がぁ何の痛みも無いのに無くなる感覚だけはある。これはあっああっ』

二人の残った片腕、片足、両腕、両足が消滅し二人は手足も出ない亀のように仰向けに倒れる。

『これも自業自得、ターゲイトをも欺くムカデタイガーの策略にまんまと嵌められた私たちの完全なる敗北』

『悔しいけどこれでゲームオーバークリア成らずか』

『おいおい勝手に終わらすなよ、まだまだ戦いはこれから何だから』

手足をもがれ最早、戦う事の出来なくなったゴセイジャーは敗北宣言するがムカデタイガーは戦いの続行を宣言する。

『ちょっと待って下さい、こんな姿に成って私たちに何が出来るともう貴方の勝ちで良いでしょう、こんな姿じゃ私も何とか成る成る何て言えないよ』

『まさか?こんな無抵抗な白旗を上げている私たちをまだいたぶるつもり?』

『ムカデタイガー様、流石に私も無抵抗な者をいたぶる趣味はちょっと』

二人は手も足も出ない既に敗北を認めゲームを降りた者にまだ戦いは終わってないと宣言するムカデタイガーに怯えターゲイトはそんな二人をいたぶる趣味は無いとムカデタイガー伝える。

『それは当たり前やろ、こんな抵抗も出来ない牝をいたぶって何がおもろいんや、本来、牝ちゅうもんはいたぶるもんやなくて楽しむもんやで』

『楽しむとは?』

『口で言うても分からんなぁほな、只の牝に成ったこいつらに鎧は必要無いわな、タイガーブレス!はぁー!』

『えっ?何っ何の真似?』

『あぁゴセイテクターが溶けるぅイヤぁイヤぁ見ないでぇ』

ムカデタイガーの黄色い息にで強化されたゴセイテクターが溶け素顔を晒した手足が無く隠すことも出来ないエリとモネの裸体が晒される。

『ム……ムカデタイガー様、これは?』

『何や裸は嫌いか?言うたやろメスは楽しむもんやとこれから第二幕、肉弾戦の始まりや、ターゲイトも立派な雄、どや興奮するやろ?』

『わ……私は別にこのような物には』

そう言ったターゲイトだったが

『何や聞くまでも無い体は正直なようやな』

『こ……これは違う私は断じてそのよな事は』

『えぇがなえぇがなそれがメスの裸をすかんオスはおらへんオスの本能なんやから恥ずかしゅう事はあらへんあらへん』

否定するターゲイトだったが体は正直で股間の雄の象徴物が硬く突起する。

『イエローは好きにして宜しいからな、せやけどワテは他人に交尾を見られるんのはスカンねん、その意味はターゲイト分かるよな』

『はっ……はいっ分かりました私はイエローと別空間に行きます!それっ!』

『えっ?あっああっエ…エリ……』

『モ……モネ!モネ!』

ターゲイトは左腕の巨大な角に電磁波を発生させ空間の歪みを作りモネと一緒に空間の歪みに消える。

『モネ!モネをどこにヤったの?』

『そないな事、ターゲイトの別空間に行ったんやろ!そんなに会いたいんやったら近いうちに会わしたるがな、その前に楽しもか』

『えっ?うっ何をい……痛い何かが大事なところを攻撃してる?いったいどうなってるの?ぎゃあぁ痛い痛い私に何をしてるの?ぎゃあぁあっああっ!』

空間の歪みに消えたモネを心配するエリ、ムカデタイガーは股間のムカデを雪原に這わしエリの股間の位置まで来ると処女膜を抉じ開けるように強引にエリの肉壺に侵入しエリは手足が無いため起き上がる事も出来ず突然の肉壺を襲う痛み断末魔の声を上げる。

『さてっスカイック族のお前にはお空の散歩が快適やろ』

『えっ?あっああっあっああっ』

エリの処女膜を貫いたムカデはそのまま上昇しまるで凧上げのようにエリを天まで持ち上げる。

『ほれっほれっどやぁどやぁ空の交尾はめっちゃ快適やろ』

『あうっあっああっぎひっぎひっやぁやぁ止めて止めて動かないでぇぎひっぎひっ』

空中で突かれる事は快適どころか苦痛以外の何物でも無いムカデの足が伸びてエリの体に絡まる事でエリは騎乗位に似た感じで自ら動かされ自ら地獄の苦しみを味わいエリの肉壺から鮮血が流れムカデを伝い下のムカデタイガーに赤い滴が落ちる。

その頃、異空間に送られたモネは

『わ……私をどうするつもりよぉ』

『うるさい黙れ、それを今、考えている。くそぉ暴れたくてしょうがないのに、こんなイエローと戦っても何の意味も無い』

異空間では先ほどの戦いで全く出番の無かったターゲイトが戦いたくてウズウズしているが手足の無いイエローが相手では全くヤル気が出ずイライラを募らせる。

『おっと約束やったなほなっお仲間の所まで行きまひょか?向こうは向こうでお楽しみの真っ最中や思うけどな』

『エリはどうしてるだろう?』

『あっああっうっうっ』

『えっ?エリ?酷い酷い何でこんな……』

『モ……モネ……良かった……無事……うっあうっあっああっ』

『何っ俺様の空間に入って来ただと?』

戦いたくてウズウズしているが無抵抗なモネとは戦う気に成れないターゲイト、自分がどうなるのか不安で堪らないがエリの事が気になるモネの二人の世界にムカデタイガーと強制的にセックスしながら無惨な姿のエリがやって来る。

『やっ……止めろ!エリを離せ!』

『離せ言うてもがっちりワテの息子をくわえこんでるのはこのメスやでワテは何もしとらん』

『あうっあっああっうぐっひっひぃひぃ』

モネはエリの悲惨な姿に激怒し手足が無い為、何も出来ないが言葉がだけで止めるよう訴えるが、ムカデタイガーは勝手にエリが動いているだけで何もしていないと惚けるが実際はムカデタイガーのムカデの足でエリの体を持ち上げるようにピストン運動をしている為、エリの意思で動いて無いのは明白である。

『何や何や楽しんでいると思うとったら何もしとらんのかターゲイト』

『えっ見えるのですか私が?』

『無論やワテとその股間のムカデは一心同体、そこの状況は筒抜けやで、それにしてもターゲイトお前は戦いたいんか?』

『そっ……それは……』

ムカデタイガーとムカデは一心同体でムカデを通して異空間の情報は筒抜けでターゲイトはムカデタイガーに心理を読まれた事で動揺する。

『何や素干しか?まぁ人のプレイスタイルにとやかく言うつもりは無いんやけど、難儀な性分やな、分かったそんなん戦いたかったら思う存分やったらえぇ四体返還!』

『えっ?あっああっ私の手足がえぇ違うこれはイヤぁ』

ムカデタイガーはターゲイトの戦い心を汲み取りモネの失った手足が返すがモネはその手足を見て驚愕する。

『こ……これは稀ゾの右腕、イリアンの左腕、デレプタの右足にゼイ腐の左足、イヤぁこんな手足イヤぁ私の手足を返してよぉ』

『贅沢を言うんや無いで、しゃないやろお前の手足は消滅したんや他の手足で我慢しいや、天装術は使えるよってにな』

モネの体に映えたのは慣れ親しんだ自らの手足では無く四体消滅の儀式で手足を消滅させた稀ゾ、イリアン、デレプタ、ゼイ腐の手足が代わりに映えた事でモネは激しいショックを受ける。

『天装術が使える?この体で』

『あぁターゲイト相手に武器も無しじゃ勝負に成らへんやろ、天装術を思い浮かべてみぃ思う通りの武器や技が使える筈やで、ターゲイトもその方がえぇやろ』

『はっいたみいりますムカデタイガー様、はいっ戦うなら武器も持たない女と戦うなど私のプライドが許さないので、これで戦う楽しみが出来ました』

ムカデタイガーの計らいでモネは自分の手足じゃなくとも天装術が使えると分かり戦いたくてウズウズしていたターゲイトはムカデタイガーに感謝する。

『ホンマ難儀な奴やな?戦い何てつまらん事に体力を使う何てワテには理解出来んやっぱワテはメスは楽しむに限るで』

『あっああっうっうっあぐっあっああっひぃひぃ』

『エ…エリ!エリ!だからエリに手出しするな!待っててエリ絶対私が助ける!本当に天装術が使えるの?えいままよタイガーバレットえっ?嘘?カードも無しにタイガーバレットが?』

モネはムカデタイガーにいたぶられるエリを助ける為、タイガーバレットを思い浮かべるとタイガーヘッダーのカードが無くてもタイガーバレットが借り物の稀ゾの右手に装備される。

『これで思う存分、やりあえる!来い!』

『ターゲイト、私のターゲットはお前じゃない、エリ今、助ける!』

『な……何っ?』

『うっ……あっああっ!』

『えっ何で?』

モネはタイガーバレットをターゲイトでは無くエリを貫くムカデでに放つが突然、エリが苦しみ出した事に驚く

『おいおい、相手が違うやおまへんか観客に銃を向けるなど戦士の風上にもおけん奴や』

『どっ……どうしてエリが?』

『どうしてもこうしてもあるかいな、ワテとこのメスは一心同体、ワテへの攻撃は全てそのメスに行くんや、最も今のは忠告、楽しんでるメスが死んだらたまらんさかいな、だから今の攻撃はワテもあえて受けてやった、お陰でワテの薄皮一枚は傷付いたで、だが今度はそうはいかん、今度、ワテにおかしな真似してみぃ今度は全てこのメスが受ける事に成るでぇ』

どうやらエリとムカデは一心同体らしくモネが攻撃すればその攻撃はエリに向かい忠告の為、今の攻撃だけは御互い受けた為、エリも致命傷には成らなかった。

『お前の浅はかな考えはお見通しや、ワテはメスが死んでも一向に構わん何せ生きの良いメスがまだいるよって、ワテとやりあいたいんやったら先ずはターゲイトを倒しその空間を消してワテの所までこれたらヤったてもえぇでぇ』

『そっ……そんな……私の攻撃がエリを傷つける何て……』

『モ……モネ……私の事は気にしないで大丈夫だから、ターゲイトを』

『エ……エリ分かった、必ずターゲイトを倒して個々から出てそいつを倒すから待っててエリ』

『うっ……うんモネならきっと大丈夫、何とか成るって信じてる』

『おいおい俺様を倒すと言ったのか?それでムカデタイガー様まで倒すと、身の程知らずが、お前にムカデタイガー様は勿論、俺様を倒すのは不可能よ』

『不可能かどうかやってみないと分からないわ!ランディッククロー』

モネはエリが苦痛を我慢して応援している事を受け止め目の前の敵、ターゲイト、そしてムカデタイガーを倒す決意を硬めランディッククローを装備する。

『何や何ややっとかいな?ほなっワテはコイツらと特等席で楽しみながら観戦しまひょか』

『えっ?コイツら?』

『身体生殖器!』

『こっこれは?』

『エ……エリ!』

『あうっひぎぃあっああっ』

モネとターゲイトの戦いを観戦する為、ムカデタイガーはエリ体に数10本の足を突き刺す。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.