KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [最新レス]


  木下優樹菜エロ小説

271: 名前:名無しさん投稿日:2019/08/27(火) 05:27 [PC]
更新をお願いします、

272: 名前:名無しさん投稿日:2019/09/10(火) 23:40 [PC]
番組の企画で性感マッサージを受けることになった優樹菜が
マッサージの結果発情してしまいそのまま行為におよぶ設定で書いていただけませんか

273: 名前:名無しさん投稿日:2019/09/27(金) 02:54 [PC]
お願いします!!

274: 名前:名無しさん投稿日:2019/10/12(土) 17:04 [PC]
ユッキナー贖罪のファン100人抜きなんてどうですか?

275: 名前:名無しさん投稿日:2019/10/19(土) 13:19 [PC]
今こそお願いします

276: 名前:名無しさん投稿日:2019/10/22(火) 19:01 [PC]
優樹菜「んっ!んっ!んっ!んっ…!ヂュポッ!ジュポッ!ヂュポッ…!」

薄暗い室内に木下優樹菜の声と水音が響いていた。

優樹菜「んっ、んぅ、ふぅ…ッ!」

優樹菜の頭を押さえた二つの手は
容赦なく優樹菜の口にペニスの根元から先端までの往復を強制させていた。

男「はぁ、はぁ…っ」

優樹菜は自宅前で突然拉致された。

その時から今現在に至るまで目隠しをされ、ここがどこかも、
口内を占領している肉棒の持ち主もわからないまま、
10分以上このイマラチオは続いていた。

優樹菜「うぇッ!!」

男が不意に手を緩め
肉棒から解放される。

優樹菜「はぁ!はぁ…ッ!はぁ…」

久方ぶりに口呼吸する優樹菜。

優樹菜「な、何すんだよテメー!」

視界が閉ざされたまま闇雲に凄む優樹菜。
視界はもちろん両手も後ろ手に縛られており
無力そのものの女の怒号には何の迫力もなかった。

優樹菜の口からイマラで溜まった唾液がダラダラと垂れる。

男「それはこっちの台詞だ。お前の不始末の後始末を続けている俺のな…」

優樹菜「えっ…?」
<
<省略されました> [全文を見る]

277: 名前:名無しさん投稿日:2019/10/23(水) 00:21 [PC]
新作ありがとうございます!

278: 名前:名無しさん投稿日:2019/12/30(月) 03:52 [PC]
番組の企画で性感マッサージを受けることになった優樹菜が
マッサージの結果発情してしまいそのまま行為におよぶ設定で書いていただけませんか

279: 名前:名無しさん投稿日:2020/01/14(火) 18:20 [PC]
タピオカ→離婚→不倫疑惑と怒涛の年末年始

280: 名前:名無しさん投稿日:2020/01/14(火) 22:13 [PC]
仕方ないさ
在日だからな!

281: 名前:名無しさん投稿日:2020/01/27(月) 00:20 [PC]
優樹菜「へえ〜、番組の企画でマッサージ体験ねえ、ギャラもらえてマッサージ受けれるんなら美味しくね?」

性感マッサージとは知らずに、優樹菜はこの企画のオファーを快諾した。

施術師「優樹菜様、今日はよろしくお願いします。施術を担当いたします佐藤でございます。」

優樹菜「よろしくお願いします(普通におっさんかよ。ま、いいか)」

施術師「それでは始めていきますので、下着だけつけたままで施術着を着てください」

優樹菜「はーい。、、、てか向こう行っててもらえます?下着になるんすよ?」

施術師「これは失礼いたしました。準備ができたらお声かけください。」

数分後、、、、

優樹菜の下半身からオイル、媚薬が刷り込まれていった。

施術師「やっぱり芸能界は忙しいですか?」

優樹菜「そうなんすよー!最近じゃバラエティの収録も長時間でマジきついす。」

施術師「優樹菜さん売れっ子ですからね。今日はたくさんストレスを発散してください」

優樹菜「あざっーす!」

優樹菜の足首から太ももにかけて施術師の手が何回も行き来する。

施術師「優樹菜
<省略されました> [全文を見る]

282: 名前:名無しさん投稿日:2020/01/27(月) 00:46 [PC]
新作お待ちしておりました!!
続き楽しみにしております!

283: 名前:名無しさん投稿日:2020/01/28(火) 23:32 [PC]
優樹菜は恥ずかしい下着姿のまま、全身にオイルを塗られていった。

施術師「優樹菜さん、いかがですかあ?(ニヤリ)」

優樹菜「ん・・あっ・・う・・うん、いいんじゃないスか・・・ねえ?」

施術師の手は優樹菜の体中をいやらしく駆け回り、優樹菜も媚薬のせいで感じ始めていた。

優樹菜「(ヤバイ、、、なんか、変な声出てる、、なんで!?こんなおっさんの前で。ダメ、我慢しなきゃ。番組だし。)」

優樹菜はマッサージされながら必死にこらえた。しかし優樹菜の全身はすでにオイルがべっとり・・・

パンツとブラもオイルで大事な部分が透け透けの状態だった。

284: 名前:名無しさん投稿日:2020/01/29(水) 19:49 [PC]
続きありがとうございます!

285: 名前:名無しさん投稿日:2020/02/07(金) 21:03 [PC]
更新お待ちしております

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.