KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [最新レス]


  木下優樹菜エロ小説

262: 名前:名無しさん投稿日:2019/06/20(木) 19:56 [PC]

ハワイに家族旅行に訪れた木下優樹菜。
水着姿でビーチで過ごしていた。

優樹菜「ちょっと飲み物買ってくるわ」

フジモン「おおう、何でもいいから頼むで」

優樹菜は子供たちをフジモンに任せ人の多いビーチを歩き浜辺の売店へと向かった。

???「ヘイ、ガール」

優樹菜「あん?」

すると途中で黒人男性が話しかけてきた。
当然英語はまるっきりわからない優樹菜だったが
適当にオーイエス、アーイエスなどと言い
黒人をあしらおうとする。

黒人『こっち来な』

優樹菜「はっ?」

優樹菜の腕を掴む黒人。
そのままビーチにあるシャワー室に優樹菜は連れ込まれた。
中には他に2人の黒人が待ち構えていた。

優樹菜「ちょっと!何だよ!ユキナに用なの?!」

黒人「へへっ」

黒人は短パンを下ろした。

優樹菜「!?」

驚く優樹菜。
突然チンコを出した事に対する驚きよりも
そのサイズに驚いた。

優樹菜「デカッ?!」

長さ太さ共にフジモンの2倍はある巨根。
他の2人の黒人に身体を抑えつけられ
跪かされる優樹菜。

優樹菜「や、やめろって!オイ、コラ!」

必死の抵抗も黒人の力にかなうはずもない。
黒人は優樹菜に何かを話しかけてきたが
その言葉の意味はわからなかった。
しかし顔の前に差し出された反りかえったペニスを見て
何を要求しているのかは言葉を介さずとも理解できた。

優樹菜「くっそぉ…何でこんな事に…」

行為を拒絶して暴力を振るわれる前に
要求に応えてこの場を乗り切る事にした優樹菜は
黒人ペニスの先端を口に咥え込んだ。

優樹菜「うっんぅぅ…」

その巨根を根元まで咥え込むことは不可能に近かった。
そのため優樹菜は先端を口に咥えて
手でペニスをシゴいた。

優樹菜「んぅ…んっ、んっ…」

舌で口の中の鬼頭を舐めながら
自分の手首ほどある巨根を
力いっぱいシゴく優樹菜。

黒人は気持ちよさそうな顔で
フェラを始めた優樹菜を見ていた。

他の2人も優樹菜の隣でおもむろにパンツを下ろし
揃いも揃って勃起した巨根を露出させる。

優樹菜「(うっわ、他のヤツのもメチャでけぇし…)」

黒人特有の巨根揃いに戦慄を覚えつつ
目の前のペニスをしゃぶりシゴき続ける優樹菜。

優樹菜「んぅぅ……ンッ…」

すると黒人は唸り声をあげ
優樹菜の頭を掴んだ。

優樹菜「んん!?」

身震いしながら
優樹菜の口の中で射精する。

優樹菜「うぶっ?!うくっ…!」

生暖かな粘液が優樹菜の口の中に広がる。
その苦みは万国共通だった。
黒人はゆっくりと優樹菜の口からペニスを抜いた。

優樹菜「ぷはっ!はぁ…う…ぅん…」

優樹菜は吐き出された精液を飲み込んだ。

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.