KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [最新レス]


  木下優樹菜エロ小説

01: 名前:名無しさん投稿日:2013/08/15(木) 19:24 [PC]
人妻になったとはいえ、まだまだヤリたい盛りの木下優樹菜。
今日もたまたま仕事で一緒になった若い無名イケメン俳優、
森田に優樹菜はお持ち帰りされた。

『ギシッ、ギシッ、ギシッ、ギシッ』

優樹菜「んっ、んっ、あっ…」

薄暗い部屋にベッドの軋む音とハスキーな喘ぎ声が響く。

森田「はぁ、はぁっ…」

息を荒げながら優樹菜の太ももを掴み、正常位で優樹菜のアソコを突く森田。
優樹菜の太ももには脱ぎかけの黒いパンツが引っかかったままだ。

優樹菜「あ、はぁ…。森田クンのでっかいね…、奥までガンガンきてるよ…」

森田「優樹菜さんの凄い締まり良いっす…、あ、出そう…」

先月二十歳になったばかりだという森田は腰の動きを速めた。

『ギシッ!ギシッ!ギシッ!ギシッ…!』

優樹菜「あっ、うっ!んっ、んっ、ん…っ!」

森田の激しいピストン運動と共に優樹菜のDカップのおっぱいも大きく揺れた。

優樹菜「抜かなくていいから、…あんっ!そ…のまま出して…」

森田「えっ!?いいんスか?!」

優樹菜「その方が気持ち良いっしょ…?あっ、あっ…
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:名無しさん投稿日:2013/08/16(金) 02:06 [PC]
いいですね

03: 名前:名無しさん投稿日:2013/08/16(金) 10:11 [PC]
嵐ニノ宮 対 木下 桐谷 北川 里田まい スザンヌ の大乱交で

04: 名前:名無しさん投稿日:2013/08/22(木) 22:37 [PC]
翌日、若手俳優、森田が住むマンション。
昼の12時。
直射日光が窓から部屋の中に差し込む。
外は灼熱の熱さだ。
クーラーの冷房をガンガン効かせた森田の部屋では、
朝から今までベッドが軋む音が鳴り止むことなく続いていた。

『ギシッ、ギシッ、ギシッ、ギシッ』

優樹菜「うっ、はぁ、はぁ…んっ…」

外村「うぁっ…やべぇ気持ち良い…」

ベッドで全裸になった優樹菜を正常位で突いているのは森田の友人、外村。
この外村の他に部屋には2人の男がいたが、
その中に部屋の主、森田はいなかった。
森田は朝早くから仕事へ出かけていたのだ。

外村「はぁ〜、ユッキーナのおっぱい柔らけ〜…っ」

優樹菜「んっ、んっ、あっ…あんっ」

優樹菜の両胸を上から鷲づかみにして揉み、笑みを浮かべる外村。
勃起した肉棒は優樹菜のアソコに出し入れしっぱなしである。

寺田「いやぁ、しかし驚いたな。森田が『木下優樹菜お持ち帰りした』ってメールしたもんだから
   来てみたら、マジだもん」

優樹菜と外村がSEXするベッドに座ってスマホをいじる寺田という男が言った。
<省略されました> [全文を見る]

05: 名前:名無しさん投稿日:2013/09/19(木) 09:33 [PC]
ある日の夜、仙台にある田中将大、里田まいの自宅。

『ギシッ、ギシッ、ギシッ…』

里田「あんっ、あんっ、あんっ…」

田中「はぁ、はぁ…っ」

今日もベッドの上で里田まいで性処理を行うマー君。

里田「あんっ…マー君、そろそろ優樹菜来ちゃうよ…っ」

田中「大丈夫…もうイクから…っ」

里田の細く長い脚を脇に抱えて里田のマ●コに肉棒を出し入れするマー君。
太さ、長さ共に一般人を遥かに上回るマー君の巨根に里田も最初は苦労していたが、
連日連夜抱かれる事で里田のマ●コはマー君の巨根をしっかりと咥え込める形に変化していた。

里田「あっ、あっ、あっ…!」

田中「はぁ…!まいちゃんのアソコ最高だぁ…ッ!」

今日はたまたま仕事で仙台まで来ていた優樹菜は二人の自宅に立ち寄る事になっていた。

田中「うっ!」

『ビュッ!ビュ、ピュッ!!』

里田「はぁん…っ!」

夫婦のため当然、里田まいの膣内に射精するマー君。

『ピンポーン』

里田「あっ」

優樹菜がやって来た。

優樹菜「お邪魔しまーす」

里田「どうぞ
<省略されました> [全文を見る]

06: 名前:名無しさん投稿日:2013/10/02(水) 01:54 [PC]


07: 名前:名無しさん投稿日:2013/10/08(火) 17:39 [PC]
男子校の高校学園祭にゲストとして登場した木下優樹菜。
この日の優樹菜は露出度の高い衣装でステージ上のト−ク等を行った。
それを見てムラムラする男子生徒達。
その中の1人がステージ袖で休憩中の優樹菜に
差し入れに紙コップに入った麦茶を手渡した。

優樹菜「お、ありがと。君、名前は?」

学「マナブです…」

優樹菜「ゴク、ゴク…ぷはぁ、学クン、気が利くねぇ」

優樹菜は紙コップを空にして飲み干した。

学「……」

学はニヤリと笑った。
すると優樹菜を急に眠気が襲った。

優樹菜「あ…、ふぁ…っ。あれ?」

学「どうしました?」

優樹菜「ちょっと…何だろ…急にメチャクチャ眠たくなってきた…」

頭がぼ〜っとしてくる優樹菜。

学「大丈夫ですか?」

学は辺りをキョロキョロ見渡し、
誰も見ていない事を確認すると介抱するフリをして優樹菜をステージ袖から連れ去った。

優樹菜「う…」

暫くして優樹菜が目を覚ますと
そこは薄暗い部屋の中だった。

優樹菜「……え?何ここ…?」

起き上がろうとして身体が動かない事に
<省略されました> [全文を見る]

08: 名前:&投稿日:2013/10/08(火) 20:02 [PC]
最高です

09: 名前:名無しさん投稿日:2013/10/08(火) 23:01 [PC]
薄暗い部屋で男子高校生、彰一に正常位で突かれる優樹菜。

『ズプッ、ズプッ!ヌプッ、ヌプッ…』

優樹菜「んぁっ、んっ、あん…」

彰一「なんだ、優樹菜も感じてるじゃん」

優樹菜「だ、誰が…ガキのチンポなんかに…」

彰一「ん…!?ハメられてる癖に生意気な女だな…!」

サッカー部所属の彰一は優樹菜の腰を掴み、
強烈なピストン運動を開始した。

『ズプッ!ズプッ!ズプッ!ズプッ!』

優樹菜「あはっ?!あっ!あっ!あんっ!あんっ!」

優樹菜のマンコに男の肉棒が高速で何度も出入りし
大きな胸が前後に大きく揺れる。
周りで見ている男子高校生には刺激的すぎる光景だった。

彰一「はぁ!はぁ!オラっ!どうだッ!?」

優樹菜「んっ!んっ!はあ…!あんっ!あんっ!あぅ…」

我慢できなくなった何人かの生徒は優樹菜の元に駆け寄り
揺れるおっぱいを鷲掴みにして揉みながら
自らのペニスをシゴき始めた。

学「…おや、待ちきれない人もいるんだね」

彰一「はぁ、はぁ…っ、やべぇ、イキそう…っ!」

優樹菜「あっ、あんっ…!だ、出す
<省略されました> [全文を見る]

10: 名前:名無しさん投稿日:2013/10/08(火) 23:22 [PC]
ゆっきなーいいですねー

11: 名前:名無しさん投稿日:2013/11/05(火) 13:00 [PC]
良介「うあぁあっ!出るぅっ!!」

元気に腰を振っていた良介がうめきながら優樹菜の膣内に射精した。

『ビュルッ!ドピュッ』

優樹菜「んくぅッ!!」

良介「うぅっ…、ふぅ…」

射精し終え、優樹菜のマンコからペニスを引き抜く良介。
代わって続く浩一が優樹菜のマンコにペニスを挿入した。

優樹菜「あぁっ…ン」

浩一「うおッ?!スゲ…」

浩一は初めて生で挿入する感覚に驚きつつ
優樹菜のくびれを掴んでペニスの出し挿れを開始した。

『ヌプッ、ヌプッ、ジュプッ、ジュプッ…』

優樹菜「んぁっ、あん、んっ、んっ…」

チンポの出入りによって
優樹菜のマンコから掻き回せれ泡立った精液が垂れる。

優樹菜「あン…っ、止めて…もう、アソコおかしくなっちゃうから…」

浩一「ヤリマンなんだから大丈夫だろ?はぁ、はぁ…」

手足を床に取り付けてある拘束具によって
完全に固定された優樹菜は何一つ抵抗できないまま
男子高校生とのSEXを続けた。

浩一「はぁ…気持ち良い…。おい、そろそろ出すぞ…っ」

優樹菜「はぁ、はぁ…、んっ、
<省略されました> [全文を見る]

12: 名前:名無しさん投稿日:2013/11/06(水) 10:22 [PC]
夕日が差し込む放課後の教室に入った学と木下優樹菜。
今はテスト前で部活もなく校舎全体が静寂に包まれている。

優樹菜「まだ終わらないの…?」

学「…後ろ向いて」

優樹菜「え…?」

学は後ろを向いた優樹菜の手に手錠をかける。
続いてまたこちらを向かせて
着ている上着のボタンを外した。
中に着ていたシャツもブラも引き裂かれているので
上着の下はそのまま地肌だった。

優樹菜「ちっ、お前…」

学「口が悪いなぁ、木下さんは」

学は後ろ手に手錠をした優樹菜の上着を腕の辺りまで脱がした。
そして優樹菜のDカップの胸を鷲掴みにして揉み始めた。

優樹菜「んっ…」

学「25人の男とエッチした後だしカラダが敏感だね」

学はすぐにピンと勃った優樹菜の乳首をクリクリと指でこねくり回した

優樹菜「あんっ…!はぁ…、はぁ…」

続いて学はノーパンの優樹菜のミニスカートの中に手を入れた。
中指を優樹菜のマンコに根元まで挿れて中を掻き回す。

『グチュッ!クチュッ、クチュ』

優樹菜「んん…ッ!!」

学「25人分の精液がこの中に
<省略されました> [全文を見る]

13: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/13(金) 11:23 [PC]
45

14: 名前:無しさん投稿日:2013/12/29(日) 15:25 [PC]
更新して

15: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 00:09 [PC]
アイデア下さい!

16: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 00:17 [PC]
ゆっきーなの公開オナニー放送

17: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 07:40 [PC]
それ以外でお願いします

18: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 14:52 [PC]
収録中ゆっきーながオナニー

19: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 19:56 [PC]
オナニーは無い

20: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 21:02 [PC]
ゆっきーなの公開自慰

21: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 21:06 [PC]
自慰も無理

22: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 21:37 [PC]
なんでですか

23: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 21:54 [PC]
とにかく駄目

24: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 22:08 [PC]
何なら有りですか?

25: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 22:40 [PC]
自慰とオナニー以外

26: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/30(月) 22:43 [PC]
使えねーな

27: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/31(火) 10:41 [PC]
アスリート達に犯される希望

28: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/31(火) 10:42 [PC]
アスリート達に犯される
を希望します

29: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/31(火) 18:33 [PC]
公開自慰

30: 名前:名無しさん投稿日:2013/12/31(火) 18:55 [PC]
都内のある陸上競技場にアスリート達が集結し、
様々な種目で競い合うという企画の特別番組に出演中の木下優樹菜。

優樹菜「いや〜、元気サンの太もも半端ないッスね。触っていいッスか?」

元気「あぁ…うん、いいよ」

収録の合間の休憩時間中、槍投げのディーン元気選手にボディタッチする優樹菜。
元気の目には優樹菜のミニスカから伸びる細い太ももや、
胸元から覗く深い胸の谷間がガンガン飛び込んできた。

優樹菜「うあっ、超太いし硬いし…。チンコも凄そうッスね」

元気「え?」

優樹菜「あっ、すいません!いきなり下ネタとか…ドン引きッスよね…」

元気「…見たいの?」

優樹菜「……!」

優樹菜は顔を赤くしながらも静かに頷いた。
競技場内の更衣室に入る2人。

『パンッ!パン!パンッ!パンッ!』

優樹菜「んっ!うう…っ!あっ!…んぅっ!」

元気「ハッ!ハッ!ハッ…!」

優樹菜の両腕を掴みながら立ちバックで突く元気。

優樹菜「あっぐ…!凄っい…こんな太いの初めてッス…!」

元気「俺もこんなすぐヤラせてくれる女性は初めて
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.