KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [最新レス]


  木下優樹菜エロ小説

01: 名前:名無しさん投稿日:2013/08/15(木) 19:24 [PC]
人妻になったとはいえ、まだまだヤリたい盛りの木下優樹菜。
今日もたまたま仕事で一緒になった若い無名イケメン俳優、
森田に優樹菜はお持ち帰りされた。

『ギシッ、ギシッ、ギシッ、ギシッ』

優樹菜「んっ、んっ、あっ…」

薄暗い部屋にベッドの軋む音とハスキーな喘ぎ声が響く。

森田「はぁ、はぁっ…」

息を荒げながら優樹菜の太ももを掴み、正常位で優樹菜のアソコを突く森田。
優樹菜の太ももには脱ぎかけの黒いパンツが引っかかったままだ。

優樹菜「あ、はぁ…。森田クンのでっかいね…、奥までガンガンきてるよ…」

森田「優樹菜さんの凄い締まり良いっす…、あ、出そう…」

先月二十歳になったばかりだという森田は腰の動きを速めた。

『ギシッ!ギシッ!ギシッ!ギシッ…!』

優樹菜「あっ、うっ!んっ、んっ、ん…っ!」

森田の激しいピストン運動と共に優樹菜のDカップのおっぱいも大きく揺れた。

優樹菜「抜かなくていいから、…あんっ!そ…のまま出して…」

森田「えっ!?いいんスか?!」

優樹菜「その方が気持ち良いっしょ…?あっ、あっ…!」

中出しOKのサインが出たため森田はそのまま気兼ねなく腰を振る続けた。

『ギッ!ギッ!ギッ…!』

優樹菜「アンッ!アンッ!アンッ!」

森田「うぁぁ…っ!出るっ!!くぅぅぅ……ッ!!」

森田は優樹菜をギュッと抱きしめながら膣内射精を行った。

『ビュッ!ビュルルッ!!ドピュッ…』

優樹菜「んっ!んん…ッ!?」

激しく揺れ動いていたベッドが静かになった。
その後、暫し静寂が続いたかと思うと再びベッドは揺れ動き始めた。

『ギシッ、ギシッ、ギシッ…』

優樹菜「んっ、あっ、あっ…あんっ…、はぁ…若いって凄いね…」

森田「何言ってるんですか…。優樹菜さんもまだまだ若いですよ」

優樹菜「いや、ダンナとの比較で…」

今度は四つん這いになった優樹菜をバックで突く森田。

森田「もう…深夜0時回りましたけど…、大丈夫ですか?」

優樹菜「はぁんっ…、ん…女友達の家に泊まったって言う…から…あんっ…」

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [最新レス]


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.