KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 友人/知人/身内  ■ Headline ■ HOME    

友人/知人/身内トップへ ▼カッ飛び最後 


  夜は眠った妹に@

01: 名前:名無しさん投稿日:2019/09/29(日) 17:16
俺スペック:小5、クラスで3番目に背が小さい、手指もチンコも小さい

妹小3:並みの背丈でやせ形、子供らしく可愛く二重、ロングヘアー、つるぺた

思い出しながら メモ程度にここに書き留めておこうと思う。

小3の頃から 覚えたオナニーに毎日明け暮れていた、精通を迎える前だから イッても チンコが痙攣するだけ。

妹とは二人兄妹で 、一緒に風呂も入り 夜は子供部屋で仲良く寝る ごく普通にある兄妹の姿だった。

俺は普段から 妹の裸やアソコを見ることは容易かったのだが、女性として意識し始めたのが小5になってから。

いわゆるエロ本や性教育で セックスを覚えて、妹に手を出したくて堪らなくなったのだ。

妹は眠りがとても深く 揺すってもなかなか起きなかった、子供だったからだろうか?
服を捲ったり、脱がすのは簡単だ。

妹が眠ると 軽く揺すって、薄目の奥の眼球を見る、 眼がゆっくり動いて反応が無ければ 問題ない。

唇にキスをして 舌を少し入れ唾液を送る、噛まれないように 少しだけ。
キャミソール(プール後に着替えるときのバスローブみたいな造り)のフロントホックをゆっくり外すと、ほんのごく僅かに膨らんだ胸が現れた。

女性の恥部だと思うと、僅かな乳首でも見ていて興奮する。
そのままホックを全て外し、真っ白な子供パンツを脱がしていく、全く起きる気配はない。

細い太股の付け根に やや膨らんだ縦スジと尖ったクリ皮が見えた、妹のアソコだ。

真っ暗な部屋の中、ライトで妹の股間を照らし デジカメで何度も撮影した。
アソコを開いて閉じて、クリ皮を剥いてみたりる。
薄ピンク色の処女膜が小さな口を開けて ぬるぬると光っていた。

口をつけゆっくり舌でアソコを舐めていく、臭いは無い。(新品家電みたいな臭い? クサい訳ではなく 無垢な匂い)

10分くらい味わった後に 、今度は中指を唾で濡らして 膣口にゆっくり挿入していく。

妹の呼吸に合わせて、吸ったら止めて 吐いたら5ミリ進む ゆっくりとゆっくりと。

俺の細い指が妹の体内に吸い込まれていく、口を狭めたような肉厚の壁に包まれ 奥へ奥へとぬるぬる入っていった。
やがて 指先に尖った硬いものが触れる「子宮」だ!
妹に赤ちゃんを育てる器官が存在していて、本当に女性であることを確信する貴重な感覚だ。

見た目にも 内面も妹は女なのだ。

妹の体内に入っている指を時間をかけて上下左右に伸ばすように動かし、慣らしていく。
毎回必ず 拡張しようと 丁寧に筋肉を指でほぐしていった。
指を入れたまま 片手でチンコをコスってのオナニー、生身のオカズは堪らなく興奮して何度もイッた。

小5の秋には 指も楽に入るようになり
処女膜も拡がる範囲が増え伸びたようで、入り口の抵抗は弱くなっていた。

俺のシメジ茸並に先細い包茎チンコを皮剥いて 唾で濡らし、膣口にあてがう。
今まで何度も入れようと試みたけど、痛むのか 妹は寝返ったり起きそうになって 失敗の連続だった、「あと少し…、今夜こそは」毎晩妹のアソコと向き合ってきた。

激しい心音と呼吸を落ち着かせるように息を調えて チンコに集中する、
グ… ヌ…グ…、
ヌポォ!!

え…? え…? うそ!?

入った‼‼ チンコが入った‼‼

脳内に音が聴こえた、妹の身体に…、妹の股にチンコの先が埋っている!

脳内が感動と快感でグチャグチャになって、激しくイッてしまった。

精液は出ないから、痙攣するだけ。
動かなくても締め付けられて チンコが溶けるように気持ちよかった。

初めて妹とセックスをした
親、友人、あらゆる人の顔が浮かんで
罪悪感に襲われながら 快感でチンコが痙攣する。

チンコが萎えるまで ずっと動かずにいた。

快楽を楽しみ 落ち着くと
妹の服を元に戻し、キスをして
眠りについた。

Aへ続く 小6編

sage:   
  名前: メール:
  本文:

友人/知人/身内トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.