KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 友人/知人/身内  ■ Headline ■ HOME    

友人/知人/身内トップへ ▼カッ飛び最後 


  姪の陽菜と

01: 名前:名無しさん投稿日:2019/09/25(水) 04:45
姉貴夫婦は18でデキ婚した、うちの隣に家を建てた
陽菜は女の子のくせに男の子みたいにヤンチャだった
その日は陽菜は俺の部屋のベットでゴロゴロしながら俺のゲームしてた、陽菜は5年生
俺 陽菜そろそろ帰れよ
陽菜 いいしょ、ねぇーにいにいはエッチしたことある
俺は飲んでたジュース噴出した
陽菜 汚い
俺 お前なんて言った
陽菜 だからエッチしたことあるって
俺 ねぇよお前は
陽菜 あるわけないしょ
俺 本当かぁ、調べるぞ
陽菜 いいよ
俺は遊び半分で陽菜の横に座ってスカートめくろうとしたでも陽菜は嫌がる気配ない
そのままパンツ脱がすとツルツルのあそこを見た途端興奮してきた
俺 おーきれいだな〜
陽菜 そんなに見ないでよ恥ずかしい
俺 こんなに奇麗なら見たくもなるよ、よしチェックだぁ
俺は陽菜のあそこを舐めだした
陽菜 きゃあー
俺 どうした
陽菜 だって気持ちいいんだもん一人でするより気持ちいい
俺 一人でしてるのか
陽菜 するよ
舐めてるとお袋に呼ばれて買い物に行くからと出かけた
俺 これで二人だけだぁ
二人で裸になった
陽菜のおっぱいは少し膨らみ舐めてしまった
陽菜 キーキー気持ちいい〜
俺 そうだろう気持ちいいだろう
陽菜 にいにいの舐めていい
俺 わかるのか
陽菜 ママのいつも見てる
俺 よし舐めてくれ
陽菜はゆっくり舐めだした
俺 おー気持ちいいぞ〜陽菜〜
陽菜はしゃぶりだした
俺 おーおー陽菜〜
陽菜 気持ちいいの〜
俺 気持ちいいよ〜
陽菜はよく姉貴の見てるのか結構上手くすぐに出てしまった
俺 気持ちよかった
また陽菜の舐めだした
そのうちおふくろ帰ってはたから慌てて服着た
その日は陽菜は俺の部屋で寝ることにした、いつものことだから親も姉貴もいつものことだと疑いもしなかった
風呂に入り寝ることにして部屋に行くと陽菜はもう裸で一人であそこ触ってた
俺は部屋の鍵閉めて俺も裸になった
それから毎日はあやましられるから週に何回かは陽菜は俺の部屋に泊まり舐めあった
陽菜が中1の時だった、その日は親も姉貴夫婦も親戚の結婚式があり泊まりがけで出かけたが俺も陽菜もあまり知らない親戚だから二人で留守番することにした
俺 陽菜入れていい
陽菜 うん
そのころには陽菜のまんこにはバイブも入るようになってたからすんなり入った陽菜も痛がることもなくそのまま陽菜の中で出した
陽菜 全然痛くなかった
俺 よかったじゃん
陽菜 ねぇリビングでエッチしょうよ
俺 いいよ
下に降りてソファや床、テーブルの上、風呂場なとで朝までエッチしまくった、気づいたら寝てた
陽菜 にいにいばぁばぁから電話だよ
俺 あー
お袋 まだ寝てたの
俺 休みの日くらいいだろう、なによ
お袋 こっち天気悪くて帰れないから陽菜のこと頼むよ
俺 わかったわかった、ゆっくりしてきてやぁ
電話切った
俺 向こう天気悪くて帰ってこれないって
陽菜 やたぁ、これでまたエッチできる
じゃあするか
陽菜 うん
飯食べてから、一日中俺の部屋でセックスしまくった、陽菜はまだ生理来てなかったからすべて中に出した
陽菜 何回したのかな
俺 わからん
その晩は俺も陽菜も疲れ果てて寝てしまった
夏休みだったから、10時過ぎに起きると陽菜はいなかった、テーブル上に友達とプール行ってくると手紙おいてあった
夕方親も姉貴夫婦帰ってきた
それから陽菜とはセックス続けた
今というと陽菜も俺も結婚した、陽菜の子供は間違いなく俺の子供、もう少ししたらDNAで調べる予定
俺は平日が休み、陽菜は専業主婦だから週に1度はラブホで愛し合ってます
お袋に一度疑われたことある
適当なこといって誤魔化した

sage:   
  名前: メール:
  本文:

友人/知人/身内トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.