KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : お気に入り/殿堂  ■ Headline ■ HOME    

お気に入り/殿堂トップへ ▼カッ飛び最後 


  パーティーの終焉

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/04/14(月) 22:35
 加藤弟が枕の位置で、美奈子の両腕を押え付けながら座り、乳房を自由自在に好き勝手揉み回している。
 加藤兄は亀のような体勢で美奈子の股座に顔を埋め、性器を愛撫している。
 加藤兄弟は会話も交わさず、淡々と美奈子の体を陵辱していった。
加藤弟の両手は、美奈子の乳房を握るように揉み、人差し指と親指で乳首を捏ね回している。
美奈子は眉間に深い皺をよせ眉をひそめて、苦痛の表情でゆっくりと体をよじっている。
加藤弟の手には手加減も容赦もない。美奈子にとっては数時間の間、甚振られ続け痛みしか感じなくなっている乳房だが、加藤弟は、ただ自分が揉みたい様に揉み、荒々しく美奈子の乳房を揉み潰し、乳首を実験でもしているかのように弄くっている。
加藤にとってはやっと順番が回ってきた美奈子の乳房、欲望が爆発しているようだった。
 加藤兄も、先ほどまで色々な醜いペニスが挿入されていた事など関係ないかのように美奈子の性器を激しく舐め回し、太ももの内側からお尻の方まで、舌を這わせて美奈子の性器と肌を味わっていた。
 美奈子は見ず知らずの男たちに、どんな侮辱的で屈辱的な事をされてもたいした抵抗もできない。今の美奈子には、羞恥心も無ければ、屈辱感も感じない。基本的な痛みとかの刺激に少し反応するくらいで、まさに大人の体をした赤ちゃんみたいなものだった。
「おい、交替するか?」という加藤兄の言葉で、加藤兄が上半身を、加藤弟が下半身を責め始めた。
 加藤兄は美奈子の乳房に顔を埋め、乳首を中心に乳房全体を舐め回す。
 加藤弟は美奈子の性器に、指を入れ中を捏ね回している。
兄弟でも女の体の楽しみ方が違う。舌で楽しむ兄と、指で楽しむ弟。
 加藤弟の指の動きが激しくなるにつれ、美奈子の性器から、淫靡な音が聞こえてくる。
その音に反応したのか、「どっちが先に入れる?」と、加藤弟が兄に尋ね、「お前が先に、ヤレよ。」と、加藤兄が答えた。
兄弟の密談が済むと、加藤兄弟は服を脱ぎ、全裸になった。
目を背けたくなるほど醜い裸体。
 加藤弟はまさに白豚を思わせる、何の緊張感も無い緩んだ体、下半身のモモやスネの体毛がやけに濃い。そして、体の割りに申し訳なさそうなペニスが、ピンコ立ちしていた。
 加藤兄は弟と違い、全身が濃い体毛で覆われている。胸毛からヘソで渦を巻く腹毛、そして陰毛へと繋がり、モモからスネ毛まで、男性ホルモンの塊のような体。ただし、それは体毛だけ。体格は弟同様、弛んだ黒毛豚といった感じだった。
横たわる美奈子の、細くキメの細かい白い素肌と比べると、男と女の違いがあるとはいえ加藤兄弟はとても同じ種族には見えなかった。
 加藤兄弟は美奈子を挟んで少し打ち合わせをすると、加藤兄が横たわる美奈子の体を抱きかかえ始めた。
 力なく体を預ける人形の様な美奈子の背後から両足を開き、膝に手を入れて子供にオシッコをさせるような格好で抱え上げる。
モロに曝け出された美奈子の性器、それを片手で弄りながら加藤弟があぐら
をかいて上体を少し反らしている。
『座位か・・・、加藤の奴、デブだからな。』そう思いながら挿入の瞬間をビデオカメラで狙う。
「いいよ、そのまま降ろして。」と、加藤弟が誘導しながら屹立するペニスに美奈子の性器を降ろしていく。
「そこ、そのまま・・ゆっくり降ろして。」加藤弟の亀頭が美奈子の性器に減り込み、ズブズブと美奈子は何の抵抗もしないまま、加藤弟に突き刺されていった。
「嗚呼・・あったかい。」加藤弟は目を閉じて、全身で美奈子の性器の感触を感じている。
 美奈子の体を抱えたままの弟思いの加藤兄が、美奈子の体を浮かしたり降ろしたりさせ始め、美奈子の性器を使って加藤弟に更なる快感を与えていった。
 「ああ気持ちいい・・」加藤弟は目を閉じたまま快感に酔いしれているようだった。
 美奈子の性器は加藤弟のペニスを気持ち良くする道具のように扱われていた。
 白豚と黒毛豚に挟まれ小さく見える美奈子の体。
加藤兄によってゆっくりと浮き沈みさせられている美奈子の体に、それだけでは物足りないとばかりに、加藤弟は両手をベッドについて腰を動かし、貪欲に快感を求めていった。
 少しして、「ああ〜やばい・・もう限界が近い・・お兄ちゃん、俺もこの女にしゃぶらせたい。」と、加藤弟の頼みに、加藤兄は美奈子の体を抱え上げて性器からペニスを抜かせると、美奈子をベッドに座らせ顔を上に向けさせた。
 加藤弟はムックリと立ち上がり美奈子の両頬を掴んで口を開けさせると、一気にペニスを美奈子の口に突っ込んでいった。
そうする事が当たり前のような一連の動き。
加藤弟が太った体で、醜く腰を動かして美奈子の口を犯す。
美奈子の隙間無く埋め込まれた口から、「ゥ、ゥ、・・ゥ・・」と、苦しそうな呻き声が洩れる。
そして少しすると、「・・・ゥゥ・・ンンッ・・」と、美奈子が喉を鳴らし何かの変化を感じさせた。
加藤弟の射精の瞬間だった。
「ああ―――――っ、スッキリしたっ!」加藤弟は満足げにペニスを美奈子の口から抜き、すぐに兄の位置と交替を始めた。
 加藤兄が、弟と同じようにベッドに座り、加藤弟が兄と同じように美奈子の両足を抱えて美奈子を担ぎ上げた。
 本日、5本目のペニスが美奈子の性器を狙う。
ゆっくりと美奈子の性器が加藤兄のペニスを飲み込んでいった。
「アアァ・・イイッ・・・気持ちいい・・」美奈子に全然関係ないオタク系の男、加藤兄が美奈子の�女�を知って快感に酔う。
数時間の間に、見ず知らずの男5人に体を奪われた美奈子。美奈子に、この数時間の記憶は残らないが、5人の男は一生美奈子の体を忘れない。
 加藤兄は静かに美奈子の性器を突きながら、「・・俺もいいかな?・・・彼女の口に出しても・・・。」と、恥ずかしそうに弟に聞いた。
「いいよ、せっかくだから口の中に出しちゃえよ。」と、加藤弟は肉体関係となった美奈子を所有物扱いして軽く言った。
 ムックリと立ち上がる加藤兄、その前に顔を上に向けて座らされる美奈子。
美奈子の口に加藤兄のペニスが捩じ込まれていく。深い体毛に顔を埋めるような美奈子。
加藤兄は美奈子の頭を両手で押さえながら、快感だけを追い求め美奈子の口の中に静かに射精した。
 5人全員が美奈子を輪姦し、時間は深夜3時を過ぎていた。
�パーティー�の成功にみんな満足げな表情。
「・・・よし、美奈子さんの体を拭いて、服を元通りにしようか。」と、俺が言うと、トップバッターだった辰男が、「ちょ、ちょっと待って!」と言って、ベッドに上がり、美奈子さんの足を抱えて、再び美奈子さんに挿入をしようとした。
「何やってるんだよ、まだヤリ足りないのか?」と、少し呆れ気味にいうと、「みんながやってるの見てたら、また興奮してきちゃって・・・、すぐ、終わらすから。」そう言いつつ、辰男は美奈子さんに挿入して2回目の陵辱を始めた。
それに呼応して、「おいおい、俺だってまだ足りないぞ。」と�乳首マニア�小野田がベッドに腰掛けながら美奈子さんの乳首を摘み、イジリ始める。
斉藤もベッドに上がり、「先輩、早く早くっ!時間がないっスよっ!」と、辰男を急かす。
斉藤に急かされてか、早く射精しようとしているのか、辰男は挿入早々、トップスピードで腰を動かし、美奈子の性器を突き捲くっていた。
「出るっ!!」小さく叫んだ辰男は、美奈子の性器からペニスを抜き、美奈子の腹に向かってペニスを扱いて射精した。
美奈子のなだらかな腹に飛び散る、辰男の白い欲望。
飛び散った白い飛沫が小野田の手にかかり、「あっ!汚ねぇっ!」と叫んだ。
辰男に代わり、斉藤がすぐに美奈子に挿入を開始する。
辰男が美奈子の腹の上にぶちまけた自分の精子を、ティッシュで拭き取る。
「おい兄ちゃん、腹に出す時は、よく狙って出せよっ、胸の方まで飛ばすんじゃねぇぞ。」と、小野田が美奈子の乳首を捏ねながら、斉藤に言っていた。
『汚い物扱いしている精子を、あれだけ美奈子に飲ませておきながら・・』
俺は小野田の勝手な意見に少し憤慨してそう思った。
 斉藤も挿入してすぐ猛烈に美奈子を突き捲くり、すぐに美奈子の腹を狙っ射精した。
 斉藤が自分の汚した美奈子の体をティッシュで拭き終わるのを見て、「そろそろ終わりにしよう。」と、言って、ようやく美奈子の体をウェットティッシュで拭き、下着を着けさせて服を着させた。
みんなを部屋から出して、最後に俺がチェックし、そして辰男の家に意気揚々として引き上げ、家に着くなり、撮影していたビデオの上映会を始めて、画面に映る自分たちを見ながら、尽きることのない感想と猥談で朝まで盛り上がった。
 朝の9時くらいに小野田、斉藤、加藤兄弟が帰り、10時くらいから俺は辰男と雑魚寝をして、昼の3時くらいに目を覚まし、昨夜の余韻に浸っていた。
『美奈子が目を覚ましたらどうなるかな?・・あれだけ滅茶苦茶したから、体中が痛いだろうし、特に乳首なんて物凄く痛くなってるはずだし、5人の男が7回も突っ込んだんだからアソコも違和感があるだろうし、5人分の精子を飲まされたんだから気分も悪くなってるんじゃないかな・・。』などと思いながら、昨夜を思い返しニヤリとしていた。
 夕方、6時頃、俺は家に電話をしてみた。
「もしもし」と電話口に出る美奈子の声に張りがない。
「8時くらいには帰れそうなんだけど・・・変わった事ない?」と、意味深な事を言ってみた。
「・・そうですねぇ・・別に何もありませんけど・・・」何か含みを持った言い方の美奈子。
 俺は、夜の8時過ぎに家に帰った。
「お帰りなさい。」と、笑顔で迎えてくれる美奈子に、「すみません、ちょっと遅くなりました。」と笑顔で答えた。
台所に向かいながら、いつもと変わらない美奈子を見る。
美奈子の後姿に哀愁を感じるのは気のせいか・・・。
『お前の後ろにいる男は、お前のカラダに酷く屈辱的な仕打ちをした男なんだぞ。』そう思い、その男のために料理を作っている美奈子、という環境に酷く興奮していた俺。
「パーティーは楽しかったですか?」何の気なしに聞いてくる美奈子の質問に、「最高だったよ。メインディッシュに男たちが群がってさぁ・・・」と、言葉を選びながら意味深に言って会話に興奮する。
「へぇ、お料理がよっぽど美味しかったんですね。」
「そうだね、みんな飢えた狼みたいに、貪り食ってたよ。」というと、美奈子は「あはははは」と笑い和やかなパーティーを想像しているようだった。
俺は我慢ができなくなり、自分の部屋にいって、美奈子の陵辱されるビデオを見ながら股間を刺激した。
『今夜は俺がたっぷり美奈子を楽しんでやるか・・・。』そう思い、溶剤を作ってポケットに忍ばせる。
「ごはんですよぉ―。」階下から美奈子のかわいい声が聞こえた。

sage:   
  名前: メール:
  本文:

お気に入り/殿堂トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.