KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : エッチ体験談  ■ Headline ■ HOME    

エッチ体験談トップへ ▼カッ飛び最後 


  最高のお隣さん

01: 名前:名無しさん投稿日:2020/05/18(月) 16:14 [PC]
先日のこと。年末年始ずっと忙しくて抜く暇もなく、いい加減チンコが限界だった。ようやく休みをもらえたので1日中オナるつもりだった。
朝、寝起きですぐにAV再生して気持ちを高め、ローション準備してさっそく一発目。あまりにも気持ちよくて女々しくアンアン言ってた。休憩と回復待ちで別のAVを再生し始めたところでインターホンがなった。
誰かと思えば出勤時に会えば挨拶する程度のお隣さん。子なしの人妻でアラサーな感じ。普通に見た目は良い方。
要件はというと、色々と聞こえてきたから何事か心配になったとのこと。ただ、インターホンに出る前にAVを停止していなかったため喘ぎ声が丸聞こえ。M男のイクイク連呼でお隣さんは察し、なぜか謝られた。
ただ、朝ということもあって音量は遠慮してほしいと言われ従った。
そこからお隣さんにオナが筒抜けだったということでさらに高まり二発発射。
疲れて休憩していると再びインターホンがなる。もちろんお隣さん。
今度は静かにしていたはずだが何事か。出てみると、クッキーを焼いてみたので味を見て欲しいと。
The近所付き合いだ。なぜか緊張し、雑にノーパンで部屋着を着てドアを開けた。ら、お隣さんはクッキーなど持っておらずそのまま入ってきた。
ドアを閉め、鍵を閉め、こっちが驚いている間に短パンの上からチンコを擦ってきた。
このお隣さん、旦那がいない間は小遣い稼ぎにライブチャットで見せ合いなどをしているそうで本物のチンコに飢えていたそうだ。
旦那ともしてはいるがそれでは足りず、隣人のチンコを食いに来たと。
そこでまずはお得意の見せ合いを生でしてもらった。
互いに全裸になり性器を擦る。初めてだがなかなかエロい。生おかずというやつだ。
お隣さんが先にイク。イッた顔がエロくてこちらも発射。太ももにぶっかけるとそれを指で掬って舐めていた。
我慢出来ずやらせてくださいとお願いするも渋られる。すでにアウトだとは思うが浮気の線引きは大事にしているらしい。
チンコをシコりながら接近し、顔の前でゆっくりシコりながらやらせてくださいと何度も頼む。ダメですと言いつつ舌なめずりしたりハァハァしたりで時間の問題だと確信。
腰を突き出し唇に押し当て、絶対秘密にしますからと呪文のように唱えるとフェラ開始。
その日は人生で1番射精した。イキまくった。お隣さんとヤリまくって解散したあとも聞こえるように声出してオナった。
それから2、3日連続でお隣さんは近所付き合いをしてくれ、めっちゃ満たされていた。
心も体もスッキリして、一昨日のこと。
郵便受けに手紙が入っていた。
今夜エッチしたいです。行ってもいいですか?
たまらない。わざわざお誘いなんて。それだけで射精したくなった。
手紙に書いてある時間が来ると、インターホンがなった。
相手は分かっているからと裸でドアを開けると。知らない女が立っていた。
最初は頭が真っ白になったが、向こうは顔が真っ赤だった。
その女は遠慮がちにチンコをタッチし、お邪魔していいですか?と。
よく分からない。どうなっているのか。でもその女はロリ顔で、正直好みだった。なのでやらせてくれるのかとこちらからも積極的になり無事合体。
この女、近所迷惑レベルでよく喘ぐ。ただやってる身としてはそれだけ感じているのかと嬉しくなってしまう。気持ちよくなり確認する前に中出ししてしまった。
ひと段落して話を聞くと、まさかのまさか、逆側のお隣さんだと判明。
ただ記憶では男が住んでいたはず。聞いてみると12月に引っ越してきていたらしい。知らなかった。
結局盛大にオナった結果女が2人もやらせてくれたわけだが、このお隣さんを気に入ってからは人妻の方とはしなくなってしまった。
だが、諦め悪くライブチャットアプリを漁り特定に成功。
チンコのモテ期を全力で楽しむ予定だ。

sage:   
  名前: メール:
  本文:

エッチ体験談トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.