KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 初体験  ■ Headline ■ HOME    

初体験トップへ ▼カッ飛び最後 


  私の幼稚園先生 2

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/31(月) 06:53
数分後、わたるとようこは、幼稚園の部屋の一つにいた。そこはかつてのわたるが通っていたクラスだ。
フローリングのその部屋の広さは、畳で言えば約12畳ほどだろうか。
入り口は全面がサッシとなっており、そこからあの例の小さなグランドが一望できる。
中の様子は基本的には変わっていない。ただ子供の椅子がほとんどなかったことを除いては…
そこでわたるは、先ほどの事故で擦りむいた膝小僧を手当てしてもらっていた。
わたるは左足のズボンの裾を膝の上まで捲りあげ、両足を伸ばして床にペタンと座込んでいる。
ようこは、そのわたるの左側で正座の姿勢で座り、熱心にわたるの膝小僧を消毒していた。
「へぇ〜そっかぁ…そういえば昨日、お隣は卒業式だったっけ」
「う、うん…」
「ふ〜ん、あの、わた君がねぇ…もう小学校を卒業するのか。時間がたつのって早いね。私も年をとるわけだ…」
「そ、そんな…ようこ先生、今だって十分若いよ」
「あは、生意気にお世辞なんか…ふ〜ん驚いた。あの大人しいわた君がねぇ…さすがは中学生だね」
「それは4月からだけど…あ、痛っ!」
「あ、ごめん痛かった?」
わたるは、この
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

初体験トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.