KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 初体験  ■ Headline ■ HOME    

初体験トップへ ▼カッ飛び最後 


  私の幼稚園先生 6

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/31(月) 06:52
「さ、それじゃあ、もう大丈夫だねボクたん。ゆっくりお昼寝しててね」
「う、うん…も、もう、大丈夫…だよ…先生…」
「それじゃあ、わた君…」
「あ、はい…」
オネショの不安がなくなったボクたんも、ようやく落ち着きを取り戻したようだ。
そんなボクたんの様子に安心したようこは、わたるを連れ、部屋をあとにしようとした。
「じゃあ、ボクたんが眠っている間に、おやつの準備しておいてあげるからね。楽しみにしてて」
「…あ…う、うん…」
これで、お騒がせなボクたんのオネショ騒ぎもようやく一段落……と思われたのだが…
「じゃあ、おやすみなさい、ボクたん」
「あの…よ、ようこ…せんせい…も、もう、いっちゃうの?」
「え?」
立ち去ろうとしたようこを、不意にボクたんが呼び止めた。
「なぁに?どうしたの、ボクたん?」
「あ、あの…」
「ん?」
どうしたのだろう?この期に及んで、またオネショの心配でもしているのだろうか?
上目使いでようこを恐る恐る見上げるボクたんは、どこかソワソワとしてる。
「どうしたのよ、ボクたん?…もう、オネショの心配はしてないでしょ?」
「う、うん…
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Misika投稿日:2014/10/15(水) 05:46
You've got to be kidding me-it's so trpraasnently clear now!

sage:   
  名前: メール:
  本文:

初体験トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.