KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 初体験  ■ Headline ■ HOME    

初体験トップへ ▼カッ飛び最後 


  あの頃の私の欲求

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/30(日) 07:48
自分のオッパイに興味を持ち始めたのは数年前。
まだ、小学校高学年の頃。
読んでいた少女雑誌で“性に関する記事”が多くなってきたのがキッカケ。
顔は特にカワイイというわけではなかったが、スタイルには少し自信があった。
ちょっと痩せ型だがオッパイは大きめ、同級生で私くらい胸が大きい子はみんな太っている子ばかりだった。
クラスの中でも一番早くブラジャーを着けるようになったのも私だった。

お風呂に入るときはいつも脱衣所でセクシーポーズをとっては楽しんだ。
鏡の前で少しずつブラをずらしながらポーズをとる。
白いブラジャーから乳輪・乳首と順に覗かせては指で弄った。
風呂の中では置いてある歯ブラシでコシコシと胸を擦っては遊んでいた。

父親のデジカメを自分の部屋のテレビにつないで自分の胸のアップを画面で見たりもした。
スベスベしたピンク色の乳輪やちょっと先端のへこんだ乳首を毛穴まで見えるくらい拡大して観察した。
ちょっと指で弄るだけで画面の中の乳首はニョキニョキと大きく伸びた。

だんだんと強い刺激が欲しくなった私は家で飼っているネコにオッパイを吸わせた。
ネコを
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

初体験トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.