KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 初体験  ■ Headline ■ HOME    

初体験トップへ ▼カッ飛び最後 


  思い出のSEX

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/08(土) 11:07
私が19歳の時、予備校生だったときの話をします。
 当時、私は同じ教室のA君のことが好きで、思い切ってカレの気持ちを確かめたことがありました。でも、なかなか返事はしてくれません。それから、3ヶ月くらいして、私が夜の講義を終えて、自習室で勉強をしていると、A君がきて、
「ねえ、今でも俺に気があるの。もしそうだったら、付き合おうよ。」
と言ってくれました。私は嬉しくて嬉しくて、そのまま、泣いてしまいました。「2人きりになりたい・・・」と言われて、こっそりと講義室で話し込んでいると、いつの間にかカギがかかってしまい、帰れなくなったのです。結局その日は、予備校の中で夜を明かしました。すると、いきなりA君がキスをしてきてきました。私にとっての初めてのキスです。舌を絡めてくるA君の行為にうっとりとした気持ちになり、1時間ほどキスをし合いながら、服をどんどん脱がされました。
私はあまりにもいきなりのことで、戸惑ったのですが、体がぼーっとしてしまい、A君のなすがままでした。体が汗ばんでいたので、結構気になったのですが、結局全裸になってしまいました。初めてA君のペニスを見たときには顔を背けてしまうくらい恥ずかしかったのですが、「触って・・・」と言われて、触りました。そこだけがほてったように熱く、棒のように硬く巨大になったペニスは、見ているだけで感じずにはいられませんでした。どんどん体が変になっていくのがわかります。A君に触られているアソコがいやらしい音をたて、濡れているのがわかります。私はもう、A君にすべてを捧げることを決めていました。気がつくと、私はA君にアソコを舐められ、私もカレの硬くなったアソコをほおばっていました。気持ちよくて気持ちよくて・・・。何度も恥ずかしい声を上げていたと思います。
いよいよ挿入となったときに、初めて私は「初めてなの・・・」と告白しました。カレは「大丈夫、痛くしないから・・・」と優しく挿入してくれました。でも、かなりの激痛が走りました。優しくしてくれるA君に迷惑をかけないよう、私も必死で我慢しました。しかし、痛いのは初めだけで、1分もするうちにA君のアソコの感じが伝わってきて、イタ気持ちいい変な感じになってきました。A君はそのときは結局射精しませんでした。激しく動かないといかないそうです。
裸で抱き合ってまたキスをするうちに、私もA君もHな気分になってきました。部屋にビデオカメラがあったので、「記念に撮ってみようよ。」と言われ、恥ずかしかったのですが、キスしているところとか撮りました。その後も、SEXをしてしまいましたが、ビデオで撮られているのに、気持ちよさが先走り、どんどん自分がHになっていくのがわかりました。A君のペニスをフェラしているときも、カメラに撮られている事を知っていたのに、夢中でほおばってしまいました。また、四つん這いになって後ろからアソコを舐められもしました。「よく見たいから自分で尻を広げて」と言われた時は、すごく恥ずかしかったけど、全部見られたい衝動に駆られて、自分で広げていました。後でビデオを見たとき、オマンコも肛門までも丸出しにしていた自分が間抜けに見え、恥ずかしさで一杯でした。きっと私は気持ちよくて、A君のなすがままなっていたのだと思います。2時間以上、全身舐めあい、お互いのお尻の穴まで舐めあって愛し合いました。とろけそうなくらいに抱かれた後、挿入された時は全然痛くなく、気持ちよさだけがありました。A君は思いっきり激しく挿入を繰り返し、最後に私の口の中に出しました。私がA君のすべてをほしい、と思った瞬間、A君のペニスが激しく脈打ち、生暖かい精子がドクドク喉奥へと流れるのがわかりました。放心状態の私は、SEXがこんなに激しく、充実したものだと知り、幸せを感じずにはいられませんでした。
その後、A君とは1ヶ月ほど関係が続いたのですが、A君が大切な初めての日のビデオを友達に見せてしまったことを知り、私は大変ショックを受けました。私の体はA君の物で、A君以外には誰にも見せるつもりもありませんでした。だから、見られた恥ずかしさよりも、悔しさで胸が一杯になり、私からA君を避けるようになり、とうとう別れてしまいました。
あれから私は2人の男の人と付き合い、SEXもしましたが、結局長くは続きませんでした。今は、A君に恨みはありません。今でも初めてのSEXのことを思い出すたびに濡れてしまいます。ビデオは今でも持っていて、たまに激しい2人の姿を見て、一人で熱くなってしまいます。 

sage:   
  名前: メール:
  本文:

初体験トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.