KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 初体験  ■ Headline ■ HOME    

 KoMaDo / Headline /
・ 掲示板作成!批判!要望!なんでもこちらまでご連絡下さい。
催眠・洗脳・常識改変

121 :中2学級委員A子(02)  122 :初は小学生時代・・・(02)  123 :はじめてのB体験(02)  124 :熟女との初体験(02)  125 :私の幼稚園先生 6(02)  126 :私の幼稚園先生(02)  127 : 誕生日に初エッチ(02)  128 :私の幼稚園先生 4(02)  129 :はじめては雌犬(02)  130 :Hさんとの再会(02)  131 :初めての体験(03)  132 :処女喪失を手伝ってって(01)  133 :夏祭りのママさん(01)  134 :兄と彼女のセックス(01)  135 :4Pで童貞喪失(01)  136 :なおぼんのショタいけん(03)  137 :15才の彼女(01)  138 :有名なエロレイヤーの処女をいただいた(01)  139 :佳奈(01)  140 :幼なじみのナツミに射精見せたら(01)  141 :出会い系でやって来た彼氏ありの処女天使 (01)  142 :昔話です。(01)  143 :優しい初体験1(01)  144 :優しい初体験2  (01)  145 :優しい初体験3(01)  146 :中2の夏初めてのsex 2(01)  147 :いじめられっ子(01)  148 :初めてのセックス(01)  149 :初めて外で。。(01)  150 :若き性欲(01)  151 :初体験・・・(01)  152 :ある夏の日(01)  153 :やっぱり初体験(01)  154 :初体験(01)  155 :初めての時(01)  156 :僕の初体験(01)  157 :こんなとこで初体験・・・?(01)  158 :びっくり初体験(01)  159 :初体験 (01)  160 :外国人に奪われた初夜(01)  161 :お兄ちゃんに襲われた(01)  162 :忘れられないあの日(01)  163 :大学2年で初体験(01)  164 :美樹の白い三つ折りソックス(01)  165 :あこがれの人(01)  166 :お泊り会(01)  167 :初体験は母親(01)  168 :音楽話で意気投合(01)  169 :僕の初エッチ(01)  170 :やったことある?(01)  171 :おれの初体験(01)  172 :初めての射精の思い出(01)  173 :初めて付き合った頃の話(01)  174 :ギターの授業(01)  175 :幼なじみと(01)  176 :駄菓子屋のお姉さん(01)  177 :叔母(01)  178 :巨乳の幼馴染(01)  179 :ひきずりこまれた(01)  180 :Hな気分になる媚薬を飲ませてイタズラした体験談(01)  181 :なおぼんの昔話(02)  182 :お引越し(01)  183 :近所のお兄ちゃんとカブトムシ取り(01)  184 :初だけど最高のセックス(01)  185 :初は転校生と・・・(01)  186 :ブルマ(01)  187 :家庭教師兼セックスフレンド従姉(01)  188 :同級生トモ(01)  189 :優子の友人(01)  190 :私の幼稚園先生 2(01)  191 :私の幼稚園先生 3(01)  192 :保健室の夏帆(01)  193 :あの頃の私の欲求(01)  194 :同級生から手コキ 初体験(01)  195 :妹の裸(01)  196 :心友とレズSEX(01)  197 :初潮とか初セ○クスの話する(01)  198 :1人えっちを見られた私は・・・(01)  199 :友人の姉と… その1(01)  200 :中2の時、目をつけられてた先輩に(01)  201 :家庭教師(01)  202 :効果を身体で実感!「ハマってしまいました。」(01)  203 :幼少時代(01)  204 :性的虐待に反撃(01)  205 :男は武器があればいい。女は淫乱に限る。(初体験編)(01)  206 :なおぼんの昔話(続)(01)  207 :お年のメス前に(01)  208 :二十歳の御祝(01)  209 :この間ソープで初体験してきました(01)  210 :僕の童貞喪失と処女初体験(02)  211 :双子のお兄ちゃんと…。(01)  212 :悪(01)  213 :やった(01)  214 :不思議な関係(01)  215 :初体験は彼氏と(01)  216 :隣の姉さん(01)  217 :この夏の体験(01)  218 :お姉ちゃんに犯されて童貞喪失!(01)  219 :近所のおねいさんたちに・・(01)  220 :高一だったときのこと(01) 
ログ検索  リロード  前のページ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 次のページ  総てのスレッド  スレッド総数 307121 - 130 を表示



121: 中2学級委員A子  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/27(木) 22:11
あれは夏休みが終わってすぐの出来事だった
当時田舎の学校に行っていた俺はなんと学級委員に選ばれてしまった
ペアを組むA子は見るからに委員長タイプの子で真面目で物静かな子でした
夏休みが終わったあとに改選された各委員に決まった人たちの名前を大判用紙に
書いて掲示するのが最初の学級委員としての仕事だった
俺は野球部、A子は吹奏楽部で部活をしていたので部活が終わったあとに
その仕事をすることになった
ちなみにA子は美人ではなくかわいいタイプで誰かといえば菅野美穂にている
女だったが男と話をしているのをみたことがないぐらいでで浮いた話は1つもなかった
俺は委員になるまでA子と話したことがなかったので(A子は相当おとなしい子
だったので)その時も話すことはなく最低限の会話しかしていなかったそのとき大判用紙に記入するために机を4つつなげてその上で書いていた
そのときは自然に字がきれいだったA子が書くことになった
俺はなにもすることがなくただ黙ってA子がかいているのを
正面からみていることしかできなかった
そしてその時字を書こうとしてA子が前かがみになるたびに
胸の谷間
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Komiyama投稿日:2014/10/16(木) 03:22
You are so awesome for helping me solve this myetrsy.

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



122: 初は小学生時代・・・  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/05/03(土) 13:12
初体験を告白します。
小5の夏休み最後の日。夏休みの宿題が大量に残っていた。とても一人じゃ間に合わないと思った私は親友だった、
恵子とすることに。彼女も大量に残っていたので・・・
両親は、旅行に行っており、あと三日は帰ってこない予定だった。
30分ほどして、お菓子食べながら、休憩していたとき恵子が、「エッチってしたことある?」などと聞いてきた。
「ないよー!」私は顔を赤くしながら言った。「すごく楽しいからさ、今度康宏くん(クラスの男子)とやろう。」
「じゃあ、いまから練習するからね。」私は言葉を返せなかった。しかし。どきどきし乳首が立っていた。
恵子「最初はレズね。」恵子はおもちゃ箱にあった、アイマスクを私に付けた。「そこに寝て」
どきどきしていた。もうすでに濡れていた。
恵子「抵抗とかしないで、しばらくうごかないでね」
アイマスクのせいで見えなかったが、恵子は私の服を脱がせていった。
残りはブラとパンツだけだった。もう心臓がバクバクいっていた。
恵子は私のブラジャーの下から手を入れていった。
「麻美人より胸大きいから気持ちいいわぁ・・・」
ブラジャーをはずさ
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Soufian投稿日:2014/10/15(水) 14:31
I am totally wowed and prperaed to take the next step now.

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



123: はじめてのB体験  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/30(日) 07:36
私が中学生だった時、初めて“B経験”をした時の話です。

当時の私には同級生の彼氏がいました。
名前はアキラ君、少し不良っぽい感じでクラスの中でも目立つ男の子でした。
私たちはいつも一緒に登下校するくらい仲の良いカップルでした。

私たちは時々、下校途中にアキラ君の友達の家に寄って遊んで帰ることがありました。
その友達の家は両親共働きだったので、昼間の間はちょっとした“不良の溜り場”みたいな感じになっていました。
みんな、その家の人がいなくても勝手に入りテレビゲームをしたりタバコを吸ったりしていました。
中にはエッチなことをする時にこの家を利用している子達もいるみたいでした。
私たちも他の人が誰もいない時などはこっそりと隠れるようにキスをしたりしていました。
そんな場所に出入りしている自分が同世代の他の女の子達よりも“ススンデル”気分がしてちょっとした優越感を感じていました。

その日もいつものようにアキラ君とその家に寄ってゲームをしたり漫画を読んだりしていました。

少しするとゲームをやめたアキラ君が私の隣に座ってきました。
その日は私達以外に誰もいな
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Aneta投稿日:2014/10/15(水) 13:32
A plnaisegly rational answer. Good to hear from you.

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



124: 熟女との初体験  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/22(土) 19:08
僕は25歳になった今でも若い女にはあまり興味がわきません。
いわゆる「老け専」ってやつです。
それは初めての相手が熟女だったからです。
母親の友人だった女性に小学生の頃から可愛がられていました。
その女性(カオルさん)はバツ1で子供もいないため僕を自分の子供のように思っていたようです。
僕もカオルさんになついていてたまには家に遊びに行ったまま泊まらせてもらうこともあるほどでした。
まだ子供だった僕は一緒にお風呂に入ったり一緒に寝たりも平気でした。
中学生になった頃には少しづつ遊びに行くことは減りましたが、それでも月に一度ぐらいはなんだかんだで顔を合わせることがあり気軽に話せる大好きなおばさんでした。

中3のとき親と喧嘩して家を飛び出した日でした。
夕方になって行くあてもない僕はカオルさんの家へ行きました。
「おっ、どうした〜?」といつも通りに優しく迎え入れてくれました。
そこにはカオルさんの友人のミツコさんと言う知らないおばさんもいて二人はお酒を飲みながらお話し中だったようでした。
カオルさんに親と喧嘩して出てきたことを話すと「私のところへ頼って来てくれるのが嬉
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:MrsMervat投稿日:2014/10/15(水) 13:21
I'm not wotrhy to be in the same forum. ROTFL

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



125: 私の幼稚園先生 6  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/31(月) 06:52
「さ、それじゃあ、もう大丈夫だねボクたん。ゆっくりお昼寝しててね」
「う、うん…も、もう、大丈夫…だよ…先生…」
「それじゃあ、わた君…」
「あ、はい…」
オネショの不安がなくなったボクたんも、ようやく落ち着きを取り戻したようだ。
そんなボクたんの様子に安心したようこは、わたるを連れ、部屋をあとにしようとした。
「じゃあ、ボクたんが眠っている間に、おやつの準備しておいてあげるからね。楽しみにしてて」
「…あ…う、うん…」
これで、お騒がせなボクたんのオネショ騒ぎもようやく一段落……と思われたのだが…
「じゃあ、おやすみなさい、ボクたん」
「あの…よ、ようこ…せんせい…も、もう、いっちゃうの?」
「え?」
立ち去ろうとしたようこを、不意にボクたんが呼び止めた。
「なぁに?どうしたの、ボクたん?」
「あ、あの…」
「ん?」
どうしたのだろう?この期に及んで、またオネショの心配でもしているのだろうか?
上目使いでようこを恐る恐る見上げるボクたんは、どこかソワソワとしてる。
「どうしたのよ、ボクたん?…もう、オネショの心配はしてないでしょ?」
「う、うん…
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Misika投稿日:2014/10/15(水) 05:46
You've got to be kidding me-it's so trpraasnently clear now!

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



126: 私の幼稚園先生  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/31(月) 06:53
春休み初日、わたるは一人ぶらぶらと散歩をしていた。
まだ若干肌寒いが、冬の厳しい寒さは既に和らぎ、穏やかな陽が地面一体を照らしている。
こうして暖かい日の当たる道を歩いていると、昨日の卒業式に感じた物悲しい思いも癒されていくようだ。
わたるは、この春休みは一人静かに過ごそうと心に決めていた。
小学校卒業による大好きな友達たちとの別れ、そして4月からの新しい中学校生活。
寂しさや不安や期待など様々な思いが入り混じった奇妙な感情が、わたるに一人になることを好ませたのだ。
まぁ簡単に一言で言えば『感傷的になった』ということであるが…

ともかくわたるは春の暖かい日差しの中、当てもなくただ一人散歩を楽しんでいた。
そう、本人としてはあくまでも『当てもなく』のはずだった。
ところが、ふと気づくとわたるは昨日まで通っていた小学校の門の前に立っているではないか。
やはり何か思うところがあったのだろう。
知らず知らずのうちに、6年間元気に通い続けた懐かしい小学校の前までやってきてしまったのだ。
その門は休みだというのに、大きく開かれていた。
もっとも今日から休みとなったのは
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Andrzej投稿日:2014/10/15(水) 04:54
Thank God! Soeonme with brains speaks!

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



127: 誕生日に初エッチ  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/08(土) 11:16
彼の16歳の誕生日でした。私は彼と誕生日にエッチをすると約束していました。デートをして夕方ごろ彼の家に行くと親は結婚式で、お姉さんはバイトに行っていて誰もいませんでした。彼の部屋でケーキを食べて、後から抱っこされながらDVDを見ていました。しばらくすると彼の手が後から胸を揉んできて「はな」と呼ばれ振り向くと彼の唇が重なり舌が入ってきました。ものすごく濃厚なキスでぴちゃぴちゃと音がしていました。そしてお互い下着姿になってベットに横になり、彼がブラの上から胸を揉んできました。最初は痛かったけど気持ちよくなってきて「あ・ああん・・」と声が出てしまいました。ブラの上から乳首を刺激されて自分で硬くなってくるのがわかりました。ブラをはずすと「乳首すっごいたってる、気持ちいいの?」と言いい、乳首を吸ったり噛んだりしてきました。「はあっ…あぁん…」自然といやらしい声が漏れ、彼の手がパンツの中に入ってきました。指でゆっくりと割れ目をなぞって「濡れてる」と耳元で言われました。パンツを下ろすと膝を広げ股の間に顔をうずめ「はなのおまんこピンクで超キレイ」と言い舐め始めました。初めての感覚に「ああ!はあん…きも
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Meltem投稿日:2014/10/14(火) 22:21
Sharp thkngini! Thanks for the answer.

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



128: 私の幼稚園先生 4  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/31(月) 06:52
(うわ…よ、ようこ先生が、チ、チン…チンポコだなんて…)
わたるの股間に切ない疼きを走らせたのは、まず第一にようこの「チンポコ」という発言だった。
それは、小学校の友達などからは幾度となく聞いたことがある言葉だ。
しかし、明るく可愛い園児の憧れのようこの口から発せられたその言葉のなんと卑猥なことか。
わたるは、ようこのそのHな言葉に胸をドキドキと高鳴らせた。
(そ、それに…あ、あんなことするなんて…)
第二には、もちろんようこがボクたんのペニスを軽く人差し指で突いたことだ。
(もし…もし、それが自分だったら…)
そう考えたとき、わたるは顔が火照るほどの羞恥心を覚えた。そしてそれが、なぜかわたるの股間を疼かせたのだ。
苦痛ではない。それは、今まで感じたことがないようなどこか切ない甘い疼きだった。
大人の女性の前で、それもあのようこ先生の前で自分の下半身を晒す。その上、大事なアソコを人差し指で突かれる。
普通に考えれば、それはあまりにも耐え難い羞恥である。
(だ、だって…よ、ようこ先生の前で?…そ、そんなこと…先生の前で…パンツおろされちゃうの?)
小学2年生の頃
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Magdone投稿日:2014/10/14(火) 21:31
We detilifeny need more smart people like you around.

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



129: はじめては雌犬  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/03/20(木) 20:46
ちょっとおかしいんです俺。
中1の時オナニーに取りつかれ、穴ならなんでも入れて見たい衝動に駆られ
雌の柴犬とヤッテしまいました。
 きっかけは何気なく雌の柴犬のまんこに指を入れたことからでした。

 犬の名前はコロ、まだ1歳ちょっとの若い雌犬でした。
なんとなくコロをなでている時に、ちょっとスケベな気持ちが芽生え
おまんこにちょっと触れました。
感触は分厚い唇、って感じ、嫌がる様子もないのでちょっと指を入れました。
中はとっても熱くって興奮しました。
中は奥行きがせいぜい2〜3センチ、直径3〜4センチの穴で奥行きが全くありませんでした。
こんな所にどうやってペニスを入れるのか疑問が生まれ、まんこの中をあちこち弄りまわしまして
ようやく本当の穴らしきすぼまりを見つけ、中指を突き立てるとコロの反応が突然変わり
激しく腰を振り、その突き立てられたものをまんこの奥へと導こうとする動きでした。
あっという間に中指全部がコロの中に治まり、続いて中指をギュウギュウ締めあげ始め
俺は思わず指を引っこ抜いてしまいましたが、あれこれ考えて好奇心に駆られまた中指を差し出すと
雄犬の
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Ikhram投稿日:2014/10/14(火) 20:45
Deep thought! Thanks for coiunrbtting.

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示



130: Hさんとの再会  全レス

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/04/12(土) 14:20
中学の時の話、させてください。。。

まず、小学校のころまで話はさかのぼります・・・
小学校5年のころに転校してきたHさんという女の子がいました。
同じクラスに転校してきて、ほとんど一目ぼれのような勢いで
Hさんへの恋心は膨らんでいきました。

どうしてもHさんとメールがしたくて、親のケータイ借りてメールしてました。
しかしちょっとしたことでケンカになってしまい、音信は途絶えてしまいました。。
(と言っても毎日学校で顔をあわせているわけですが。)
まぁソノ後スグに仲直りできたのですが、気まずい雰囲気でした。
どうにかして私に好意を持たせようと
こちらの好意をちらつかせる作戦に出た私は、
「Hは俺のこと好き?」とメールで聞いてみました。

返信は別にーみたいなちょっとツレない返事でした。
そして中学になり別のガッコに別れました。(俺は私立中なので)
中学にあがって2ヶ月くらいたってどうしても忘れられずメールを送ってみると、送れませんでした・・・(´;ω;`)
これで完全に吹っ切る決意をしたはずですが・・・

それからHさんとメールできない日々を経て、中2にな
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:Muhamad投稿日:2014/10/14(火) 15:05
Thanks for that! It's just the answer I neddee.

sage:   
  名前: メール:
  本文:
■トップに戻る リロード  単独スレ表示

ログ検索  リロード  前のページ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 次のページ  総てのスレッド  スレッド総数 307121 - 130 を表示


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.