ナチスがユダヤ人女性をレイプすることはなかった
レス範囲 01 mode
---掲示板-Menu---
[5]エッチ体験談[6]交流掲示板[7]ファイルアップ

---Chaos-Menu---
[1]携帯ブラウザ[2]PCブラウザ
[3]Chaos-File[4]カオス・ストーリー2[8]カオス・ストーリー3

[5]投稿一覧
[6]投稿する

■板へ戻る
▼下へ
01 ) 名無しさん
[2020/01/08(水) 22:38]
当時のナチスには、ニュルンベルク法(「ドイツ人の血と尊厳の保護のための法律」と「帝国市民法」)という法律がありました。
アーリア人(ドイツ人)とユダヤ人の間の結婚や性交は禁止されており、特に女性がユダヤ人とセックスすれば強制収用所へ送られました。
      
ドイツ兵の場合も同様でユダヤ人との性交は禁止です。
軍は、性病予防のために慰安所を開設し兵士にコンドームを配布します。
公娼制度のあるフランスでは、買収宿がそのまま軍に接収されます。
      
ソ連領内は、公娼性度がないので、現地の女性が狩り集められたりもしたようです。
ソ連軍には【 慰安婦は居なかった 】のみでなく、スターリンは宗教上の信念かららしく【 敵国婦女子への強姦を奨励していました 】ので、それらの事件は多数発生したことでしょう。
      
軍が管理する以上、ユダヤ人との性交を認めるわけにはいきません。
見えないところで、ユダヤ人女性が犯されることもあったかもしれませんが、ごく少数だと思います。
ユダヤ人収用所内部では、ユダヤ人同士の性交によって妊娠したりしているようです。
      
ヒトラーは売春婦を嫌っていましたから、彼女たちは町から一掃されて強制収用所へ送られます。
売春婦がいなくなると、同性愛者が増えるんではないかと側近のヒムラーは心配します。
ドイツ人売春婦は強制収用所の中の、慰安所で囚人相手に仕事に励みます。
アウシュヴィッツを筆頭に、ブッヘンヴァルト、ザクセンハウゼン、ダッハウといった有名な収容所には囚人用の売春宿がありました。
      
そして働いていたのは、ユダヤ人ではなく、大半がドイツ人女性でした。
      
すべての囚人がその恩恵にあずかれるわけではありません。
勤勉で態度良好、抜きんでた労働成績を収めた一部の囚人に報酬として与えられる制度です。
もちろん、ユダヤ人とドイツ人の性交は禁止ですから、ユダヤ人は売春宿を利用できません。

■板へ戻る
 ▲上へ

名前

メール

sage


投稿サイト
AKB48のエッチ作品
迎夢
Chaos-File
LaZoo
カオスファイル
カオスファイル検索

wお問い合わせ窓口
[9]ページ上部へ

(C)カオスファイル