セックスにおけるユダヤ教の7つの戒め
レス範囲 01 mode
---掲示板-Menu---
[5]エッチ体験談[6]交流掲示板[7]ファイルアップ

---Chaos-Menu---
[1]携帯ブラウザ[2]PCブラウザ
[3]Chaos-File[4]カオス・ストーリー2[8]カオス・ストーリー3

[5]投稿一覧
[6]投稿する

■板へ戻る
▼下へ
01 ) 名無しさん
[2019/12/16(月) 06:56]
ユダヤ教徒のセックスには予想外の7つの戒めがある。
     
イスラム教やキリスト教は性を不浄な物として扱っている。
     
セックスは厳格な規制対象だ。
     
キリスト教会では、女性と男性。
修行場所がしっかりと別々に分けられれているのもその用例だ。
     
だが性を不浄な物として厳重に取り扱っている割りには、
矛盾している現象が多発している。
     
性犯罪は性を抑圧することで根深く発生している。
隠れたところで特権を笠に着た性行為の強要が行われる。
性行為はおおらかさを失う。
より陰湿になっていくようだ。
     
それに対してユダヤ教は性に対してまったく異なったとらえ方をしている。
     
セックスには7つの「戒め」がある。
1、性的な義務を怠るものは罪を犯している
2、夫は妻の性的な欲望を満たしてやらねばならない
3、女の方から性的欲望を明かにすることはよいことである
4、性的な欲求は女の方が強い
5、性行為を持つときには、まず女性から絶頂に達するべきである
・・・
     
などだ。
     
性に対してとても開放的で明るいイメージを持っていることがわかりますよね。
ユダヤ人でも純粋なユダヤ教徒が少なくなってきていますが、
バックグラウンドでは脈々と彼らの伝統はライフスタイルの中に根付いています。
     
神に自分は愛されている。
だから不浄なことを神が強いることなど考えられない。
神がつくりたもうた性器や性行為を不浄な物と考えること自体が、
神への冒涜ではないか?!
     
私は性の考え方については、
敬虔なキリスト教より開放的なユダヤ教徒のほうが幸せだと思う。
      
もちろん安易な欲望任せのフリーセックスを奨励するのではありませんよ。
それは人間関係を複雑にして自分の気を他人に多く差し出すことになり、
あなた自身に後で気づけば得た物よりも失った物の方が多いでしょう。
性のエネルギーを無駄遣いすると、
人間関係を軽視してしまう。
性の創造的なエネルギーを、
正しく適切に調整しながら使えば人生の成功へと向かうはずです。
     
セックスを楽しむことは、
神が定めた神聖な愛の形なのです。
      
世界各地のユダヤ人集団の人体測定の結果は、集団相互間 で、身長、体重、毛髪、皮膚、瞳の色など重要な身体的特徴が、著しく異なっている。
要するにユダヤ人は、人種的には混血民族。
     
ユダヤ人のセックス観は、他の世界とはまた違っている。
ユダヤ人は“性”を必要悪とはみない。
タルムードには、性衝動は自然なもので、無理にねじ曲げてはならないと書いてある。
タルムードの性に関する戒めの細かいことは省くが、ずいぶんと詳細かつ具体的な内容だ。
たぶん、全体として自然な内容だから日本人にも共感して貰えると思う。

■板へ戻る
 ▲上へ

名前

メール

sage


投稿サイト
AKB48のエッチ作品
迎夢
Chaos-File
LaZoo
カオスファイル
カオスファイル検索

wお問い合わせ窓口
[9]ページ上部へ

(C)カオスファイル