木下優樹菜エロ小説
---掲示板-Menu---
[5]エッチ体験談[6]交流掲示板[7]ファイルアップ

---Chaos-Menu---
[1]携帯ブラウザ[2]PCブラウザ
[3]Chaos-File[4]カオス・ストーリー2[8]カオス・ストーリー3

[5]投稿一覧
[6]投稿する

■板へ戻る
▼下へ 最新
最初から 次頁
285 ) 名無しさん
[2020/02/07(金) 21:03]
[PC]
更新お待ちしております

284 ) 名無しさん
[2020/01/29(水) 19:49]
[PC]
続きありがとうございます!

283 ) 名無しさん
[2020/01/28(火) 23:32]
[PC]
優樹菜は恥ずかしい下着姿のまま、全身にオイルを塗られていった。

施術師「優樹菜さん、いかがですかあ?(ニヤリ)」

優樹菜「ん・・あっ・・う・・うん、いいんじゃないスか・・・ねえ?」

施術師の手は優樹菜の体中をいやらしく駆け回り、優樹菜も媚薬のせいで感じ始めていた。

優樹菜「(ヤバイ、、、なんか、変な声出てる、、なんで!?こんなおっさんの前で。ダメ、我慢しなきゃ。番組だし。)
<省略> [全文]

282 ) 名無しさん
[2020/01/27(月) 00:46]
[PC]
新作お待ちしておりました!!
続き楽しみにしております!

281 ) 名無しさん
[2020/01/27(月) 00:20]
[PC]
優樹菜「へえ〜、番組の企画でマッサージ体験ねえ、ギャラもらえてマッサージ受けれるんなら美味しくね?」

性感マッサージとは知らずに、優樹菜はこの企画のオファーを快諾した。

施術師「優樹菜様、今日はよろしくお願いします。施術を担当いたします佐藤でございます。」

優樹菜「よろしくお願いします(普通におっさんかよ。ま、いいか)」

施術師「それでは始めていきますので、下着だけつけたま
<省略> [全文]

■板へ戻る
 ▲上へ 最新
最初から 次頁

名前

メール

sage


投稿サイト
AKB48のエッチ作品
迎夢
Chaos-File
LaZoo
カオスファイル
カオスファイル検索

wお問い合わせ窓口
[9]ページ上部へ

(C)カオスファイル