なおぼんの昔話(続)
---掲示板-Menu---
[5]エッチ体験談[6]交流掲示板[7]ファイルアップ

---Chaos-Menu---
[1]携帯ブラウザ[2]PCブラウザ
[3]Chaos-File[4]カオス・ストーリー2[8]カオス・ストーリー3

[5]投稿一覧
[6]投稿する

■板へ戻る
▼下へ
01 ) 名無しさん
[2014/03/18(火) 07:00]
民子は、一晩で「尺八」やら「ひよどり越え」やら「仏壇返し」、「松葉崩し」を男らに仕込まれた。
志乃の客だった幸吉(こうきち)に「茶臼」で気を遣られ、とうとう悶絶した。

客の交換は相手した人数分の勘定になるので、水揚げの民子は十五円、志乃は三十円を一晩で稼いだ。
もっとも、二割は水月楼に吸い上げられるが。

十二円というと、民子にとって大金だった。
正月以来、ろくなものを食べていない
<省略> [全文]

■板へ戻る
 ▲上へ

名前

メール

sage


投稿サイト
AKB48のエッチ作品
迎夢
Chaos-File
LaZoo
カオスファイル
カオスファイル検索

wお問い合わせ窓口
[9]ページ上部へ

(C)カオスファイル