KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 浮気/寝取り/人妻  ■ Headline ■ HOME    

浮気/寝取り/人妻トップへ ▼カッ飛び最後 


  帰宅した深夜に

01: 名前:名無しさん投稿日:2019/02/21(木) 00:04
最近、妻とのセックスは遠のいていた。私が望んでも妻は拒んで応じてくれないからだ。そんなことから夫婦仲もギクシャクしていて面白くない日が続いていた。そんな時、帰るバス停で、同じ職場の美穂子にばったり出会った。彼女はまだ二十八歳。愛らしい顔、胸の膨らみ、はち切れそうなお尻と太腿が、勤務中から私の目を虜にしていた。

「お茶でも飲まない…」と誘うと、彼女は黙って頷いた。世間話をして喫茶店を出るとネオンが眩しかった。点滅するネオンが若い二人を招いているようだ。 昂ぶる胸の鼓動を押さえて、思い切って彼女に「ちょっと、よってみない…」と云うと、彼女は、恥ずかしそうに、ただ黙って、うつむいていた。ホテルでは、妻よりも十歳若い彼女の、弾けるような肌に溺れて、連続して二回も果ててホテルを後にした。、帰ったのは深夜の零時を回っていた。

寝室には豆電球がついていて、その薄明かりで妻の寝姿がぼんやりと見える。よく見ると妻は、薄い布団をお腹だけに掛け、下半身は、ネグリジェが捲れて太腿が丸出しになっていた。右足は伸ばしているが、左脚は立て膝となって、その谷間に白いパンティ−が見える。一瞬、淫らな寝相だと
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

浮気/寝取り/人妻トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.