KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 小説風/長編/大作  ■ Headline ■ HOME    

小説風/長編/大作トップへ ▼カッ飛び最後 


  知らなければ良かった淫ら妻の現在、過去そして未来2

01: 名前:無名作家投稿日:2017/12/27(水) 20:54
第2編前回の続きです。

淫夜の翌日、その日は猛暑日でした。目が覚めると、時計の針は12という文字を指していました。目の前には妻の体と黒いソファーそして、精液と汗の匂い。クーラーを付け忘れたので、リビングはまるで蒸し風呂状態、おまけに淫らな匂いが立ち込めています。

ー掃除をしなければ。

夕べのことが娘達にバレたら大変なことになります。妻も起き上がり、掃除を手伝ってくれました。2時間かけて、雑巾がけに、消臭剤をかけました。それでも少し匂いが残りましたが、何とかなると思いました。

何故か、その日の夕方はロマンチックに思えました。夕食中、妻が目をタランとさせ、
「こうちゃん。昨日は、本当に気持ちよかったわ。また、一緒にしようね。」
と溶けるような声で、言いました。体からは、私を含めた無数の男達の精液の匂いを漂わせています。
私は妻の余りにも、堂々とした物言いに、清々しささえ感じ、問い質す気もなくなりました。
夕食後、寝室でベッドで寝ころがりながら、本を読んでいると、突然妻が襲いかかってきました。そして、私の一物を実に嫌らしく咥え、舐め上げてきました。

「んふ。
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
wma,mmf,aifc,mp3,wav,snd,asd,vqf,wav,mid,
midi,3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,
viv,wmv,mov,3g2,swf,pdf,rtf,ppt,,txt
ファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

小説風/長編/大作トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.