KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後 


  48GのSM小説

01: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/12(木) 22:27 [PC]
書こうかな

02: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/13(金) 00:58 [PC]
アイドルというものは、なかなかにしんどい商売のようで。
なにせ男女交際禁止、というのが鉄則で、それを年頃の女の子に守れというのだから。
みんな、性欲の処理には大変だと思うが、そこに付け込んで、そして自分の心得を生かして、僕は商売を始めてみた。

「アイドルの性欲処理します。Mっ気のある方はどうぞ。調教して素敵な奴隷にしてさしあげます。」


そして、密かに闇のルートで募集をかけてみた。
どんな子が来るのか、楽しみにしていたら、
数日のうちになんとも意外な子が、いの一番に連絡をくれた。
打ち合わせ場所のマンションで待ってるときも、本当に彼女が来るのか。半信半疑だった。

「ピンポーン」
玄関のチャイムが鳴り、モニターには帽子を目深に被って顔を隠した彼女が立っていた。

「お待ちしていました。どうぞお入りください。」
そう案内して、彼女を部屋に通した。

03: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/19(木) 00:22 [PC]
どう続くんだ

04: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/19(木) 00:24 [PC]
「あ、はじめまして。森保まどかです。」
彼女は少し不安そうに挨拶した。
思ったとおりの上品な美しいお嬢様、そういう感じだった。

「当店のご利用ありがとうございます。実は、うちの初めてのお客様があなたなんですが、
本当に意外でした。」

そう言うと、彼女はああやっぱりなという顔をして、
「そうなんですか…。いつも、Sっぽく見られるから。」と言った。

確かにそうだなとも思いながら、
「いや、そういう意味ではなくて、こんな上品な人がどうして? と思ってね。」
と言うと、

「いやいやいや」と俯いて照れ、こう続けた。

05: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/19(木) 01:56 [PC]
「実は…前から虐められたり、辱められたりすることに興味があって…。
そんなこと想像して、いつもオナニーしてます。」

顔を少し赤らめて、彼女はストレートに告白してくれた。

「へえ…具体的にはどんな感じ?」

「裸にされて、首輪されて犬みたいに歩かされたりとか、鞭で叩かれたりとか…。

「他には?」

「裸のまま、外に出されたりとか…。」

このお嬢様は顔を紅潮させながら、こんな恥ずかしい告白を続けてくれる。
残りはプレイの楽しみに取っておこうか。

06: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/21(土) 23:40 [PC]
「だいたいご嗜好はわかりました。
じゃ、それに添えそうなところに、今から移動しましょうか。」
僕がこう言うと、少し目をとろんとさせて、彼女はこう言った。

「はい…よろしくお願いします。」


車で移動すること数十分、僕たち二人は郊外の、というよりは片田舎の一軒家に着いた。
この商売を始めるにあたり、借りていた言わばプレイルームの一つだ。

「へえ…こんなところあったんだ。」
そう言いながら車を降りて玄関に立つ森保まどか。

「じゃ、ここで楽しんで行こうか。」
そう言って僕は彼女を建物の中に案内した。

古びているが、手入れはきちんとしている畳敷きの部屋。
ここが、この清楚な女性を奴隷に堕とす調教場になる。
そう思うと、ちょっと興奮してきた。

07: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/22(日) 14:20 [PC]
期待

08: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/22(日) 18:55 [PC]
>>7
ありがとうございます
続きはまた明日にでも書きます

09: 名前:名無しさん投稿日:2018/07/23(月) 00:27 [PC]

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭 




Copyright (C) 2013 カオスファイル All Rights Reserved.