KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 妄想/願望  ■ Headline ■ HOME    

妄想/願望トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示


  欅坂46。アイドルじゃなかったら…

01: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/22(金) 02:54 [PC]
欅坂46メンバーを色んなシチュエーションで…

02: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/22(金) 04:38 [PC]
#1

渡邉理佐×大学生




この大学に入学して、もう半年が経った。
俺の名前は秋山海斗。大学では経営学を学んでいる。
そんな俺には自慢が一つある。

「リサ、今なにしてる」

渡邉理佐。俺の彼女
ショートカットでスラッとしてて周りからも羨ましがられるくらいの美人だ。

「海斗くん…どうして今日授業こなかったの?」

「あー、ちょっと身体だるくてさ…」

「ウソ。面倒だったんでしょ?」

「まー…そーゆーことかな」

「もう!だらしないんだから…これから帰るよ」

「あ、そう」

「なんか買ってく?」

「んじゃー、ゴム」

「バカじゃないの?」

「冗談冗談…んじゃ待ってるから」

今日は理佐が一人暮らしの俺の部屋に泊まりに来る。
いつものようにご飯を食べていつものようにエッチして…
大学生って本当に自由だと思う。

ピンポーン

ベルが鳴った。

ドアを開けると、マドンナが買い物袋をぶら下げて帰ってきた。

「いらっしゃい」

「うん。お邪魔します…」

理佐は、俺の部屋を見て
<省略されました> [全文を見る]

03: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/22(金) 16:04 [PC]
「ねぇご飯出来たんだけど」

「お、おいしそう」

「写し終わった?」

「いや、まだだけど」

「遅い」

「いやもう後にしよ!
今は冷めないうちに理佐の手料理食べたいし!」

「もう…食べたらちゃんとやるんだよ?」

理佐の声に優しさが戻った。
これぞ俺のテクニック!

理佐は俺の真横にちょこんと座ると、
皿をテーブルの上に乗せた。

「うまそ〜!」

「残したら許さないから」

理佐の低い声が耳に届く。

「残すわけないじゃん」

「そう?……いただきます」

理佐は手を合わせて箸に手をつける。
こういう礼儀の正しい所も、理佐の魅力だ。

俺もいただきますと言って理佐の作ってくれた料理に箸をつける。

「あ、おいしい」

理佐が控えめながら自分の料理が美味しくできたことにニコッとする。

「暑いな、クーラーつけるか」

夏前で夜でも少しムワッとする。

「いいよクーラーは、そこ開ければいいじゃん」

理佐様がそう言うんならクーラーは諦めようか。

2ヶ月も経つと、あーんしてご飯を食べさ
<省略されました> [全文を見る]

04: 名前:名無しさん投稿日:2017/12/22(金) 17:59 [PC]
はやくヤリサーで回されろよ!

05: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/23(土) 05:19 [PC]

「ねぇ一人でなににやけてるの?」

いつの間にかシャワーを終えた理佐が、
髪をバスタオルで拭きながら訝しげに俺を見る。

「ん?…初めて理佐が俺の家に来た時のこと思い出してた」

「気持ち悪い」

「辛辣だなぁー」

「別に変わってないでしょ?今も」

「いや、だいぶあたり強くなってますね」

「それはさぁ、海斗くんのせいでしょ?」

「え、じゃあ別れる?」

「ほらすぐそういうこというじゃん」

理佐は俺にバスタオルをぶん投げてきた。

ショーパンにTシャツ姿の理佐が冷蔵庫を物色する。

「ねぇ理佐さん、ここ私の家ですよ?」

「家賃3000円分出してるでしょ?
それに私がいなくなったらコンビニ弁当しか食べないでしょ?」

「まぁそうだけど」

理佐が冷蔵庫からペットボトルを取り出して喉を鳴らす。
水滴が首もとを伝うのが少しエロい。

「こっち見ないでよ」

「なんでそんなにツンケンしてるんだ君は
あの頃の理佐ちゃんカムバック!」

「あの頃の私に戻って欲しいならそのだらしない性格を直してください」
<省略されました> [全文を見る]

06: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/23(土) 14:23 [PC]

「たーだいまっ!」

風呂上がり、火照った身体で理佐に抱きついた。

「もー!なに?」

理佐は少しびくっとしてたけど、本気で振りほどこうとはしてこなかった。

「なにみてるの?」

「ドラマ」

「でしょうね」

「ねぇあついから離れて」

理佐は俺が回した腕をぺしぺし叩いてくる。

「やだ」

「もう!」

結局理佐はそれ以上なにも言わなかった。
俺と同じシャンプーの香りが理佐から漂う。
まぁ理佐が買ってきた同じもの使ってるから
当たり前なんだけど。

理佐の後ろでもぞもぞ動いてても理佐はドラマに夢中らしく気にも留めないようだ。

素の理佐の姿は、ぎこちなく笑っていた理佐に比べて数倍も魅力的だと思う。
そりゃあ少しは笑って欲しいけど、今の状態になってから別れ話を持ち込まれたことは一度もない。
喧嘩になることは何度もあるけど、その度に折れるのは俺だから
バランスがうまく取れているんだと思う。
こんな可愛い彼女を失いたくないし、他の誰かの隣を歩いてる理佐を想像したくもない。

「理佐」

「ん?」

「好
<省略されました> [全文を見る]

07: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/24(日) 04:26 [PC]

俺は理佐の肩を揉みながら時間をやり過ごした。

理佐もテレビに飽きたのか、今度はスマホをいじり始めた。

「まだこのアプリやってたの?」

「暇だから開いただけ…あっ!」

「下手くそ」

「うるさいんですけど」

理佐は俺の顔に頭をぶつけてきた。

「痛いんですけど」

「クスッ…」

理佐が少し笑った。
機嫌は悪くないらしい。

「暑い」

くっついて同じことを3回は言われたが俺はめげない。

「じゃあ脱げばいいじゃんなんなら脱がしてあげようか?」

「やだ」

理佐は俺の発言を即答で拒否する。

理佐のアプリの腕前を馬鹿にしたりなんなりして
またおあずけの時間をくらった。

「ねぇもう寝ようよ」

「一人で?」

「一緒に!」

「まだ眠くないし」

「じゃあスポーツしよそしたら眠くなる」

「スポーツってなにするの」

「もー!焦らすなよー!」

俺は理佐を後ろから持ち上げて無理矢理ベッドに横たわらせた。

「寝よ!ほら!」

理佐に抱きついたまま毛布をかける。


<省略されました> [全文を見る]

08: 名前:名無しさん投稿日:2017/12/24(日) 17:23 [PC]
控えめに言って神

09: 名前:名無しさん投稿日:2017/12/24(日) 20:28 [PC]
うしまるほどじゃないよ
奴はヤバイ

10: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/25(月) 04:50 [PC]

ゆるく着たTシャツをたくし上げると、
いつも通りお椀型の綺麗な胸が露わになった。
最初は恥ずかしがってた理佐だったけど、回数を重ねていくうちに
見られることを恥ずかしがらなくなった。
それはそれで少し惜しいけど、理佐が俺との行為を嫌がらなくなった証でもある。

両手で下から掬うように触り、ちょうどいい力加減で揉む。
理佐は胸を触られるとふわっと息を漏らした。
乳首も指の間に挟み込んで、親指で摩擦させると
控えめに声を漏らす理佐。
それに比例するように硬くなっていく乳首を今度はペロリと舐める。

舌先をチロチロと動かしながら乳首を転がすと、またはぁはぁと吐息を漏らす。

理佐は乳首が敏感で普段強気な理佐が猫のような声をあげるたびに
俺は嬉しくなる。
唾液でてらてらと光る乳首がエロい。
唾液で濡らしたところを音を立てながら吸い舐めると
理佐のはっきりとした声が聞こえた。

「あッ!…んッ…んぅッ…!」

普段の声も可愛いけど、エッチの時の甲高い声には本当にそそられる!

洗濯バサミの如く理佐の乳首を摘まむと、
理佐は俺の肩を掴みながら悶
<省略されました> [全文を見る]

11: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/25(月) 05:35 [PC]

「汚れちゃうから脱ごっか」

俺がそう言うと理佐は目を逸らした。
でもズボンに手を掛けると腰を少し浮かしてくれたから
すんなりと脱がすことができた。
下着一枚になった理佐を少し眺めてると
理佐の目が俺に「ジロジロ見るな」と訴えかけていた。

まぁ正直部屋が暗くても理佐の裸は頭で何度も思い浮かべられるくらいには見た。
決して大きさはないけどカタチのいい胸、綺麗なくびれとおへそ
そして長い脚。理佐の一つ一つのパーツは美しく、モデルになる為に生まれた
といっても過言ではないくらいだ。
まぁ本人は芸能界に興味ないらしいから俺より端正な顔立ちをした男に弄ばれることもないだろう。
俺が理佐の最初の男で、そして、最後の男になる。
それは彼女と出会ってからずっと考えていたことだ。

「理佐…愛してる」

理佐の頬を手で触りながら濃厚なキスを交わす。
好きということは何度も伝えたけど、
愛を囁くことは滅多にしない。
唇を離すと理佐はトロンとした瞳を俺に向けて

「……私も」

そう言った。

なんだか今日は情熱的な気分だ。
理佐の世話にならなく
<省略されました> [全文を見る]

12: 名前:名無しさん投稿日:2017/12/25(月) 08:23 [PC]
うしまるってどこで見れるんだい?

13: 名前:名無しさん投稿日:2017/12/25(月) 15:56 [PC]
JD理佐良きです‼早く本番して‼

14: 名前:名無しさん投稿日:2017/12/26(火) 17:35 [PC]
続き楽しみ

15: 名前:短パンマン投稿日:2017/12/27(水) 16:55 [PC]

「んっ!…あッ!…んぅッ!」

ちゅぶっちゅぶっと中で水音を立てる度に理佐のヤラシイ声が響く。
理佐の身悶える姿はいつ見ても可愛い。
口を結んで自分の声を漏らすまいとしているんだけど、
結局口を開けてきゃんきゃんと喚く。

「うわっすっごい」

もう挿れても問題ないくらい、理佐の中はトロトロとしている。
でも念入りに、ゆっくり俺は指で理佐の中をほじくる。
少し動きを早めると、それに同調するように理佐の腰が浮く。
指を2本に増やして、奥までずっぽり挿し入れると、
グチュグチュと音を立てるもんだから、俺はその動きをトップスピードまで早めてやった。

「やだッ!!!!あぁぁぁぁぁッ!ダメッ!!!!!」

押し出すように腕を支点に指を動かすと、
白濁とした液体が理佐のまんこから滴り落ちる。

「ねぇ!やだッ!!!!漏れちゃうからっ!!!ねぇ!やめてッ!!!!」

噴かせるのが目的だからやめない。
理佐が俺に瞳を潤ませながらやめてと懇願するが、やめる気にならないから続ける。

グチョグチョに濡れたまんこからは愛液が漏れる。
ポイントさえわか
<省略されました> [全文を見る]

16: 名前:名無しさん投稿日:2017/12/28(木) 11:17 [PC]
>1-1000

17: 名前:名無しさん投稿日:2017/12/28(木) 11:18 [PC]
>>1-1000

18: 名前:名無しさん投稿日:2018/01/05(金) 18:19 [PC]
早く書いて

19: 名前:名無しさん投稿日:2018/01/10(水) 17:44 [PC]
更新楽しみに待ってます

20: 名前:名無しさん投稿日:2018/02/01(木) 01:15 [PC]
まだすか?

21: 名前:名無しさん投稿日:2018/03/11(日) 13:04 [PC]
楽しみにしてたのになぁ

sage:   
  名前: メール:
  本文:
FILE:
(tga,png,bmp,ico,pcx,xpm,gif,png,,pgm,
jpg,xpm,eps,ani,jpe,psd,dcm,cgm,tiff,pic,
3gp,asx,flv,mp4,qt,avi,m,rm,mpv2,viv,
wmv,mov,3g2,swfファイル対応)(文字数とあわせて最大100000KBまで)

妄想/願望トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示




Copyright (C) 2013 カオスファイル All Rights Reserved.