KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 先生/看護師  ■ Headline ■ HOME    

先生/看護師トップへ ▼カッ飛び最後 


  アラフォー看護士長の妻と後輩看護士 続1

01: 名前:名無しさん投稿日:2017/05/24(水) 23:16
リビングのソファーに倒れこんだ妻を見ていると、直ぐに吉澤くんが
「お邪魔します。士長さん、大丈夫ですか?」
とリビングに入ってきました。僕は
「まあ、大丈夫だろう。少し楽な格好で休ませておこう。」
と言い、ソファーにもたれ掛かったまま眠る妻のブラウスのボタンを2つ程 外し、胸の谷間が見える程度に開きました。そして
「吉澤くん、まあ、立ちっぱなしもなんだから、ソファーに座りなよ。俺は、ビールとつまみを準備してくるから。」
と妻の右側に座って待っているように言いました。
「ありがとうございます。お言葉に甘えて、ご馳走になります。」
吉澤くんがそう言い、妻の横に座るのを確認し、僕はキッチンへ向かいました。
何故、吉澤くんを妻の右側に座らせたかと言うと、妻の顔が左側を向いていたからです。僕は吉澤くんが妻の胸元を見ると確信していました。しかし、妻の顔が自分の方を向いていると、いつ目を開けるか気がきじゃないと思ったからです。リビングでは、テレビがついている訳でもなく、何の音もしません。僕の足音と妻の動きだけ注意すれば、職場の上司の胸元が見放題なわけです。
5分程して、僕はリビング
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

先生/看護師トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.