KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 友人/知人/身内  ■ Headline ■ HOME    

友人/知人/身内トップへ ▼カッ飛び最後 


  伯母ちゃんのパンツ

01: 名前:名無しさん投稿日:2019/07/21(日) 08:44
僕が小学校3年の冬、金子照世がうちに引越して来た。
金子照世は僕の伯母で、谷中に住んでいたけど性格の不一致が原因で離婚してきたのだ。
伯母ちゃんは僕の部屋を使うことになった。

僕は祖父と祖母に育てられた。
僕の父親は外国で仕事をしていて年に1〜2度しか帰って来なかった。
母親は僕が1歳の時から行方不明になっている。
事情を知っている伯母ちゃんは
「ボクも寂しいよね、おばちゃんもよ、一緒にここで寝ようよ〜」
と言って僕を抱きしめようとするのでイヤイヤをして伯母ちゃんから離れた。
「あら、ボクおばちゃんのこと嫌い?」
僕は「ううん」嫌いじゃないと首を横に振った。
伯母に興味があったが、何だか心がざわついて素直になれなかったのだ。

僕は伯母ちゃんのひょうきんなところが好きだった。
伯母ちゃんが持ってきた荷物を出している時、デカいブラジャーとパンツが出てきた。
「これ帽子みたいだね」と言うと
伯母ちゃんがふざけてブラジャーを僕の頭に被せた。
皆が笑ったので、調子に乗ってパンツも穿いてみたら首の方まできた。
ゴムのところがゆるいので衿に挟んで、のっしのっ
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

友人/知人/身内トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.