KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : お気に入り/殿堂  ■ Headline ■ HOME    

お気に入り/殿堂トップへ ▼カッ飛び最後 


  わたし・・・。(5)

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/04/13(日) 20:55
デブに調教され初めて2週間くらい・・・それなりに口でできるようになっ
たと思います・・。(のどは全くダメで・・。)すると今度はお尻の穴
を・・。
いつも通り裸に首輪・・そして・・挨拶・・そして・・・
お風呂場につれて行かれると四つん這いにさせられて・・浣腸を・・・
「まずは、これからだ!ケツこっち向けろ!」パシッ!
デブにお尻をぶたれながら・・お尻を向けるの・・
あ・・今日もこのデブに汚されるんだ・・今日はなにをされるんだろ
う・・?みたいな感じです。
お尻の中に冷たい感じがじわーって・・・・。1つ・・2つ・・浣腸が・・
5つも入ると当然のように催してきて・・・。でもデブに指でお尻の穴をふ
さがれて・・。
「まだ出すんじゃねぇ・・今出すと薬だけ出るだろうがっ!我慢ってのをし
らねぇのかっ!」バシッ!バシッ!また叩かれます・・・何度も・・・
こんな格好でお尻に浣腸入れてお尻の穴に指まで入れられて叩かれるなん
て・・・。
今のわたしの格好が、お風呂場の鏡にちょこっとだけ写るの・・それ見
て・・・また・・私も変な気になっていきます・・・。
「出したいか?出したいならお願いしろっ!」
もう・・かなりお腹がはってきてて・・・変な感じなの・・体が・・
「は・・はい・・出したいです・・出させてくださいっっ!」
バシッ!
「違うだろ!?・・・こないだ教えたとおり言え!!」
「あ・・申し訳ありません・・・変態メス豚マゾ奴隷あずさの脱糞ショー
を・・見てください・・・」
こんな感じで・・5回くらい、お腹の中をきれいにして・・そして・・
わたしをイスに反対向きに座らせて(背もたれに頭を乗せて、そのまま四つ
ん這いみたいにお尻をつきだした格好)そのまま縛るんです。
2週間もあれこれとされてくると、縛られるだけでドキドキするんで
す・・。
「おまえ確か、チャットで『わたしはアナルマゾ奴隷』とかって叫んでた
な!2週間もほっといて悪かったな!このど変態がっ!」
いきなりでした、指をお尻の穴に一本・・・。
「あ・・いい・・・」
今までお尻の穴に自分以外でされたことなんて無かった・・・。
デブが指を出し入れするその指の関節が、肛門のお肉を刺激するの・・・
すごく気持ちいい・・・こんなの初めて・・。
関節の出し入れがわかるの・・。
「ああ・・・あ・・はああっ・・・」
「おまえ縛られてケツの穴いじられて感じてんだぞっ!恥ずかしくないのか
っ!?」
パシッ!
「あ・・あずさは・・変態アナルマゾ奴隷ですっっ!感じてます!気持ちい
いですっっ」
ほんとに・・もっとお尻をぶたれながら、お尻の穴をいじられながら、馬鹿
にされ続けられたい・・このままもっと・・・。
用意されたアナルバイブ・・5種類くらいありました・・、真珠みたいなや
つはわたしも持っていて・・チャットでよく使ってました。
順番に・・・お尻に・・・。
「ああ・・・いい・・・」
「チャットでどれくらい調教された?指は何本入れたんだ?ああ?」
「あ・・自分の・・指・・3本・・・」
「じゃぁ・・俺の指でも入るなっ!」
「う゛ぁ・・・い・・あ・・・」ちょっと痛いんです・・
デブの指、太さが私の1.5倍くらいあるんです・・・そんなのが・・いき
なり・・
「ほら・・入ったぞっ!でもこれじゃつまんねぇ・・・」
デブの指が、わたしのお尻の中でグネグネと・・。ちょっと痛い・・そんな
感じが気持ちいいの・・。そして・・かき回すように・・わたしのお尻の肉
を内側の周りをかき回すような・・
「あ・・いや・・・痛い・・です・・ああ・・」
「しっかり感じてんじゃねぇかっ!ほら・・どうした?ほらほら・・・」
お尻の内壁を掻くように刺激されて・・元々チャットでお尻が気持ちよくな
ってるの
だから・・・それに久々のお尻で・・・・。さっきからの刺激もあっ
て・・。
「やぁっ・・・やぁ・・ああっっ!!!」
クリをそのままつままれ・・ギューっと握るように刺激された瞬間でし
た・・・。
「あ?おまえ・・もしかしていったのか??」
ものすごい屈辱感と・・恥ずかしさと・・心地よさが・・・
お尻の穴とクリだけでいかされた瞬間でした・・・。
「答えろよっ!いったのか?」
「・・・・」恥ずかしくて・・答えられるわけ無いじゃないですかっっ・・
さすがにすごく恥ずかしくて・・うつむいて・・答えることができなかった
の・・。
「そうか・・逆らうのか・・・お仕置きだな」
デブが取り出したのは・・・あそこを広げるクスコという器具でした
お尻に入れて・・お尻を広げて・・
「知ってるか?お尻の穴って敏感なんだぞっ!おまえみたいにド変態になる
と、おまんこよりも感じるらしいけどな・・おっと今身をもって体験した
か?クックック・・丸見えだ!」
やぁ・・・これ・・すごく恥ずかしいの・・・お尻の穴の中なんて・・・。
「あっ・・・痛・・・」
「そのうち慣れるっ!それに別におまえのケツの穴が壊れてもいいんだよ
っ!豚がっ!」
いちいち豚とかつけられると・・よけいに・・・変な気持ちに・・。
今度は筆を取り出すとお尻の穴の中のを肉壁に沿ってなぞるんです・・
ゾゾゾ。。ってくる快感が・・。でも・・こんなこといきなりされて・・お
尻だし・・
気持ちよくなってる自分がすごく恥ずかしいの・・・。
「どうだ?クックック・・キタネェおまんこからおつゆたれてるぜっ!」
「ああ・・・やぁ・・・だめ・・お願いっ変になるっっ!やめてっ・・やめ
てくださいっっ!」
「俺に逆らった罰だよ・・もっといいものがあるんだよっ!」
取り出したのが・・・トロロ・・・まさかっっ
さすがにゾッとしました・・皮膚についただけでもかゆいのに・・
「おらっ!ケツあげろっ」
「やだっ許してっっお願いっっ!・・もう逆らいませんっっ!お願いします
っ!さっきはいきました・・。お尻のあなだけでいきましたっっ・・お尻の
穴とクリだけでいったいやらしいメス豚です・・お許しくださいっっ」
「そうか・・やっぱりいったのか・・」
許してもらえる・・そう思ってほっとした瞬間でした
「勝手にいったお仕置きが必要だな!」
「やぁ・・・いやっっ・・・やぁ・・」
お尻にトロロが・・・
「やぁ・・ひどいっ・・・やめ・・・あああ・・・」
おしりに入れられてすぐでした・・・むずむず感が・・
「ひどいっ・・ひどいっ・・かゆい・・やだっっ・・」
そのままお尻に栓をされて・・・。
「しばらくそうして反省しろっっ!ついでに、クリとケツでいったから、ク
リにも付けといてやるっっ!」
クリにも・・箸を使って・・・
「う゛ぁぁ・・・・や・・・あ・・・」
どれくらいか・・・すごいムズムズ感・・。
「あ・・やぁ・・・よしき様っ!お願いです・・・だめ・・・許してっ」
デブの姿を見た瞬間・・私は・・自分から・・
「よしき様・・お願いですっっ・・助けてくださいっっ・・・お願いっ・・
許してっっ・・だめ・・変になりそうっ・・・。」
「おまえ十分変だよ!もっとそうしてろっ・・・そうだな・・クリぐらいは
助けてやる」
そう言うと・・クリを・・・
「ああ・・ああ・・だめ・・・お願い・・・お願いっっ・・・」
へんなの・・変な気分としかいえないの・・。
「ちゃんと言え!XXで・・XXで・・・XXだってな!」
「変態メス豚マゾ奴隷あずさは・・メス豚の存在でありながらよしき様にさ
からって申し訳ありません・・今後一切・・・だめ・・ゆるしてっっ!助け
て!・・お尻の穴に何かつっこんでかき回してっっ・・やだ・・こんなのや
ぁっっ!」
「しょうがねぇ豚だな・・・はしたない」
言うと・・栓をはずして、ピンクローター3つをお尻に入れて・・・アナル
バイブで掻き回し始めました・・・
「あっっ」
一瞬でした・・・すごい・・もう電流が走ったと思うと・・・
でも・・・ムズムズ感が収まらずに・・また・・・。
何度も何度も・・デブがあきれるほどでした・・。
あそこに入れるような太いバイブを入れて・・根本でグルグル回る真珠が肛
門刺激してすごく気持ちいいのよ・・。たまらないの・・。
そして・・最後は浣腸で洗っていただきました・・。
栓のついたポンプで液をお尻に送る様なやつでした・・・。
お腹が張って・・破裂する様な感覚になって・・・一気にお尻から・・・。
栓を吹き飛ばして液が出てくんです・・そのときすごいすっきり感が・・
病みつきになると思います。
そして・・もうデブには逆らえなくなってしまいました・・。
のどでするフェラとトロロの浣腸がデブとの調教でお仕置き的な役割でし
た・・。
これをされると思うと・・されないように何でも言うこと聞かなくちゃいけ
ないような・・そんな感じになってしまいました・・。

sage:   
  名前: メール:
  本文:

お気に入り/殿堂トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.