KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : エッチ体験談  ■ Headline ■ HOME    

エッチ体験談トップへ ▼カッ飛び最後 


  夏休みの女

01: 名前:名無しさん投稿日:2019/08/26(月) 20:51 [PC]
夏休みも終わりに近づいた今日この頃。
 今年の夏は何もなかったな。ぼんやりと考えていました。 
 女性の三角地帯で、股の角度が30度の時、左右の足先の開いた距離は何センチになるのかな。
 ブルブルブルと首を横に振りました。
 「いかんなあ。またこんな妄想ばかりですよ」
 来年は受験というのに、高3の大事な夏を無為に過ごそうとしていました。
 そして、確実に終了に向かっていた今日、近所に昔からいて、いろいろとお世話になっている恭子さんが、
 「えむおくん、寮に帰るんでしょ。車に乗せていってあげるわ」
といってくれたんです。
 両親がいるところでのことだったので、
 「そうしてくれる。助かるわ」
 母が言うと
 「はい、助かります。よろしくお願いします」
 と少し過度なリアクションをしてしまいました。
 それというのも、先日花火大会の人ごみのなかで、ゆかた姿の恭子さんを見かけたんです。
 年齢は10以上離れていたのですが、とても落ち着いたたたずまいと清楚な雰囲気に、実は危うく告白してしまいそうになっていたのです。
 
 「えむおくんは彼女いるの」
 「あ
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

エッチ体験談トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.