KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : エッチ体験談  ■ Headline ■ HOME    

エッチ体験談トップへ ▼カッ飛び最後 


  彼女が…

01: 名前:名無しさん投稿日:2019/05/20(月) 00:00 [PC]
あれは息苦しいほどのむし暑い夜の事でした…
海に遊びに来てた俺らは、周りの人達がいなくなるまで遊び続けていたみたいで、気付いた時にはもう海の家も閉まり、係員もいない状況でした…すごく静かな感じだったと思います。
帰りじたくをするため、俺が荷物をまとめている間に、彼女には水着のままシャワーを浴びて来るように言いました…
夕暮れ、人気もなく…
シャワーを浴びた彼女はそのままシャツを来て、車に戻りました。
しめったシャツから透ける白い水着をみた俺は、そのまま車の中で一回やろうとしたのです…間違いでした。周りは暗く良いかなと思いましたが案の定拒否。仕方なく車をだし海岸を抜ける林のなか、狭い一本道、目の前に一台のバンが止まっていて動けませんでした。クラクションを鳴らすと、外国人らしき人が降りてきました…話を聞くと前輪がパンクしたとか。手伝をうと、車を降り、バンの前方へ…しゃがみこみタイヤを見るとパンクの形跡がなし…振り返ると急に数人の人にボコボコにされました。彼女だけはと思い車をみるとすでに車内にも数人の人がいたと思います。
俺が気が付いた時は、寂れたラブホテルみたいな所で俺は裸にさ
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

エッチ体験談トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.