KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 純情/清楚/恋愛  ■ Headline ■ HOME    

純情/清楚/恋愛トップへ ▼カッ飛び最後 


  別れるのは嫌だと彼女がヘルスで働きだした

01: 名前:名無しさん投稿日:2018/02/17(土) 22:01
彼女と知合ったのは飲み屋(パブ)に勤めている時でした。
俺はかなりの借金苦でした。彼女が「稼ぎを全部上げるから。」と付き合いが始まりました。
それでも、全然足りず、2人とも丸3日何も食べない日がザラにありました。
ある日、彼女に別れを告げました。すると彼女は、
「もっと、稼ぐから別れるのは嫌だ!」
と言いました。
次の日から彼女はヘルスで働きだしました。
2ヶ月後には彼女はその店でNO,1になりました。
少し2人の生活が楽になりました。それでも、まだ足りず、袋のインスタントラーメンをのびるまで待って食べてました。
半年ほど、そんな生活を続けた後に彼女がポツリと言いました。
「借金がなくなったら、絶対、私と結婚してくれる?」
「うん、するよ。」
と答えると彼女は笑顔で自分のサインをした婚姻届を手渡し、「今日、ソープの面接に行って来た・・・。」と言いました。
彼女はソープ嬢でもNO,1になり、瞬く間に借金は減っていきました。
広いマンションに移り、2人の生活もドンドン派手になりました。
そんなある日、彼女が店で倒れたと連絡があり、病院に行った時、医者に
「入
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

純情/清楚/恋愛トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.