KoMaDo   LaZoo@カオスファイル : 純情/清楚/恋愛  ■ Headline ■ HOME    

純情/清楚/恋愛トップへ ▼カッ飛び最後 


  ケンカした彼女を半ば無理やり

01: 名前:名無しさん投稿日:2014/06/01(日) 15:24
彼女:k。当時20歳。エンクミに似ている。ツンデレ。
   胸はBくらいか。


詳しくは略すけど、私と彼女の関係がうまくいかなくて、彼女が「少し距離おこっか…?」と話してきたことがあった。
正直俺は離れたくなかったんだけど、彼女の意志は固く、やむなく・・・。

2週間ほどたったころ、彼女から連絡が。
どうやら距離置こうと話す前に、注文した本が彼女の家に届いたらしい。
俺が休みの日にとりに行くことに。

彼女のアパートに着くと、玄関のドアの取っ手にビニールが引っ掛けてあり、その中に本が入ってた。
それじゃあんまりでは…と思い、チャイムを鳴らす。
ちなみに俺の家から彼女の家まで2時間くらいかかる距離だった。


しばらくした後、ドアが少しだけ開けられる。
上は灰色のパーカー、下は黒のジャージという姿の彼女が、隙間からこちらを見ている。

彼女「…なに?」
俺「いや、せっかくきたんだし、少し入れてくれない?」
彼女「ええ…。やめようよ、距離おくって決めたじゃない…。」
俺「いいから、少し休ませてよ。」
彼女「…。」

少し強引かと思ったが、
<省略されました> [全文を見る]

02: 名前:BClulsigo投稿日:2015/01/25(日) 10:59

Ну, узнаю, что тут делал Дронт. Идя под невидимостью по улицам города я наблюдал за беспечными прохожими ощущая себя вершителем их судьбы. Все мы хотим жить лучше и используем выпадающие нам шансы. Получив добро, настроил передатчик на дневную контрольную волну, передал позывные. Торговали здесь сборами трав, целебными и не очень.

Вот на это обстоятельство не обращают внимания дилетанты и даже некоторые профессиональные повара невысокой квалификации с образованием не выше кулинарного техникума. Но в комнате для завтраков не было ни ч
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール:
  本文:

純情/清楚/恋愛トップへ ▲カッ飛び先頭 


Copyright (C) カオスファイル All Rights Reserved.